« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月29日 (水)

おたる 創立35周年 特別限定(赤)

道産ワインのリーディング・カンパニー、北海道ワイン社が今年で創立35周年を迎えました。その記念に醸造された特別限定ワインです。特別限定といっても、値段は850円!これは嬉しいですね。裏ラベルを読むと、どうやら道産ツヴァイゲルト・レーベとピノ・ノワールを使っているようです。このセパージュも北海道ワイン社としては初だと思います。ワイン仲間のよしさんのブログでも紹介されており、私も開けてみることにしました。
35






続きを読む "おたる 創立35周年 特別限定(赤)"

| | コメント (8)

2009年7月28日 (火)

PAITIN' BARBARESCO SORI' PAITIN 2003

Bon Vivantでいただいたパイティンというワイナリーのバルバレスコです。ソリ・パイティンという名前です。このワインはお店のお客様が差し入れて下さったワインで、特別にテイスティングさせていただきました。ワイナリーの名前は知りませんでしたが、なかなか評価は高いようです。ラベルを見るとネイヴェと書いてあり、そこはバルバレスコ村の東に位置します。最近飲んだバルバレスコ村のクリュを飲んだので、その違いを意識しながら飲んでみました。
Paitin_barrbaresco03







続きを読む "PAITIN' BARBARESCO SORI' PAITIN 2003"

| | コメント (0)

2009年7月26日 (日)

VITICOLTORI ALTO ADIGE Losmann PINOT NERO 2005

東京神田にある私の隠れ家、Bon Vivantというバーでいただいたワインです。まずエステ・ノイエのステルンを飲み、その次にいただきました。
ヴィティコルトーリ・アルト・アディジェはアルトアディジェの協同組合6社が出資して造った「協同組合の協同組合」です。そのロスマンシリーズで唯一の赤、ピノ・ネロです。白のソーヴィニヨン・ブラン、ミュラー・トュルガウは飲んでいますが、これは初めてでした。
Losmann_pinonero05






続きを読む "VITICOLTORI ALTO ADIGE Losmann PINOT NERO 2005"

| | コメント (0)

バルバレスコ水平飲み比べワイン会

バローロと並び、イタリアを代表する銘酒バルバレスコ。バローロが王様ならバルバレスコは女王様とよく表現されるとおり、重厚なバローロに対しバルバレスコはしなやかさを持っています。しかも値段も王様より若干安め。このせいか、バローロの弟分とも言われますが、決してバローロより劣っている訳ではありません。
そのイメージを払拭するかのように、2007年ビンテージからクリュ・単一畑が法制化され、バローロよりもより厳格な基準を設けました。
今回はそのクリュによる違いを同一生産者・ビンテージで飲みくらべをしようと「ワインと食事を楽しむ会 in 札幌」主催で会が催されました。
ワインは古くからそのクリュの個性を大切にしてきたプロデュットーリ・デル・バルバレスコ(バルバレスコ生産者組合)の9つあるクリュワインのうち4つです。
会場は最近イタリアワインのワイン会でよくお世話になっている「BECCO」です。
用意されたワインはバルバレスコ以外も含め11本です。
Barbaresco





今回はバルバレスコのみコメントをのせます。

続きを読む "バルバレスコ水平飲み比べワイン会"

| | コメント (2)

2009年7月20日 (月)

おたる エクストラ ロゼ スパークリング

実家の隣町の酒屋さんで売っていたので、花咲ガニにあわせてみようと思い買ってみました。ラベルには「やや甘口」とあり、ブドウは道産トロリンガーとピノ・ノワール。色も綺麗!「ほー、それならドライで辛口の中にもほんのり甘さを感じる、きっと私好みの味わいに違いない」と想像しながら開けてみました。
結論から言うと…、がっかりでした。
Extra_rose






続きを読む "おたる エクストラ ロゼ スパークリング"

| | コメント (2)

清見 2004

毎年この時期は「美幌観光和牛まつり」に参加し、屋外で美幌和牛と十勝ワインのマリアージュを楽しむのですが、今年はあいにくの雨となり、中止。仕方なく実家の家の中で焼き肉です。今年のワインはこれです。清見の04。去年の03に引き続き、今年もこのワインを選びました。
「十勝の04はグレート・ビンテージ!」なんですが、実は清見だけはちょっと違います。例年より確かに良い年ですが、収穫が比較的早いため、他のブドウより天候の恩恵を受けた量が少ないんです。それでも美幌和牛との相性は間違いないでしょう。
04







続きを読む "清見 2004"

| | コメント (2)

2009年7月18日 (土)

バッカス&ドルンフェルダーのワインを飲み比べよう会

私のワイン仲間、よしさんが主宰している「みんなでわいわいワイン会」に参加してきました。今回のテーマはタイトル通り、道内で広く栽培されているバッカスと、月浦の成功によって注目されているドルンフェルダーをブラインドで飲み比べてみよう!というものです。しかもワイナリーは道内のみならず、本州と、本場ドイツのものまであります。道産以外はもちろん私は初めて口にします。各自10点満点で採点もしました。

会場はワイン会でいつもお世話になっている「コム・シェ モア」です。
参加人数は12名。用意されたワインは14本!
Photo





・バッカス
山崎ワイナリー 2008(北海道三笠市)
宝水ワイナリー リッカ 2006(北海道岩見沢市)
聖アンドレアス 2007(ドイツナーエ)
余市ワイン N.V(北海道余市町)
北海道ワイン 鶴沼 2006(北海道小樽市)
フェルミエ 2008(新潟県新潟市)
はこだてわいん N.V(北海道七飯町)
ふらのワイン 2008(北海道富良野市)

・ドルンフェルダー
井筒ワイン 2007(長野県塩尻市)
月浦ワイン 2007(北海道洞爺湖町)
はこだてわいん 2007(北海道七飯町)
聖アンドレアス 2007(ドイツラインヘッセン)
月浦ワイン 2005(北海道洞爺湖町)

最後にデザートワインとしてドイツのドルンフェルダーのアイスワインもいただきました。

では、道産のみですが、私のコメントと点数です。

*点数はあくまでも私の主観による「私の大好き度」です。そのワインの善し悪しの点数ではありません。

続きを読む "バッカス&ドルンフェルダーのワインを飲み比べよう会"

| | コメント (2)

2009年7月16日 (木)

GRATI VILLA DI MONTE Chianti 2001

はやしや商店にお邪魔した際に、何かに呼ばれたようにふと陳列棚に目をやると、そこにはキャンティが1本ありました。よく見ると、ビンテージは2001。アジェンダ・アグリコーラ・グラーティというワイナリーのキャンティです。ヴィッラ・ディ・モンテという名前が付けられています。キャンティはせいぜい寝かせても5年がいいところ。手に取ってみると「私を買って」という声がどこからともなく聞こえてきました。「店長、これ…」と店長に話しかけると「たぶんもうダメだと思いますよ」と教えてくれたのですが、ちょっと面白そうだったので引き取って飲んでみました。
Villa_di_monte01







続きを読む "GRATI VILLA DI MONTE Chianti 2001"

| | コメント (0)

2009年7月12日 (日)

Cantina Bolzano ST.MADDALENA-GRIES MOSCATO GIALLO 2005

アルトアディジェ産私が好きなワイナリー、サンタ・マッダレーナ・グリエスのモスカート・ジャッロです。いつもお世話になっているはやしや商店さんで1本だけ残っていました。眺めていると店長が「もうそれが最後ですよ」と教えてくれたのですが、お店の最後の1本かと思いきや、なんと日本に入ってくるのがこの05で最後とのこと。そうと知れば即購入です。
以前04を飲んでいますが、そのマスカットの甘い香りとは裏腹、甘味を感じつつもしっかりとドライに仕立てられた味わいは私好みです。最後の05、惜しみつつ開けました。
Gries_moscato05








続きを読む "Cantina Bolzano ST.MADDALENA-GRIES MOSCATO GIALLO 2005"

| | コメント (2)

2009年7月11日 (土)

月浦 ミュラー・トュルガウ 2006(500ml)

お知り合いからのいただき物です。月浦ワインのミュラー・トュルガウです。こちらのワイン、美味しいんですが、ちょっとお値段がお高いのでなかなか自分では買えません。こういういただき物はとても嬉しいです。月浦ワインは今や北海道を代表する有名ワイナリーとなりました。一度見たら忘れないラベルのデザインもインパクトがあります。道内で広く栽培されているミュラーですが、月浦ミュラーの特長は豊かなボディ。約1年ぶりの再開、楽しみました。
06









続きを読む "月浦 ミュラー・トュルガウ 2006(500ml)"

| | コメント (0)

2009年7月10日 (金)

RIONDO D・BIANCO

夏は白ワインの消費がどうしても増えます。となると、一般庶民としては安いワインが必要になります。今回はリオンドというワイナリーのディ・ビアンコというワインです。実にシンプルなネーミングです。安いんですが、輸入元は私が信頼しているインポーター、モトックス社なので、気になり買って飲んでみました。
Dbianco









続きを読む "RIONDO D・BIANCO"

| | コメント (0)

2009年7月 6日 (月)

SANTERO PINOT ROSE

暑いときはやっぱり泡が欲しくなります。最近発売になって気になっていたスプマンテです。サンテロ社のピノ・ロゼです。その名の通り、ピノから造られれたロゼの辛口スプマンテです。サンテロ社といえば、天使のアスティで代表される、ピエモンテ1のアスティの作り手です。しかも値段が安い!辛口ではオレンジラベルの「ピノ・シャルドネ」が有名で、札幌市内のイタリアンでもよくお目にかかります。ですが…、個人的にはドライすぎてあまり好みではありません。今回のこのロゼはどうでしょう?
Pinot_raose









続きを読む "SANTERO PINOT ROSE"

| | コメント (3)

2009年7月 5日 (日)

PALAZZO VECCHIO CHIANTI CLASSICO 2007

今度はスーパーで売られている安いキャンティ・クラシコです。パラッツォ・ヴェッキオというワイナリーのものです。キャンティもロッソ・ディ・トスカーナのサンジョヴェーゼもあります。見つけた時点ではワイナリーの情報は全くありません。ちなみにこのキャンティ・クラシコで値段は1280円!おそらく私が飲んだキャンティ・クラシコで最安値だと思います。値段が値段ですから、あまり期待をせずに飲んでみました。
Palazzo_vecchio_cc07








続きを読む "PALAZZO VECCHIO CHIANTI CLASSICO 2007"

| | コメント (6)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »