« グランポレール 北海道ツヴァイゲルト・レーベ 2009 | トップページ | Cantina Bolzano St. Maddalena PINOT BIANCO 2009 »

2010年11月 3日 (水)

Feudoo Arancio CABERNET SAUVIGNON 2008

北のワインが続いたので、久しぶりに南のワインを飲みたくなり、シチリアにしてみました。安旨で評判の高いフェウド・アランチョ社です。ここは赤はネロ・ダヴォラ、シラー、白はインツォリア、グリッロがありますが、最近新たにカベルネ・ソーヴィニヨンとシャルドネの国際品種が加わりました。今回は普段あまり口にしないカベルネ・ソーヴィニヨンを勉強のため飲んでみました。
Arancio_cabernet09

産地:イタリア シチリア州 サンブーカ・ディ・シチーリア

原産地呼称:シチリア IGT

輸入元:モトックス

ブドウ:カベルネ・ソーヴィニヨン

色:中心部が黒く、グラスの底がかすかに透けるルビー

香り:カシス、ブルーベリー、スパイス、ミント

味:口に含むと、カベルネらしい歯磨き粉が香ります。ピーマン香はしません。凝縮されたジャムのような甘味を強く感じ、その後薄い苦味と石灰のようなミネラルが続きます。酸はさほど強くはなく私には弱め。タンニンはざらつくことなく、非常にマイルドで飲みやすいです。余韻は短め。ほんのり最後に樽のローストがわずかに香ります。テーブルワインとしては悪くないですが、私にはちょっと甘味が濃すぎる印象です。

値段:1200円(希望小売価格)

普段飲まない品種なので、”シチリアのカベ・ソー”の特徴はよくわかりません。しかし、カベルネってこんなに甘いんですね。これがシチリアの特徴??甘さはファルネーゼのモンテプルチアーノに似てます。
樽はほんのわずかに香った程度だったので、「大樽?」と思ったのですが、ステンレス50、バリック50%でした。この違いは私にはわかりません。
個人的にはこの蔵の赤はネロ・ダヴォラがオススメです。
次はシャルドネを試してみます。

|

« グランポレール 北海道ツヴァイゲルト・レーベ 2009 | トップページ | Cantina Bolzano St. Maddalena PINOT BIANCO 2009 »

イタリア(シチリア)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。