« BALBINOT PROSECCO Spumante Brut | トップページ | FARNESE CASALE VECCHIO MONTEPPULCIANO d’ABRUZZO 2007 »

2009年5月 6日 (水)

Teresa Raiz Le Marsure Sauvignon 2007

GW帰省の最後に開けたワインです。春の北海道はアスパラや山菜が美味しい時期です。となると、私は無性にソーヴィニヨン・ブランが飲みたくなります。安くて美味しいフレッシュなソーヴィニヨンとなれば、これの右に出るワインはないでしょう。何度となく飲んでいるテレザ・ライツです。このレ・マルスーレ・シリーズはとにかくそのコストパフォーマンスが高い!白はこのソーヴィニヨン・ブランと、リボッラジャッラ、ピノ・グリージョといった、フリウリで広く栽培されている3種類があります。「きっと山菜が出るだろうなぁ」と予測し、リボッラジャッラと迷ったのですが、久しぶりだったのでこのソーヴィニヨンを選びました。
が、今回の食卓には山菜はあがらず。普段あわせない魚介といただきました。
Teresaraiz_sauvignon07_2





産地:イタリア フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州 ポヴォレット

原産地呼称:ヴェネツィア・ジューリア IGT

輸入元:モトックス

ブドウ:ソーヴィニヨン・ブラン 100%

色:やや薄目の黄緑色

香り:トロピカル・フルーツ、柑橘系

味:ほのかな甘味のあとに、苦味と酸味が続きます。05を飲んだときの印象より、苦味がちょっと強く、酸味が弱めな気がします。ただ余韻で続く酸味は相変わらずしっかりしてます。バランスはとても良いです。飲み込んでからもトロピカル・フルーツの香りがします。かと言って南のワインを思わせるような重さはありません。あくまでも繊細です。
今回のアブラガニ、ホッケの開き、オヒョウとキハダマグロの刺身の中ではオヒョウの刺身が一番あいました。他はどれも臭みが助長されてしまいます。オヒョウの刺身自体あまり食べる機会はありませんが。

値段:1404円(コルクの気持ち価格)

オヒョウは道外の方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、大型のカレイの一種です。山菜がなく残念でしたが、白身魚の刺身となら大丈夫だというのがわかりました。でもやっぱりホッケの開きは難しい。あの独特の脂のうま味が、ワインだと臭みに変わってしまいます。これは無理せず日本酒でしょうね。

という訳で、今回はイタリアワイン三昧な帰省でした。本当は道産食材なので、道産ワインも飲みたかったのですが、なかなかあいそうな道産はちょっと用意する時間がなく断念。でも2000円以下でこのクオリティ。やっぱりイタリアワインは凄いです!

|

« BALBINOT PROSECCO Spumante Brut | トップページ | FARNESE CASALE VECCHIO MONTEPPULCIANO d’ABRUZZO 2007 »

イタリア(フリウリ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/29471563

この記事へのトラックバック一覧です: Teresa Raiz Le Marsure Sauvignon 2007:

« BALBINOT PROSECCO Spumante Brut | トップページ | FARNESE CASALE VECCHIO MONTEPPULCIANO d’ABRUZZO 2007 »