« 工場限定販売 富良野(赤) | トップページ | 奥尻ワイナリー ピノ・ノワール 2009 »

2010年8月11日 (水)

奥尻ワイナリー ツヴァイゲルトレーベ 2006

先日奥尻島へキャンプに行き、現地で入手し飲んだワインです。奥尻ワイナリーは地元のワイン好きな建設会社社長が造ったワイナリーで、以前初リリース前の段階で試飲させてもらったことがあります(その模様はこちら)。ワイナリーやワインの詳細はネットで調べても不明なため、検索結果からこのブログを覗かれる方も多いようです。第一印象は「しょっぱい」くらいの強いミネラル。とにかく塩気が強くて、ワインとしての完成度はまだまだなレベルでした。その後数回試飲していますが、ミネラルも落ち着きをみせ、バランスが整ってきています。
2009は不作な年で、収量が少ないため、奥尻島限定販売です(実際には札幌でも買えるようですが)。今回、ワイナリーの隣にあるホテル緑館の売店でこのツヴァイを見つけ(というか、ツヴァイしかなかったんです)飲んでみました。この06もリリース前に飲んでいますが、再発酵のため本来の味わいはわかりませんでした。果たしてどのような味になっているでしょう?
06

産地:北海道 奥尻町

ブドウ:ツヴァイゲルトレーベ

色:ワイングラスではなかったため不明

香り:樽、かすかにヤクルト

味:とにかく樽香が強いです。ブドウの甘味をしっかり感じ、その後薄い苦味が続き、中等度の酸味としょっぱさが続きます。余韻は薄く、短め。タンニンは細かくまろやかで、渋みは弱め。酒質が弱く、若干ジュースっぽさがあります。とにかく樽が強くて、まるでシングルモルトのよう。

値段:2800円

アルコールを10.5%と低めにしているのは何故なんだろう?ブドウのフレッシュ感を出したかったのなら、ここまで強い樽香は逆に邪魔。ステンレスの方がよかったのでは?というのが個人的な感想です。5年経過していますが、樽香が溶け込むにはまだまだ時間がかかりそうですが、そこまで保つほどのブドウのポテンシャルは残念ながら感じません。値段を考えると高いワインです。 ですが、現地の浜で潮風を受けながらバーベキューをするにはもってこいのワインです。

|

« 工場限定販売 富良野(赤) | トップページ | 奥尻ワイナリー ピノ・ノワール 2009 »

北海道(その他)」カテゴリの記事

コメント

めちゃ偶然ですね~
丁度、水木で奥尻行ってましたよぉ~
最初のテイスティング会、懐かしいですぅ☆

投稿: あ~ちゃん | 2010年8月14日 (土) 00時58分

あ~ちゃん様

私は火に帰ってきたので、大雨にあたらずラッキーでした。
今回は残念ながら畑は見れなかったのですが、確実に美味しくなってますね。

投稿: アマ | 2010年8月15日 (日) 08時35分

この記事へのコメントは終了しました。

« 工場限定販売 富良野(赤) | トップページ | 奥尻ワイナリー ピノ・ノワール 2009 »