« 風のルージュ 2008 | トップページ | おたる 初しぼり デラウェア辛口 2010 »

2010年10月24日 (日)

おたる 遅摘み紅塩谷 2007

某スーパーが「満月にロゼワイン」というキャンペーンを展開し、ツイッター上も話題になったため、私も便乗し、昨夜飲みました。私が選んだロゼはこれです。北海道ワイン社の紅塩谷です。余市町との境にある小樽市塩谷地区で発見されたブドウで、北海道ワイン社では紅塩谷と名付けましたが、一般的には生食用ブドウとして旅路という名前が付いています。ブライトンの亜種と考えられており、塩谷から余市町でしか栽培されていません。生産量が少なく2006はリリースされていません。また。塩谷地区の栽培農家さんが近年廃業されたため、塩谷での紅塩谷はもうほとんどないそうです。その貴重な道産ブドウ、どうかなくならないようにと願いを込めて飲みました。
07

産地:北海道余市町

ブドウ:紅塩谷(旅路)

色:薄い赤茶色が混じった朱色

香り:缶詰のチェリー、ハーブ

味:ブドウの甘味が口いっぱいに広がります。が、ベタつかずサラッとしてます。苦味をほのかに感じ、その後強めの酸が舌を刺激し、甘酸っぱくなります。若干熟成感があり、わずかにシェリーっぽさがあります。余韻は薄く苦味がそこそこ続きます。食前、食後にオススメです。

値段:1407円

甘口ですが、バランスが良く、フォクシー香もキャンベル等に比べると弱く、非常に飲みやすいです。果たして今後リリースされるのか心配です。道産甘口ロゼとしては私の中ではトップに位置します。
塩谷に住んでいる私の知り合いが、このワインのファンで、直接その栽培農家さんから買っていたそうです。出来たワインを毎年嬉しそうに渡してくれたとのこと。その農家さんと私は面識はありませんが、そうやって地元の人に愛されてきたブドウ、ワイン。どうか消えないで欲しい。

|

« 風のルージュ 2008 | トップページ | おたる 初しぼり デラウェア辛口 2010 »

北海道(北海道ワイン)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。