« 辰巳琢郎と楽しむ北海道ワインパーティー | トップページ | KURISAWA BLANC 07、08飲み比べ »

2009年9月 9日 (水)

鶴沼 内閣総理大臣賞受賞記念 限定醸造 赤

日本一の面積を誇るブドウ畑、鶴沼ワイナリーが第四十七回農林水産祭において内閣総理大臣賞を受賞しました。 これを記念して醸造されたワインです。ビンテージの表記はありませんが、07でしょうか?赤は鶴沼で収穫された3種類のブドウをブレンドしています。最近の北海道ワイン社のブレンド赤ワインはなかなかの作りなので、ちょっと期待して飲んでみました。
Photo









産地:北海道 浦臼町鶴沼

ブドウ:ツヴァイゲルト・レーベ、レンベルガー、ポルトギーザ

色:グラスの底がかすかに透ける濃いガーネット

香り:セメダイン、枯れ木、コショウ、若干ブルーベリージャム

味:しっかりとしたやや甘めの果実味の後、灰っぽいミネラルを感じ、ややえぐみのある苦味が続きます。その後酸が全体をまとめ、やや粗いタンニンが口の中を覆います。最初の印象は鶴沼ツヴァイゲルト・レーベです。ですが、土っぽさとえぐみがレンベルガーかな、と思わせます。ちょっと温度低めで2日目が美味しかったです。タンニンの状態を考えるとまだ数年寝かせても面白いかも。ジュースっぽさがあり、酒質は弱いですが、鶴沼の赤ではしっかりとした濃い赤です。まずまずの出来でしょう。

値段:2625円

こういうワインを待っていました。鶴沼は100種類近いブドウが栽培されており、独自の基準をクリアしたものだけが、鶴沼シリーズとしてリリースされます。大体毎年6種類程度の単一品種ワインがリリースされます。それはそれでいいのですが…。
「じゃぁ、鶴沼の土地を良く表しているワインはどれ?」と、いつも思っていました。単一にこだわらず、鶴沼のブドウで鶴沼の土地を表現したワインが出来ないかと願っていました。その意味でこのワインの誕生は個人的には非常に嬉しいです。これこそが「鶴沼の赤」でしょう。
限定ではなく、毎年リリースしてほしいです。
ちなみに白もありますが、こちらはヴァイスブルグンダーの樽ありと樽なしのブレンドです。

|

« 辰巳琢郎と楽しむ北海道ワインパーティー | トップページ | KURISAWA BLANC 07、08飲み比べ »

北海道(北海道ワイン)」カテゴリの記事

コメント

こちらの鶴沼限定赤、
なかなか良いですよねー!
もう、単一品種にこだわる時代は
終わりなのかもしれませんね^^

私の感想と今回は似ていて、
私の舌も馬鹿ではないと安心しました^^;
ポルトギーザってどんな味わいか、
わかりますー?
飲んだことないので、知ってましたら
ぜひ教えてくださいー!

PS 今年北海道ワインさんの新酒で
  何年ぶりかにツヴァイが出るみたいです^^
  しかもボジョレーと同じ11月19日に、
  コープオリジナルで販売みたいです^^
  

投稿: よし | 2009年9月10日 (木) 22時29分

ワインってデータベースとかないと
けっきょく いつ飲んだあれってなんだっけって
なっちゃうんで
データベースさがしたら
無料でありました。
http://wine.smartlog.jp/
ブログに貼れるのがうれしいですね

投稿: ウェンツ | 2009年9月11日 (金) 21時00分

よし様

そのワインがその土地を表現しているなら単一品種にこだわってもいいと思います。ただ、それにこだわり過ぎてクオリティの低いワインを高額な値段で売られると閉口してしまいます。この赤のコンセプトはとても好感が持てます。ただ白はちょっと残念です。
ポルトギーザはハンガリー、オーストリア経由のドイツ品種ですが、イタリアではみたことがないので飲んだことはありません。
ツヴァイの初しぼりはブラッシュでしょうか?以前中澤さんの飲ませて頂いたときの印象に残っています。ブラッシュじゃないとセメダイン香が強いでしょうね。

投稿: アマ | 2009年9月12日 (土) 22時48分

ツヴァイのヌーヴォーは、
赤ワインのようです^^;
先日予約してきたので、
呑んだら感想書きたいと思いますねー!
セメダインかどうか、
確かめたいと思いますー!

投稿: よし | 2009年9月14日 (月) 19時43分

よし様

予約ですか!さすがです。
感想お待ちしております。
そういえば、先日恵庭のビックリッキーで35周年記念の赤がまだ売ってました。その時はパスしたのですが、今度買い占めます(笑)。

投稿: アマ | 2009年9月14日 (月) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 辰巳琢郎と楽しむ北海道ワインパーティー | トップページ | KURISAWA BLANC 07、08飲み比べ »