« Monchiero Carbone REGRET LANGHE NABBIOLO 2007 | トップページ | 工場限定販売 富良野(赤) »

2010年7月27日 (火)

SARTALLERI Classico Verdicchio dei Castelli di Jesi 2009

夏はやっぱり白ワインの方が飲む量は多くなりますね。今年は、内陸のものより、海を感じるワインを欲します。そこで、今回はマルケ州を代表するヴェルデッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージです。このワインはそう多くのワイナリーのものを飲んでいる訳ではありませんが、このサルタレッリというワイナリーのものはコスパに優れ、単純に白ワインとしても美味しいです。土用の丑の前日に鰻とあわせてみました。
Sartarelli09

産地:イタリア マルケ州 ポッジョ・サン・マルチェッロ

原産地呼称:ヴェルデッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ DOC

輸入元:稲葉

ブドウ:ヴェルディッキオ 100%

色:黄色が強い黄緑色

香り:パイナップル、黄桃

味:以前飲んだ時の印象と同じ、抜栓直後は濃い果実味と苦味が前面に出ます。ここで一息。30分もすれば段々変化します。凝縮された果実味はそのまま、苦味がやや薄れ、でも全体的に混じり、最後の方で酸が全体を締めます。口に含んでも黄桃の香りが続きます。後半でほんのりタンニンを感じ、果皮が厚いのが想像できます。2日目では塩気のミネラルが強めに出てきて、果実味の強さも幾分和らぎ、美味しさが増します。フルーティーで酒質がしっかりとしていて、どことなく甘口の日本酒を思わせます。余韻も近いです。

値段:約1500円

これ、鰻の蒲焼き、白焼き両方ともあいました。蒲焼きはちょっと意外。日本酒っぽさが良かったようです。甘辛いタレの中から、しっかりと鰻の味わいを掘り起こしてくれます。以前飲んだ06は白麹の芋焼酎、今回は甘口の日本酒と、面白いです。繊細な白身魚の刺身だとワインが勝ってしまいそうですが、比較的味わいの濃い魚介なら好相性でしょう。これもオススメの安ウマワインです。

|

« Monchiero Carbone REGRET LANGHE NABBIOLO 2007 | トップページ | 工場限定販売 富良野(赤) »

イタリア(その他)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。