« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月29日 (木)

北島秀樹 ミュラー・トュルガウ 2004

北海道ワイン社が「葡萄作りの匠」として名前をラベルに冠している栽培農家さんが三人います。そのうちの一人、北島さんの育てたミュラー・トュルガウで造られたワインです。知り合いの方からいただきました。2004は一昨年におたるバインで飲んで以来です。中口と裏に書いてありますが、甘味が結構強かった印象があります。それから2年経って味わいに変化はあるでしょうか?
04

続きを読む "北島秀樹 ミュラー・トュルガウ 2004"

| | コメント (2)

2010年4月25日 (日)

SARTORI SOAVE 2008

私が全幅の信頼をおいているインポーター、モトックス社のワインで、唯一近所のスーパーで買えるのが、このサルトーリ社のものです。ただ、今まではカベルネピノ・グリ・ブラッシュを飲んでますが、実はソアヴェは初でした。ソアヴェは私の好きなイタリア白ワインの1つで、最初に飲んだイタリア白ワインがソアヴェでした。当時は薄くて苦酸っぱいワインというイメージでしたが、ここ数年で品質はかなり向上しています。このソアヴェはクラシコではなく、ベースのカジュアル系で値段もデイリークラスですが、果たしてそのお味はどうでしょうか?
Sartori_soave08

続きを読む "SARTORI SOAVE 2008"

| | コメント (0)

Terra dei Celti BARBARESCO RISERVA 2004

先月、私のワイン仲間のよしさんのブログで紹介されて気になっていたバルバレスコです。バルバレスコはイタリアを代表するピエモンテの高級ワイン。良い造り手のものは最低でも3000円はします。
それまで私の知る最安値のバルバレスコはリヴァータのもので、1780円。今回はなんとこれを越える安さです。テッラ・デイ・チェルティという名前が付いていますが、ワイナリーの名前なのかわかりません。合同会社西友が販売ですが、輸入元はスマイルです。ですがスマイルのWEBをみても、ネットで調べてもひっかからず。実に怪しい。おそるおそる味見してみました。
Terra_dei_celti_barbaresco04

続きを読む "Terra dei Celti BARBARESCO RISERVA 2004"

| | コメント (0)

2010年4月18日 (日)

ANTINORI SANTA CRISTINA 2007

トスカーナのデイリーワインとして私の定番です。名門アンティノリ社の安旨ワイン、サンタ・クリスティーナです。気が付けば2003ビンテージから毎年飲んでいます。
このサンタ・クリスティーナ、サンジョヴェーゼにメルローがブレンドされているんですが、初リリースが1946年で当時はキャンティ・クラシコとして造られていたそうで、現在のトスカーナIGTになったのが1987年。長い歴史があり、それだけ多くの人に親しまれてきたワインなんでしょうね。
Santa_cristina07

続きを読む "ANTINORI SANTA CRISTINA 2007"

| | コメント (0)

2010年4月17日 (土)

FARNESE TREBBIANO D'ABRUZZO 2008

イタリアの安旨ワインの代表格といったら、この蔵でしょう。ファルネーゼです。ここのモンテプルチアーノ・ダブルッツォは懐に余裕がない時の救世主です。何度か救われていますが、考えてみると白を飲んだことがなかったため、今回このトレッビアーノ・ダブルッツォを飲んでみました。
Farnese_trebbiano08

続きを読む "FARNESE TREBBIANO D'ABRUZZO 2008"

| | コメント (0)

2010年4月11日 (日)

北海道限定 生ワイン 赤・辛口

以前白・辛口を飲んで、まぁまぁの出来だったため、ちょっと期待して赤も試してみました。北海道ワイン社のこの手の赤ワインは薄・苦・酸っぱいのが特徴で、いつもがっかりさせられてきました。ですが、ここ最近感じている変化を、果たしてこのワインでも感じることができるでしょうか。
Photo

続きを読む "北海道限定 生ワイン 赤・辛口"

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

道産古酒ワイン会

ワイン仲間の方からお誘いを受け、参加してきました。主催者の方が収集された貴重な道産ワインの数々をみんなで楽しみながら飲もう!という会です。道産の古酒はその存在自体貴重ですので、私も楽しみにしていました。
会場は夜な夜な札幌のワイン好きが集う、生パスタのお店「レサン」です。初めてお邪魔しました。
参加メンバーは10名。実に楽しい会となりました。
道産以外にも比較のために、同一品種のイタリア、フランス、ドイツのワインも用意していただきました。
ですが、いつものごとく、ここでは道産とイタリアのみご紹介します。
Photo

続きを読む "道産古酒ワイン会"

| | コメント (8)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »