« Teresa Raiz Le Marsure Sauvignon 2007 | トップページ | ふらのワイン バッカス 2007 »

2009年5月11日 (月)

FARNESE CASALE VECCHIO MONTEPPULCIANO d’ABRUZZO 2007

まだ記憶に新しい、イタリア中部地震。震源地はアブルッツォ州でした。遠く離れた異国の庶民には、ワインを消費して応援することしか出来ません。
アブルッツォのワインといえば、モンテプルチアーノ・ダブルッツォです。モンテプルチアーノというブドウで造られる、イタリアを代表する安くて美味しいワインです。その中でも特に有名なワイナリー、ファルネーゼのカサーレ・ヴェッキオというモンテプルチアーノ・ダブルッツォを飲んでみました。なんでも、ブドウの樹一本に8房のブドウをつけるところを、2房にまで制限したと裏ラベルに書いてあります。それならきっと凝縮度は高いでしょうね。
Farnese_casale_vecchio07







産地:イタリア アブルッツォ州 コロンネッラ

原産地呼称:モンテプルチアーノ・ダブルッツォ DOC

輸入元:稲葉

色:グラスの底が見えない濃いガーネット

香り:カシス、ブルーベリー、若干バニラ

味:香りからもう果実味プンプンです。期待通り、凝縮した果実の甘味がドカンときます。甘いです。その後ほんのり苦味が現れ、柔らかい酸味へと続きます。後半で灰っぽいミネラルとややざらつくタンニンが”さらり”感を演出します。余韻はちょっと短め。私にはとくにかく甘い!酸っぱ渋い赤ワインが苦手な方にはオススメできます。肉よりチョコレートケーキの方があいました。

値段:確か1800円くらい

やはり凝縮感は強かったです。結局開けてその日のうちに飲みきってしまったのですが、2日目がいいかもしれません。もともとモンテプルチアーノは甘味がしっかりしており、カカオの苦味と土っぽいミネラル、柔らかい酸とタンニンが特徴だと思っていますが、このワインは明らかに甘味が突出していました。そこまで房を制限しなくてもいいような気がしますが…。
そういえば、「モンテプルチアーノ・ダブルッツォ No.1決定戦」をやってないなぁ。でも何種類も飲んだら飽きちゃいそうです(苦笑)。

|

« Teresa Raiz Le Marsure Sauvignon 2007 | トップページ | ふらのワイン バッカス 2007 »

イタリア(アブルッツォ)」カテゴリの記事

コメント

はやしやさんで、

デイリー用になにか一本決めたい。
とお願いをして、サンジョベ、モンテプルチアーノ、カンノナウの三種を選んで貰いました。

うーん、デイリーということで、安いもので選びましたが、一番好みに近いのがアブルッツォのモンテプルチアーノでした。
次点でサンジョベ。

飲み疲れしないものを選ぶのって大変ですが、楽しいですね。
連休中に銘柄10種類以上飲みました(笑)
もち、イタリアですよ^^;

追伸:やはり一口目は「おぉぉぉぉぉ!」なんでしょうか(笑)

投稿: 呂比須 | 2009年5月11日 (月) 23時06分

呂比須様

やはりモンテプルチアーノ・ダブルッツォはイタリア・デイリーの王様ですね!同じ価格帯で種類も豊富ですし、選ぶ楽しみがあります。その分はずれる怖さもありますが(苦笑)。

これって、神の雫ワインだったんですね。知りませんでした(笑)。

投稿: アマ | 2009年5月12日 (火) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/29568454

この記事へのトラックバック一覧です: FARNESE CASALE VECCHIO MONTEPPULCIANO d’ABRUZZO 2007:

« Teresa Raiz Le Marsure Sauvignon 2007 | トップページ | ふらのワイン バッカス 2007 »