« KURISAWA BLANC 07、08飲み比べ | トップページ | はこだてわいん ワイナリーでしか買えないわいん 赤 »

2009年9月19日 (土)

サイゼリヤのワインを飲もう!会

私が立ち上げたmixiのコミュ「イタリアワインを飲もう!会 in 札幌」で開催したワイン会です。
「チェーン系イタリアンのワインリスト探検隊シリーズ」の第1弾としてサイゼリヤを選びました。
サイゼリヤはご存知の通り、全国展開する大チェーン系激安イタリアンのお店です。あまりにも有名なお店ですが、北海道には新札幌店の1店舗しかありません。しかも中心部より離れるため、その存在すら道内ではあまり知られていません。
私は関東在住時代からお世話になっています。激安でが、ファミレスのイタリアンとしては美味しいです。しかも置いてあるワインもなかなか。以前からワイン仲間の方々と「ご一緒しましょう」と話はしていたのですが、今回やっと実現しました。
参加者は私を含め8名。

2000円のコースとともに味わったワインはこちらです。

①MEDICI ERMETE RAMBRUSCO ROSATO DOLCE
Photo
最初の乾杯に選んだワインです。エミリア・ロマーニャ州を代表する微発砲ワイン、ランブルスコです。そのランブルスコの作り手の中でも歴史の長いメディチ・エルメーテ家社の甘口ロザートです。さらっとした甘味に程よい酸味が混じりグビグビ飲んでしまいます。甘口ですが、サイゼリヤの料理には幅広くあいます。
値段:1030円

②VERDICCHIO DEI CASTELLI DI JESI CLASSICO 2008、2007
07
マルケ州を代表する白ワイン、ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ・クラシコです。ワイナリー名は記されていませんが、調べたところPIERSANTIというワイナリーのものです。ブドウはヴェルディッキオ 85%、その他地ブドウ15%です。
フルボトルの白はこれしかないため、2本頼みました。2008と2007が出されましたが、その違い全く気づかずに飲んでいました。ヴェルディッキオにしては苦味が弱くフルーティーな感じですが、ちょっと水っぽい印象です。
値段:1030円

③Raffaello CHIANTI 2008
08
赤はまずキャンティです。これもワイナリー名はありませんが、CANTINE FRATELLI BELLINIのものです。しかも、WEBを見るとキャンティはありません。サイゼリヤのために造られているようです。サイゼリヤでは赤ワインを頼むと「冷えたのと、常温のがございますが」と聞かれます。ここはあえて「冷えたもの」を頼みました。典型的なキャンティで、詳しいセパージュは不明ですが、明らかにサンジョヴェーゼの酸を白ワインが丸くしています。トマトソースのパスタにはよくあいます。
値段:1030円

④FRATELLI BELLINI FATTORIA MONTE CHIANTI RUFINA RISERVA 2004
04
料理に肉が出てきたのでこのワインの出番です。上記のキャンティと同じワイナリーのキャンティ・ルフィナ・リゼルヴァです。「お店にある一番古いものを」とオーダーしたところ、なんと良年の2004が出てきました。2002もあったようですが、04を出してくれるとはなんとも心憎いです。これはもちろん「常温」です。このお店で私一番のお気に入りです。ブドウはサンジョヴェーゼ 90%、コロリーノ 5%、カナイオーロ 5%で、オークの大樽で24ヶ月熟成させています。チェリー系の甘味に、しっかりとした酸、程よくこなれたタンニンと心地よい樽香、噛みごたえのある赤身肉との相性は抜群です。
値段:1980円

⑤Saizeriya Premium Biferno Rosso 2005
05
店名を冠したサイゼリヤ一押しのワイン、サイゼリヤ・プレミアム・ビフェルノ・ロッソです。この時は思い出せなかったのですが、ビフェルノは南イタリア、モリーゼ州のDOCです。ワイナリー名はありませんが、CLITERNIAというワイナリーのトラブッコというワインになります。ブドウはモンテプルチアーノ、アリアニコにトレッビアーノです。南のワインらしく果実味がしっかりとしていてジャムのようなニュアンスがあります。酸は弱くはないですが、丸いです。悪くはないのですが、肉との相性はキャンティ・ルフィナの方が上でした。
値段:1980円

そもそもワインって、食事のお供として気軽に飲むものだと私は思っています。いわゆる大衆的なイタリア料理と一緒に、難しいことを考えずに大衆的なワインを楽しむ。それをこのサイゼリヤでは体験できます。チェーン系でここまでちゃんとしたワインを置いているのは、果たして他にもあるのでしょうか?探検はこれからも続きます。

そして、二次会へ。
会場はプロント新札幌店です。
ここではセッラ&モスカのカンノナウ・ディ・サルディーニャがボトルで飲めます。
Sellamosca_cannonau05
この時は2005。サルディーニャらしくかなり石灰のミネラルがカチカチ系で硬水のようです。独特のハーブやスパイスのような香りがし、ボディはミディアム。タンニンはほどよくこなれていました。でも、なぜ唯一置いてあるイタリアワインがこれなのか、ちょっと理解に苦しみますが、置いてあるだけでも良しとしましょう。

今回も楽しい会となりました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

|

« KURISAWA BLANC 07、08飲み比べ | トップページ | はこだてわいん ワイナリーでしか買えないわいん 赤 »

ワイン会」カテゴリの記事

コメント

初開催おめでとうございます!
本当に素晴らしい会で、
楽しかったです^^

キャンティ・レゼルヴァは
本当に良年だからなのか、
素晴らしい味わいで、
アマさんがお気に入りというのも
うなずけます^^

ありがとうございましたー!

投稿: よし | 2009年9月20日 (日) 09時03分

よし様

先日はご参加いただき、ありがとうございました。私自身コースは初めてで、あのありえない量には私も胃袋も驚きました。
キャンティ・ルフィナの04は知ってか、知らずか、粋な演出でしたね(苦笑)。
後で気が付いたのですが、ランブルスコの赤を飲むのを忘れていました。
なので、また開催します!

投稿: アマ | 2009年9月22日 (火) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KURISAWA BLANC 07、08飲み比べ | トップページ | はこだてわいん ワイナリーでしか買えないわいん 赤 »