« GULFI Rossojbleo 2008 | トップページ | シェーヌ 赤 »

2010年7月24日 (土)

CORVO TERRAE DEI GRILLO 2008

おそらく日本で最も有名な安いシチリアワインといえばコルヴォ。日本語でカラスを意味するこのコルヴォ、一つのブランドになっていますが、生産者はドューカ・ディ・サルパルータ社という大手ワイナリーです。そのコルヴォの中で上級に位置するのかどうかわかりませんが、テッラ・デイという名前の付いた珍しいワインがあったので買ってみました。グリッロは品種の名前でマルサラの原料として使われています。
道東の実家に帰省した際に持参しました。今の時期、道東の旬の味かくといえば、北海シマエビ。あわせてみたのですが…、
Terrae_dei_grillo08

産地:イタリア シチリア州

原産地呼称:シチリア IGT

輸入元:モンテ物産

ブドウ:グリッロ

色:薄い黄色

香り:花、パイナップル。弱い

味:甘さはほんのり感じる程度で、かと言ってキリッとした酸があるわけでもなく。中盤でやや強めの苦味があり、果皮を思わせる渋みもかすかに感じます。ミネラルはさほど感じません。余韻も薄く短いです。美味しいのか、美味しくないのかよくわからない、これといった個性はない、普通の辛口の白ワインでした。

値段:約1500円

結局、北海シマエビとはあいませんでした。茹でた北海シマエビはミソも含め、カニの味わいに近いものがあります。普通の白だとちょっと臭みが出てしまいます。これはやっぱり鶴沼トロリンガーか、日本酒ですね。
網走産の生ウニにもあわせてみましたが、こちらは喧嘩せず、悪くなかったです。IGTですので、気軽に食事とあわせる白ワインとしては可もなく不可もなく、といったところです。

|

« GULFI Rossojbleo 2008 | トップページ | シェーヌ 赤 »

イタリア(シチリア)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。