« Tenuta Sant' Antonio Soave Fontana 2009 | トップページ | Feudoo Arancio SYRAH 2008 »

2010年6月20日 (日)

Paterna Chianti Colli Aretini 2007

実に久しぶりのイタリアワインです。我が家の狭い庭でBBQをすることになり、開けたワインです。何にしようかとても悩んだのですが、肉が牛のサガリ(ハラミ)だったので、サンジョヴェーゼにしました。暑い外なので、「軽く冷やして、気軽に飲めるサンジョヴェーゼ」となれば、やはりキャンティでしょう。
パテルナという名前のキャンティですが、キャンティと一言で言っても実は7つの地区(コッリ・フィオレンティーニ、ルフィナ、モンタルバーノ、コッリーネ・ピサーネ、コッリ・セネージ、コッリ・アレティーニ)に分かれます。今回のこのキャンティはコッリ・アレティーニです。水彩画チックなラベルに惹かれて買ってみました。
Paterna_chianti07

産地:イタリア トスカーナ州 テッラヌォーヴァ・ブラッチョリーニ

原産地呼称:キャンティ DOCG

輸入元:モトックス

ブドウ:サンジョヴェーゼ 85%、カナイオーロ+コロリーノ+チリエジョーロ 15%

色:グラスの底が見えるクリアなガーネット

香り:赤いベリー、花

味:チェリーのような薄い甘味のあと、苦味が続きます。結構この苦味が強調されてます。ミネラルも強めでやや灰っぽさを感じます。タンニンは強くなくほんのり渋みを感じる程度。酸は強すぎず弱すぎず、よいバランスを保ちます。余韻ではブドウの皮、木のニュアンスが長く続きます。多分ステンレスのみだと思うんですが、どことなく木の香りがします。軽いフルーティーなキャンティで、なかなか美味しいのですが、苦味の強さが私には減点対象です。

値段:2000円(希望小売価格)

このワイン、ビオロジックなんです。裏ラベルみて承知の上で購入しました。時々言いますが、私はワインを選ぶ時、自然派かどうか、は関係ありません。先にも書きましたが、これはジャケ買いです。香りや味わいからもビオかどうかは私にはわかりませんでした。普通のキャンティです。ただ、ちょっと値が高い。それがビオのせいなら残念です。キャンティにしては高いので、この味わいでこの値段なら、次回の購入はないかなぁ。

|

« Tenuta Sant' Antonio Soave Fontana 2009 | トップページ | Feudoo Arancio SYRAH 2008 »

イタリア(トスカーナ)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。