« オススメ道産ワイン | トップページ | MONCARO ROCCAVIVA Rosso Piceno SUPERIORE 2005 »

2010年1月30日 (土)

Villadoria Barolo 2005

先日ワイン好きな知人と「らくだ軒」へ行ってきました。ここは道産子なら誰でも知ってるファミレス「びっくりドンキー」の同系列チェーンのイタリアンです。イタリアンなのになぜ”らくだ”なのか意味がわかりませんが…。ここはイタリアワインも飲めますが、道内では珍しくココファーム・ワイナリーのワインも飲めます。まず、そのココの白ワイン「足利呱呱和飲」を飲み、その後赤も飲もうとメニューを見ると、なんと、バローロが6000円と超安!「う~ん、実に怪しい」と思い私は避けようとしたのですが、知人が飲んでみたいというので、頼んでみるとこのワインが出てきました。
ヴィッラドリアという聞いたことのないワイナリーのバローロです。ラベルを見るとセッラルンガ・ダルバにあるらしいです。怪しいのですがちゃんとDOCGシールは貼ってありました。
店員さん曰く「このお店でバローロを開けた客第1号」だそうです。
Villadoria_barolo05






産地:イタリア ピエモンテ州 セッラルンガ・ダルバ

原産地呼称:バローロDOCG

ブドウ:ネッビオーロ

輸入元:高瀬物産

色:グラスの底が透けて見える薄いルビー

香り:ベリー、タール、ゴム、弱め

味:薄い甘味がしばらく続きます。かすかに苦味も途中から現れます。酸味はバローロにしては弱め。タンニンも弱く、最後の最後で渋みを軽く感じる程度です。余韻は薄く短め。樽香がしません。良く言えば飲みやすいですが、悪く言えば薄いです。まぁ、予想通りで、ランゲ・ネッビオーロとして飲めば悪くないと思います。

値段:約6000円(お店価格)

頼んだ知人は「飲みやすくて悪くない」と満足げだったので良かったと思います。
でも、ネッビオーロにあわせるべき肉料理がこのお店にはありません。なので、過去にこのお店でバローロを開けた客がいない訳で、それでも開けた我々はよほどの物好きと思われたでしょう。
第1号ということで、食後にグラスでモスカート・ダスティをサービスしてくれました。こういうのは嬉しいです。
らくだとピエモンテ、いくら考えても結びつきません…。

|

« オススメ道産ワイン | トップページ | MONCARO ROCCAVIVA Rosso Piceno SUPERIORE 2005 »

イタリア(ピエモンテ)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。