« 北海道限定 生ワイン 白・辛口 | トップページ | アルト・アディジェのシルヴァーナ&ケルナーを楽しむ会 »

2010年3月22日 (月)

セイオロサム 2004

我が家の食事がしゃぶしゃぶだったため、これを選んでみました。十勝ワインで最も古くから造られているビンテージワイン、セイオロサムです。名前の由来は産地の池田町がその昔アイヌ語でこう呼ばれていたそうです。04は以前機内でハーフを飲んでいます。ブレンドワインなので非常に飲みやすく上手く造られています。今回はフルをゆっくりと味わってみました。
04

地:北海道 池田町

ブドウ:清見、ツヴァイゲルト・レーベ他

色:やや中心部が黒目のルビー 、エッヂが若干茶色

香り:ベリー、樽 、堆肥、枯れ木

味:香りと色ですでに熟成感があります。まず赤い果実の甘味をしっかりと感じ、強いながらも丸い酸味が混じります。苦味はほとんど感じません。元々タンニンは強くないんですが、溶け込んでおり、後半でうっすらと渋みを感じます。樽香もこなれていて、その分余韻は薄い印象ですがそこそこ長く続きます。ちょうどよいタイミングで開けました。美味しかったです。

値段:2056円

実に良くできたワインだと思います。十勝ワインの技術の高さを改めて感じました。こういう赤ワインを地元のブドウで造れるワイナリーがあることを、我々道民はもっと誇りを持って良いと思うんですけどねぇ…。トカップ2本買うなら、これ1本を是非買って飲んでみてもらいたい。
しゃぶしゃぶとの相性ですが、ラム、豚、牛(もも)の3種試しましたが、個人的には①牛、②ラム、③豚の順番でよかったです。豚はやっぱり白ですね。

|

« 北海道限定 生ワイン 白・辛口 | トップページ | アルト・アディジェのシルヴァーナ&ケルナーを楽しむ会 »

北海道(十勝ワイン)」カテゴリの記事

コメント

ツヴァイは余市産を使用してるそうです。

2月26日に余市町で葡萄農家主催のワイン会があって(300人以上の参加!)

十勝ワインさんもブースで参加したのですが、その時余市産葡萄使用ワインということでメーカー持参で皆さんに振舞っていましたよ。

おっしゃる通り、十勝の特徴が充分に発揮された良いワインでした。

投稿: 味付け数の子 | 2010年3月23日 (火) 07時08分

味付け数の子様

そうですね、ツヴァイは余市産です。以前それを知ってがっかりしました(苦笑)。
私の少ない経験上、ツヴァイがブレンドされているものは(これやシャトー十勝など)意外と長熟しない印象があるのですが、いかがでしょうか?

投稿: アマ | 2010年3月23日 (火) 22時30分

>>そうですね、ツヴァイは余市産です。以前それを知ってがっかりしました(苦笑)

アハハハッ!(再苦笑 (^_^;)

ツヴァイは多産系品種として重宝する葡萄ですが、収量を抑えて凝縮感のあるツヴァイを使えば長熟型のワインも可能だそうです。

投稿: 味付け数の子 | 2010年3月24日 (水) 07時49分

味付け数の子様

ありがとうございます。
ふらのやココファームのツヴァイは長熟の可能性を感じます。我が家のセラーに十勝のツヴァイ99マグナムが眠っていますので、そのうち検証してご報告いたします。

投稿: アマ | 2010年3月25日 (木) 18時14分

この記事へのコメントは終了しました。

« 北海道限定 生ワイン 白・辛口 | トップページ | アルト・アディジェのシルヴァーナ&ケルナーを楽しむ会 »