« Erste & Neue SALT CHARDONNAY 2007 | トップページ | イタリアワイン持ち寄り会 »

2009年5月24日 (日)

ワインガーデン 2009

5月20~25日、札幌大通公園ではビヤガーデンならぬ、ワインガーデンが催されました。今年で5回目となります。
Photo








道内ワイナリー11社が集結し、各種道産ワインをグラスやボトルで飲むことができます。天気は雨だったのですが、行ってきました。ちなみにこの日の札幌の最高気温は17℃でした。
09





グラスワインは500円と800円の2種類に、500円のワインを3種類飲めるお得なテイスティングセットが1000円。ボトルは小売価格と同じ値段で飲めます。

私がテイスティングセットで選んだ3種類のワインです。
09_2






左から、
①奥尻ワイナリー シャルドネ 2007 瓶熟
②グレイスワイン千歳ワイナリー ケルナー 辛口 2005
③サッポロワイン グランポレール・北海道ケルナー・スパークリング 2008

①は最近このブログの検索ランキングで多く注目を浴びている奥尻ワイナリーですが、今回未発売のシャルドネをいただきました。以前試作の段階で試飲させてもらっていますが、その時よりも果実味があるのですがやはり、「しょっぱい」です。

②のケルナーももう何度も飲んでいますが、相変わらずの質の高さを感じます。ここの特徴でもある完熟ケルナーから放たれるリースリング由来の石油香は好みが分かれるところでしょう。

③は最近リリースされた新しいスパークリングです。まさにプティ・グランポレールの北海道ケルナー辛口に炭酸を入れたまんまの味わいで、かすかな石油香にしっかりとした果実味があります。が、グランポレール・シリーズはサッポロワインのフラッグシップです。安易に炭酸を注入するのではなく、瓶内二次とまではいかなくてもせめてシャルマー方式で造って欲しかったです。その下のプティ・グランポレール・シリーズではないところに疑問を感じます。

次に赤ですが、ここはやはり十勝ワイン!リリースされたばかりのシャトー十勝 2004をいただきました。こちらはグラス800円です。
写真を撮り忘れてしまいましたが、山ブドウを思わせる枯れ木の香りに、十勝ワインらしい強めの酸味をしっかり感じます。やはり果実味が他の十勝ワインよりしっかりしており04というビンテージの出来の良さを感じます。酸がまだ尖っているのであと5年はねかせたいです。

最後はフルボトルでいただきました。
05








ふらのワイン 羆の晩酌 2005
です。

ふらの2号という山ブドウとセイベルの独自交配品種から造られているワインで、香りがやはり山ブドウ由来の枯れ木のような野性味を感じさせます。味わいは決して濃くはないのですが、果実味がちゃんとあり、タンニンの渋みも感じられ、酸味もしっかりしています。余韻もそこそこ長く樽もほんのり香り、1800円という値段以上に質の高いワインだと思います。2000円以下の道産赤では一押しです。会場で売られていたジンギスカン串(タレ)と、酪農学園カマンベールチーズと好相性でした。

まだ春の北海道は肌寒いですが、こうやって街中の公園で道産食材と道産ワインを楽しめるのは、北海道ならではだと思います。本当はジャズライブも予定されていたのですが、雨で中止に。残念。

ただ、ちょっとだけ苦言を言わせてもらうと、グラス500円という価格に見合っていないワインがあったのが気になりました。単純に6杯取りとして、1本あたり3000円になりますが、スーパーで1本1000円もしないワインをグラス500円で出すのは、どうなんでしょう??諸々含めて2000円台のワインならまだ許せます。そのクラスのワインを出すのでしたら、来年はグラスワインの価格設定を見直してもらえると(300円を設定するとか)嬉しいです。

|

« Erste & Neue SALT CHARDONNAY 2007 | トップページ | イタリアワイン持ち寄り会 »

ワイン関係イベント」カテゴリの記事

コメント

ひぐまの愛らしい晩酌光景のエチケット、めちゃかわゆいです~ heart04
大好きな人と一緒に飲みたいワインです ♪

   ま、いっか一人でも・・・think

エチケットの感想のみで失礼しました。。

投稿: | 2009年5月25日 (月) 00時16分

先日は楽しいお話し、
ありがとうございました^^

サッポロワインさんの
ケルナースパークリングは、
私も同じ感想です。
安易にグランポレール名乗るのは、
やめて欲しいですよねー^^;

私もシャトー十勝少し飲みましたが、
これから寝かせるのが楽しみな
酸の効いた美味しい味わいでした^^

投稿: よし | 2009年5月25日 (月) 20時05分

湧様

軽快なのりつっこみ、ありがとうございます。

よし様

お疲れ様でした!
結局最後はイタリアワインを2杯飲んで締めました(笑)。

投稿: アマ | 2009年5月25日 (月) 22時11分

私も奥尻のシャルドネを飲んだことなかったのでセレクトしました。

 重みはあるけれど、ぶどうの味わいが感じなかった印象です。

 オペレーション上、価格帯を少なくしたいということですよね。今回は昨年500円で飲めていた月浦ミュラーやふらののツヴァイが800円になっていました。

 あそこで飲むのは、大勢で長居(宴会)して、ボトル買いするのが一番だと思います。

 昨年は出張途中、今年は雨の中でまだ実現してませんが(爆)

投稿: Taku@Hokkaido | 2009年5月30日 (土) 01時22分

Taku様

ご無沙汰しております。同感です。前日美味しいイタリアのシャルドネを飲んだせいもあり、比べちゃいけないとはわかりつつも、でも、やっぱり…(苦笑)。
フルボトルでみんなで青空の下、みんなでワイワイ飲むのが正解ですね。青空の下で(笑)。

投稿: アマ | 2009年5月30日 (土) 15時33分

今年はスタッフとしての初参加でしたが…
ボトル片手に楽しんでる皆さんが羨ましかったですぅsweat02
裏方の苦労や事情も痛感しつつ…
ますます☆道産ワイン応援団☆をパワーアップしちゃいます(*^ー゚)b!!

投稿: あ~ちゃん | 2009年6月 2日 (火) 10時48分

あ~ちゃん様

お疲れ様でした!
裏方さんのご事情は色々とおありでしょうね。消費者側もいろんな声が聞こえてきました。
年を重ねるごとに、双方にとってより良いイベントになるよう期待しております。

投稿: アマ | 2009年6月 2日 (火) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/29772245

この記事へのトラックバック一覧です: ワインガーデン 2009:

« Erste & Neue SALT CHARDONNAY 2007 | トップページ | イタリアワイン持ち寄り会 »