« FARNESE TREBBIANO D'ABRUZZO 2008 | トップページ | Terra dei Celti BARBARESCO RISERVA 2004 »

2010年4月18日 (日)

ANTINORI SANTA CRISTINA 2007

トスカーナのデイリーワインとして私の定番です。名門アンティノリ社の安旨ワイン、サンタ・クリスティーナです。気が付けば2003ビンテージから毎年飲んでいます。
このサンタ・クリスティーナ、サンジョヴェーゼにメルローがブレンドされているんですが、初リリースが1946年で当時はキャンティ・クラシコとして造られていたそうで、現在のトスカーナIGTになったのが1987年。長い歴史があり、それだけ多くの人に親しまれてきたワインなんでしょうね。
Santa_cristina07

産地:イタリア トスカーナ州

原産地呼称:トスカーナ IGT

輸入元:マキシマム・ジャパン(アサヒビール)

ブドウ:サンジョヴェーゼ 90%、メルロー 10%

色:グラスの底がかすかに透けて見える濃いめのルビー

香り:カシス、鉄、花、カルピス

味:優しい果実の甘味から入り、程よい酸味が絡みます。ミネラルがしっかりしていて、やや硬め。後半で苦味が出てビターチョコっぽいニュアンスがあります。タンニンはこなれていて渋みはさほど感じません。飲み込んだ後も果実味が薄く残り(このあたりがメルローっぽい)、余韻で樽がほんのり香ります。2003以来久々に「らしさ」を感じました。良い出来だと思います。

値段:1450円

毎年飲んでいるんですが、毎年値段が上がっているのが気になります。2003は1000円ちょっとで買えたのに…。
買うのがスーパーなので、コンディションにムラがありますが、今回はそこそこ管理されている売り場だったので良かったです。
ビール会社が輸入元なんですから、居酒屋や焼き肉屋のボトルワインとして置いて欲しいです。

|

« FARNESE TREBBIANO D'ABRUZZO 2008 | トップページ | Terra dei Celti BARBARESCO RISERVA 2004 »

イタリア(トスカーナ)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。