2009年7月18日 (土)

バッカス&ドルンフェルダーのワインを飲み比べよう会

私のワイン仲間、よしさんが主宰している「みんなでわいわいワイン会」に参加してきました。今回のテーマはタイトル通り、道内で広く栽培されているバッカスと、月浦の成功によって注目されているドルンフェルダーをブラインドで飲み比べてみよう!というものです。しかもワイナリーは道内のみならず、本州と、本場ドイツのものまであります。道産以外はもちろん私は初めて口にします。各自10点満点で採点もしました。

会場はワイン会でいつもお世話になっている「コム・シェ モア」です。
参加人数は12名。用意されたワインは14本!
Photo





・バッカス
山崎ワイナリー 2008(北海道三笠市)
宝水ワイナリー リッカ 2006(北海道岩見沢市)
聖アンドレアス 2007(ドイツナーエ)
余市ワイン N.V(北海道余市町)
北海道ワイン 鶴沼 2006(北海道小樽市)
フェルミエ 2008(新潟県新潟市)
はこだてわいん N.V(北海道七飯町)
ふらのワイン 2008(北海道富良野市)

・ドルンフェルダー
井筒ワイン 2007(長野県塩尻市)
月浦ワイン 2007(北海道洞爺湖町)
はこだてわいん 2007(北海道七飯町)
聖アンドレアス 2007(ドイツラインヘッセン)
月浦ワイン 2005(北海道洞爺湖町)

最後にデザートワインとしてドイツのドルンフェルダーのアイスワインもいただきました。

では、道産のみですが、私のコメントと点数です。

*点数はあくまでも私の主観による「私の大好き度」です。そのワインの善し悪しの点数ではありません。

続きを読む "バッカス&ドルンフェルダーのワインを飲み比べよう会"

| | コメント (2)

2009年7月11日 (土)

月浦 ミュラー・トュルガウ 2006(500ml)

お知り合いからのいただき物です。月浦ワインのミュラー・トュルガウです。こちらのワイン、美味しいんですが、ちょっとお値段がお高いのでなかなか自分では買えません。こういういただき物はとても嬉しいです。月浦ワインは今や北海道を代表する有名ワイナリーとなりました。一度見たら忘れないラベルのデザインもインパクトがあります。道内で広く栽培されているミュラーですが、月浦ミュラーの特長は豊かなボディ。約1年ぶりの再開、楽しみました。
06









続きを読む "月浦 ミュラー・トュルガウ 2006(500ml)"

| | コメント (0)

2007年2月18日 (日)

月浦ワイン ドルンフェルダー 2001

こちらも月浦ワイン醸造所で購入した1本です。やはりミュラー同様このドルンも2005は濃い印象です。2001はここでしか買えません。ドルンフェルダーはドイツで造られた比較的新しい品種で、国内でワインとして造られているのはこの月浦だけです。赤用の品種をいくつか試してみたところ、このドルンが一番良く成長したそうです。まさに月浦にあった品種ということが言えると思います。さて熟成の進んだ2001はどんな味わいでしょう?
01









続きを読む "月浦ワイン ドルンフェルダー 2001"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月浦ワイン ミュラー・トゥルガウ 2002

月浦ワイン醸造所で購入した1本です。販売されている中で一番古い物を選びました。2005の味わいは一言で言うと濃い!道産ミュラーではおそらく一番の濃さでしょう。この火山灰土壌のミュラーがはたして何年もつのか確かめてみました。ラベルのデザインもユニークです。
02









続きを読む "月浦ワイン ミュラー・トゥルガウ 2002"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

月浦ワイン ミュラー・トゥルガウ 2005

月浦は洞爺湖を一望できる洞爺湖町にあります。洞爺湖と聞いて知らない道民はいませんが月浦という地名は馴染みがありません。ですので月浦ワインと聞いても誰も”洞爺湖のワイン”だとは思いません。現に今回の部会のメンバーでこのワインを知っていたのは私と副部長だけでした。
製造免許を取得したのが2000年ですので、まだ歴史は浅く、規模も小さいワイナリーですので道内でもワインを入手するのは難しく、認知度は低いです。が、ここも年を重ねる毎に評価も上がっています。これからも目が離せないワイナリーです。
05_7








続きを読む "月浦ワイン ミュラー・トゥルガウ 2005"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

月浦ワイン ドルンフェルダー 2005

洞爺湖を一望する洞爺湖町月浦。そこにある小規模ワイナリー”月浦ワイン”で造られる赤ワインです。月浦ワインとの最初の出会いは今年3月の”道産ワインの夕べ”というイベントに参加し、ミュラー・トゥルガウを初めて口にした時です。それまでは月浦という名前すら知りませんでしたが、そのしっかりとした味わいに驚きました。
ただ、値段が少々高いのと、手に入りにくいということもあり、それ以後再び口にすることはありませんでした。
このドルンフェルダーはドイツの赤ワイン用品種で、北海道では月浦でのみ栽培されています。色々植えてみたそうですが、月浦で一番よく成長したのがこの品種だったそうです。
ツヴァイでもない、清見・山幸・清舞でもない、北海道の赤ワインの可能性を知りたくて今回飲んでみました。

05_3







続きを読む "月浦ワイン ドルンフェルダー 2005"

| | コメント (1) | トラックバック (0)