« FARNESE CASALE VECCHIO MONTEPPULCIANO d’ABRUZZO 2007 | トップページ | ST.MICHAEL-EPPAN LAHN SAUVIGNON 2005 »

2009年5月14日 (木)

ふらのワイン バッカス 2007

久しぶりの道産、久しぶりのふらのワインです。バッカスはシルヴァーナとリースリングのこ交配種にミュラー・トュルガウを交配させて出来た品種で、主にドイツで栽培されています。ここ北海道でも収量が期待できるため広く栽培されています。道産バッカスといえば、鶴沼と山崎が二大道産バッカスでしょうか。この2007がふらのワインのバッカスは初リリースとなります。果たして、二大バッカスの牙城を崩すことが出来るでしょうか。
07







産地:北海道 富良野市

ブドウ:バッカス 100%

色:薄い麦わら色

香り:オレンジジュース、黄桃

味:香りから甘いのですが、口に含んでもやはりしっかりとした甘味がきます。ただ濃くはありません。その後ミュラーに似た苦味が現れそこにしっかりとした酸味が加わってきます。飲み込んでから酸味はピークに達し、結構酸っぱいです。ここまではなかなかの出来です。が、余韻が今ひとつ。アンモニア臭いです。個体差かもしれませんが、ちょっと残念です。時間の経過とともに甘味が強調されて、ちょっと私としては途中から飲むのがつらくなってきました。ですが、きっちり最後まで冷やして、料理と合わせれば全く問題ないでしょう。

値段:2000円

ラベルには「中口」と書いてありますが、私には「やや甘口」です。強すぎず、しっかりと主張する酸味と、他にはない香りがふらのらしさを出しています。「香りの鶴沼」「ふくよかさの山崎」と個人的には思っているのですが、ちょうどその中間あたりに位置しそうです。
すでに2008ビンテージが発売になっています(富良野限定ですが)が、この甘さの部分を反省されたのか、「やや辛口」になっています。これは飲んでみないといけません。

|

« FARNESE CASALE VECCHIO MONTEPPULCIANO d’ABRUZZO 2007 | トップページ | ST.MICHAEL-EPPAN LAHN SAUVIGNON 2005 »

北海道(ふらのワイン)」カテゴリの記事

コメント

ふらのワインの08バッカスは、
今までにない味で、感動的でした^^
6月にバッカスとドルンフェルダーの
飲み比べを予定してますので、
ぜひご参加ください~^^

投稿: よし | 2009年5月15日 (金) 13時26分

よし様

08は評判高いですね!
是非飲んでみたいです。
飲み比べ会、都合がついたら参加したいと思います!

投稿: アマ | 2009年5月16日 (土) 07時27分

ふらのバッカス2008は「ふらのワイン」の
醸造&栽培責任者の方をお招きしての
「メーカーズディナー」でも大絶賛でした!
個人的には甘口があんまり得意ではないので、
この位のすっきりとしてほんのり甘い位が好きです。
都内でも飲んで頂いちゃいました!
やっぱり大人気でしたよぉ~
もっともっと道産ワインがメジャーになったらと
思ってます。
*千歳~羽田便に乗っちゃえばいいのにぃ~

投稿: あ~ちゃん | 2009年5月19日 (火) 10時52分

あ~ちゃん様

08は別物のようですね。飲むのが楽しみです!道産ワイン応援団のおかげで、だいぶメジャーになったと思います。当初の私の目的も十分果たせたような気がします。

投稿: アマ | 2009年5月19日 (火) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/29615426

この記事へのトラックバック一覧です: ふらのワイン バッカス 2007:

« FARNESE CASALE VECCHIO MONTEPPULCIANO d’ABRUZZO 2007 | トップページ | ST.MICHAEL-EPPAN LAHN SAUVIGNON 2005 »