« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月15日 (月)

Monchiero Carbone PELISA BARBERA D'ALBA 2008

モンキエロ・カルボーネのバルベーラ・ダルバです。ペリーザという名前です。久しぶりです。ピエモンテのデイリー赤ワインと言えば、やっぱりバルベーラ。我が家でも大活躍です。厚すぎない果実味にしっかりとした酸。道産ワインにも相通ずるところがあります。
バルベーラは広くピエモンテで栽培されており、バルベーラ・ダスティDOCG、バルベーラ・ダルバDOC、バルベーラ・デル・モンフェッラートDOCがあります。その味の違いはまだイマイチわからないのですが…。まぁ、あまり難しいこと考えず楽しみました。
Pelisa08

続きを読む "Monchiero Carbone PELISA BARBERA D'ALBA 2008"

| | コメント (0)

2010年11月 7日 (日)

Cantina Bolzano St. Maddalena PINOT BIANCO 2009

また北のワインに戻りました。アルト・アディジェにある協同組合形式のワイナリー、カンティーナ・ボルツァーノのピノ・ビアンコです。アルト・アディジェはドイツ語も公用語のため、ラベルにはイタリア語と一緒に併記されています。ピノ・ビアンコはドイツ語でヴァイスブルグンダー。道産ワイン好きな方には馴染みのある名前ですね。そう、鶴沼でも栽培されています。道内では鶴沼だけですが、アルト・アディジェの州都ボルツァーノの周辺ではこのピノ・ビアンコが最も多く栽培されているそうです。そしてそのワインは日常的な、いわゆる現地のデイリーワインとして愛されてるとのこと。私は先月試飲し、サリュでグラスで飲み、その美味しさはすでに確認済み。その時に感じたのが「あっ、これ和食にあいそう」でした。ということで、今回は寿司にあわせてみました。
Borzano_pinobianco09

続きを読む "Cantina Bolzano St. Maddalena PINOT BIANCO 2009"

| | コメント (8)

2010年11月 3日 (水)

Feudoo Arancio CABERNET SAUVIGNON 2008

北のワインが続いたので、久しぶりに南のワインを飲みたくなり、シチリアにしてみました。安旨で評判の高いフェウド・アランチョ社です。ここは赤はネロ・ダヴォラ、シラー、白はインツォリア、グリッロがありますが、最近新たにカベルネ・ソーヴィニヨンとシャルドネの国際品種が加わりました。今回は普段あまり口にしないカベルネ・ソーヴィニヨンを勉強のため飲んでみました。
Arancio_cabernet09

続きを読む "Feudoo Arancio CABERNET SAUVIGNON 2008"

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »