« 鶴沼トロリンガー 2007 | トップページ | LE MANZANE PROSECCO DI CONEGLIANO E VALDOBBIADENE SPUMANTE BRUT »

2010年3月13日 (土)

Catabbo PETRIERA ROSSO 2008

安いワインを探していたら、このラベルに目がとまりました。カタッボというワイナリーのペトリエラというワインです。裏ラベルのイタリア語を読むと、どうやらブドウはモンテプルチアーノ。ラベルといい、値段といい、それならきっとアブルッツォの生産者だと思い、買ってみました。でもよく考えると「モンテプルチアーノを使っているのにどうしてモンテプルチアーノ・ダブルッツォじゃないんだろう??」という疑念が。「たぶん、メルローあたりがブレンドされているに違いない」と思い、もう完全にアブルッツォの生産者だということは疑っていませんでした。が、飲んでみると実は…
Petriera08

産地:イタリア モリーゼ州 サン・マルティーノ・イン・ペンシリス

原産地呼称:テッレ・デグリ・オスキIGT

輸入元:モトックス

ブドウ:モンテプルチアーノ

色:グラスの底が見えない濃いルビー

香り:カシス、ブルーベリージャム、でも弱め

味:いきなり果実味爆弾炸裂です。ジャムのような甘さです。その辺りはモンテプルチアーノなので、ある程度は予想していました。が、酸はちょっと弱め。そして苦味がちょっとえぐい感じです。そして硬いミネラルに粗く中等度に強いタンニン。余韻はブドウの甘味が薄く長く続きます。えぐみがなかったらまずまずですが、ちょっと私には果実味が強すぎ。

値段:1500円(希望小売価格)

前半の味わいは明らかにモンテプルチアーノですが、弱めの酸と硬いミネラル、タンニンで、「アブルッツォじゃない」と疑いました。調べるとやっぱり違っていました。モリーゼにあるこのカタッボの畑は大理石が混じる特殊な土壌だそうで、硬いミネラルはきっとそこから来るのでしょう。モンテプルチアーノもその土壌や気候を強く映し出すんですね。いい勉強になりました。

|

« 鶴沼トロリンガー 2007 | トップページ | LE MANZANE PROSECCO DI CONEGLIANO E VALDOBBIADENE SPUMANTE BRUT »

イタリア(その他)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。