2010年2月21日 (日)

di Lenardo FATHER'S EYES 2008

時々「樽熟成のシャルドネが飲みたいなぁ」と思うときがあります。こうなると、イタリアと道産ワインしか飲まない私には結構つらいものがあります。なぜなら、安い樽シャルが極めて少ない!シャルドネはイタリア全土で栽培されており、ステンレス仕立てのものはいくらでも安くて美味しいのはあるのですが、樽となるとなかなか見あたりません。代表的なのはピエモンテのランゲ・シャルドネですが、そこは名醸地ピエモンテですから、そう気軽に飲めるようなお安いものはありません。スーパーに行けばここはやはりフランスとチリの独壇場です。
そんな状況にあって、私を救ってくれるワインがこれです。ディ・レナルドというワイナリーのファーザーズ・アイズというワインです。ワイン名は英語ですが、カリフォルニアワインではありません。れっきとしたイタリアワインです。
Fathers_eye08

続きを読む "di Lenardo FATHER'S EYES 2008"

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

Teresa Raiz Le Marsure Sauvignon 2007

GW帰省の最後に開けたワインです。春の北海道はアスパラや山菜が美味しい時期です。となると、私は無性にソーヴィニヨン・ブランが飲みたくなります。安くて美味しいフレッシュなソーヴィニヨンとなれば、これの右に出るワインはないでしょう。何度となく飲んでいるテレザ・ライツです。このレ・マルスーレ・シリーズはとにかくそのコストパフォーマンスが高い!白はこのソーヴィニヨン・ブランと、リボッラジャッラ、ピノ・グリージョといった、フリウリで広く栽培されている3種類があります。「きっと山菜が出るだろうなぁ」と予測し、リボッラジャッラと迷ったのですが、久しぶりだったのでこのソーヴィニヨンを選びました。
が、今回の食卓には山菜はあがらず。普段あわせない魚介といただきました。
Teresaraiz_sauvignon07_2





続きを読む "Teresa Raiz Le Marsure Sauvignon 2007"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

TERESA RAIZ RIBOLLA GIALLA 2007

フリウリでコストパフォーマンスの高いワインを造り続けるワイナリー、テレザ・ライツのリボッラ・ジャッラです。このリボッラ・ジャッラというブドウはフリウリの土着品種で作付け面積は少ないそうですが、グラヴナーやラディゴンなどの有名ワイナリーがこの品種に力を入れており、近年注目されています。今回は恵庭にある私の大好きな「ピッツェリア エ トラットリア チェルボ」でいただきました。
Teresaraiz_ribolla07







続きを読む "TERESA RAIZ RIBOLLA GIALLA 2007"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

ZUANI vigne 2005

私の大好きな札幌のリストランテ、カプリカプリでいただいたワインです。ツアーニというワイナリーのヴィーニェという白ワインです。このワイナリーはワイナート9月号でも紹介されています。面白いのは単一品種のワインが多いフリウリにあって、あえてブレンドしか造っていないところ。その哲学を味わってみたくて飲んでみました。
Zuani_vigne05







続きを読む "ZUANI vigne 2005"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

Teresa Raiz LE MARSURE PINO GRIGIO 2006

イタリアで美味しい白ワインを造り出すフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州。ここでお気に入りのワイナリーがテレザ・ライツです。とにかく安くて美味しい!ここ最近ピノ・グリージョはちょっと残念だったので、久しぶりに飲んでみたくて開けました。ピノ・グリージョは果皮が灰色をしており、白ワインですが、ピノ・ノワール的な要素も持っており、タンニンもほんのり感じるそうです。ですが、素人の私には全くわかりません。今回はブドウの味をしっかり確かめるため、常温で飲んでみました。
Teresa_raiz_pinot_grigio06









続きを読む "Teresa Raiz LE MARSURE PINO GRIGIO 2006"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

TERESA RAIZ LE MARSURE REFOSCO DAL PEDUNCOLO ROSSO 2004

昨夜はしっかりした赤ワインの飲んだので、今日は軽めの赤にしてみました。テレザ・ライツが造り出すハイコスト・パフォーマンスのレ・マルスーレというシリーズの赤ワインです。レフォスコ・ダル・ペドゥンコーロ・ロッソという長い名前のワインで略してレフォスコと呼びます。このレフォスコはブドウの品種名なのですが、今回私は初めて口にします。このブドウはギリシャから伝わったそうで、イタリアではフリウリにしかありません。歴史のあるこのブドウ、その味わいを確かめてみました。
Teresa_raiz_refosco04










続きを読む "TERESA RAIZ LE MARSURE REFOSCO DAL PEDUNCOLO ROSSO 2004"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

LIVON MULLER THURGAU 2005

またまたお店ワインです。どーしてもイタリア料理の魚が食べたくて食べたくて、その衝動を抑えられず、副部長をお誘いして行ってきました。私の大好きなイタリア料理店CCです。CC?すみません、本当の店名ではありません。そこはヒミツでお願いします。人気店ですので、これ以上有名になって「予約がとれないお店」になると困るので…。
さて、今回のお目当ては魚ですから、選ぶワインももちろん白。副部長が迷った末にたどり着いた1本です。しかも我々には馴染み深いミュラー。決してお安くはないですがイタリアのミュラーはなかなか手に入らないので奮発して今回試してみました。

Livon_muller










続きを読む "LIVON MULLER THURGAU 2005"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月30日 (月)

Teresa Raiz Ribolla Gialla 2005

フリウリでお気に入りにワイナリー、テレザ・ライツ。今回はリボッラ・ジャッラという土着ブドウで造られた白ワインです。このブドウのワインは初めて口にします。イタリアは色んなブドウがありますねぇ。モトックスのホームページでは”和食に合うワイン”として紹介されています。ということは料理の邪魔をしない、控えめな味わいなのでしょうか。

Teresa_raiz_ribolla_gialla05









続きを読む "Teresa Raiz Ribolla Gialla 2005"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

Teresa Raiz Le Marsure Pinot Grigio 2005

フリウリでハイ・コストパフォーマンスワインを造り出すテレザ・ライツのピノ・グリージョです。ソーヴィニヨン・ブランに次いで2本目です。ピノ・グリージョは、あの超高級ワインロマネ・コンティを造り出すピノ・ノワールというブドウの突然変異です。果皮がグレーがかっているので「グレー色のピノ」ということで、フランスではピノ・グリ、イタリアではピノ・グリージョと呼ばれています。この品種はフリウリを代表する白ワイン用品種となっています。
05teresa_raiz_pinogrigio









続きを読む "Teresa Raiz Le Marsure Pinot Grigio 2005"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

Teresa Raiz Le Marsure Sauvignon 2005

イタリアの白ワイン天国、フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州。その中でもテレザ・ライツは優良なワイナリーの一つです。栽培しているブドウはソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・グリージョ、リボッラ・ジャッラなどがあります。
今回はソーヴィニヨン・ブランから造れるセカンドラインのレ・マルスーレ・ソーヴィニヨンです。はやしや商店店長のオススメで飲んでみました。久しぶりのイタリア白です。
05teresa_raiz_sauvignon










続きを読む "Teresa Raiz Le Marsure Sauvignon 2005"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧