« 鶴沼 内閣総理大臣賞受賞記念 限定醸造 赤 | トップページ | サイゼリヤのワインを飲もう!会 »

2009年9月13日 (日)

KURISAWA BLANC 07、08飲み比べ

私が愛してやまないナカザワ・ヴィンヤードのKURISAWA BLANCの2008ビンテージがいよいよ今月23日から発売になります。実は新ビンテージは「地元の方にいち早く楽しんでもらいたい」という中澤さんの思いから、8月末に開催される「くりさわ農業祭」で先行発売されています。私も購入させていただきました。
発売前ですが、中澤さんのお許しを得て、2008のテイスティングコメントを掲載します。
さらに昨年との違いをより明確にするため、自宅で一人で07と飲み比べをしました!
こんな贅沢、ファンの方にはお叱りをうけそうですが、隣町住人の特権としてお許し下さい。
さて、08の出来は?07の状態は?

Kurisawablan07 Kurisawablanc08






(一見同じように見えるラベル、ちょっとだけ違いがあります)

産地:北海道 岩見沢市栗沢

ブドウ:
 07:ピノ・グリ 35%、ケルナー 28%、ゲヴュルツトラミネール 20%、シルヴァーナ 17%
 08:ケルナー 35%、ピノ・グリ 29%、ゲヴュルツトラミネール 27%、シルヴァーナ 9%

色:クリーンな麦わら色の08に対し、07は黄色味がかっている

香り:
 07:アプリコット、リンゴのコンポート、パイナップル、蜂蜜
 08:黄桃、ライチ、パイナップル、アプリコット、かすかにトマトの葉

味:
  07:熟成感があり、香りも南国フルーツがぶわっときて、とても複雑です。 味わいもゲヴュルツ由来の甘味が強く出ており、酸も丸くなってます。 後半のうま味はしっかりしていますが、もうちょっと枯れてくると、もっともっ とうま味が膨らんでアプリコットのような味わいが出てきそうです。 根菜のような余韻の深い味わいと長さはさすが!圧倒されます。ということであと1年寝かせてみたいです。

 08:ほのかに甘味を感じ、それが徐々に膨らみ、それに追随するかのように酸味も膨らみます。この酸がとても秀逸。果実味と酸味のバランスが良く、南国のフルーツ感が出ていて今飲んでとても美味しいです。 が、後半のうま味がやや弱く、引きが早く「えっ、もう消えちゃうの」という印象です。余韻もちょっと薄いです。それでも香りといい、味わいといい、やっぱりKurisawa Blancです。道産ワインでは群を抜くクオリティです。

値段:2400円

07は熟成感が出ていましたが、まだ過渡期な印象でこれからもっと美味しくなるでしょう。モンスター級の道産ワインです。
そして新ヴィンテージの08。春の遅霜の影響が心配されましたがその後の好天で質の高いブドウが採れました。それを象徴するかのようにとても美味しいワインとなりました。南国フルーツの香りが北の大地の短い夏の太陽を表現しています。中澤さんは「熟成させたらどうなるか心配」と話されていましたが、私は果実味がしっかりしている分この綺麗な酸が熟成向きではないかと思いました。3日経っても全くへたりません。来年も再来年も楽しめそうです。

今年の北海道は全道的に天候に恵まれず、ブドウの生育は思わしくない状況です。中澤さんの畑も例外ではありません。果たして09ヴィンテージはリリースされるのか?とても心配です。

|

« 鶴沼 内閣総理大臣賞受賞記念 限定醸造 赤 | トップページ | サイゼリヤのワインを飲もう!会 »

ココファーム」カテゴリの記事

コメント

うちも先行発売で購入させて頂きました~!
今年のクリサワブランはフルーティな香りが
すぐに立ち上がってきて幸せな気分にしてくれました。
ちょうど、昨日「垂直しよ!」って意見がまとまったとこですぅ(笑)

大事に大事にと思っても…
ついつい飲んじゃいますね~
でも、おいしい所で飲ませて頂いちゃう☆が
一番かなぁ~o(*^▽^*)o

投稿: あ~ちゃん | 2009年9月14日 (月) 11時09分

あ~ちゃん様

そうですね。08はとても果実味が豊かです。4日目でも美味しかったです。すごいワインです。垂直、楽しみですね!

投稿: アマ | 2009年9月14日 (月) 21時18分

 ご無沙汰しております。
23日の発売を心待ちにしていましたが、先行販売があったんですね。ちゃんとチェックしておけば良かったです。最近は仕事のシフトが変わって、なかなかフラッと栗沢にも行かれなくなってしまったので、グランヴァンセラーに並ぶのを待とうと思います。
 話は変わりますが最近、太陽ファームの「ペンケウタシュナイ2006」を飲んだのですが、予想以上の味でした。道産ワインの赤の中ではかなり上位に来るかなと個人的には感じたのですが、いかが思われますか。
 太陽ファームの歌志内の畑・・・何とかならないものかと密かに思っております。

投稿: キャンティファーム | 2009年9月20日 (日) 09時42分

キャンティファーム様

こちらこそご無沙汰しております。先行販売の件は私は今年初めて知りました。来年の「くりさわ農業祭」は要チェック!です。
ペンケ06はまだ飲んでいません(多分)ので、わからないのですが、機会があったら試してみます。
畑も見てはいませんので、なんとも言えませんが、ただ私は05のピノの印象がとても強いので、何故あれをもう造らないのか?造れないのか?ソーヴィニヨン・ブランはどうしたのか?理解できずにいます(苦笑)。

投稿: アマ | 2009年9月22日 (火) 16時52分

 実はこの4月から知人が太陽ファームに入りまして、歌志内の畑をケアしています。それで6月に現地を見せてもらったのですが、一言で言えば「悲惨」な状況でした。脇枝は伸び放題、幹が朽ちて瀕死の樹も数知れず。つまり全く手入れが行き届いていないのです。知人もその状況を見て、何とかしなくてはと考えて、社長にワイナリーの責任者にしてくれと頼んでいるようなのですが。ピノなんて樹齢が27~28年の、道内最古の樹もたくさんあるのに、その多くが上記のような状況。SBも同じでした。・・・何とも勿体ない。再生するにも一刻も早くやらないと手遅れになりそう・・・そんな状況でした。
もしアマさんもご覧になりたいとお考えでしたら、その知人をご紹介しますよ。

投稿: キャンティファーム | 2009年9月26日 (土) 08時01分

キャンティファーム様

貴重な情報ありがとうございました。
かなり荒れているんですね…。
そんな状況で今後良いワインが出来るのか心配です。
なかなか歌志内まで行く機会がないのですが、畑に行くチャンスがあれば、よろしくお願いします。

投稿: アマ | 2009年9月26日 (土) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶴沼 内閣総理大臣賞受賞記念 限定醸造 赤 | トップページ | サイゼリヤのワインを飲もう!会 »