« ALPHA ZETA CHARDONNAY 2008 | トップページ | Feudo Arancio INZOLIA 2009 »

2010年5月 8日 (土)

SANGERVASIO Sangervasio Bianco 2006

普段寿司には日本酒なのですが、前回の樽シャルがちょっと残念だったこともあり、ちょっと樽の効いた白ワインをあわせてみることにしました。そこで浮かんだ選択肢は2つ。サンジェルヴァジオ・ビアンコ06か、モンキエロ・カルボーネのタマルディ07か…。両方とも私が好きなほんのり樽系の白です。で、06の熟成感を期待してこのサンジェルヴァジオ・ビアンコにしました。2年ぶりです。
Sangervasio_bianco06

産地:イタリア トスカーナ州 パライア

輸入元:アルトリヴェッロ

ブドウ:ヴェルメンティーノ 65%、シャルドネ 25%、ソーヴィニヨン・ビアンコ 10%

色:黄色がやや強い麦わら色

香り:生クリーム、アンズ、バニラ

味:薄いフルーツの甘味を感じ、その後やや強めの苦味が続きます。野菜のようで嫌な苦味ではありません。その後まだまだしっかりとした酸が全体を覆います。全体的に粘性もあり、香りもどことなくオイルを感じます。余韻も長く根菜の味わいが続きます。「果実味たっぷり、樽香プンプン」ではなく、均整のとれたやや細身でシャープな印象です。寿司には非常によくあいました。

値段:2000円弱

一昨年飲んだ時は、ふっくらして、ココナッツミルクに入ったフルーツのうま味たっぷりだったのですが、今回は大人になってました。我ながら良い選択をしたと思います。
このワインもいわゆる自然派ですが、私には自然派どうこう関係なく、素直に美味しいワインだと思います。

|

« ALPHA ZETA CHARDONNAY 2008 | トップページ | Feudo Arancio INZOLIA 2009 »

イタリア(トスカーナ)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。