« ジンギスカンとイタリアワインの会 | トップページ | 第44回 山本会 »

2009年4月22日 (水)

ジンギスカンとイタリアワインの会 二次会

たらふく飲んで食べたにも関わらず、もはや札幌のイタリアワイン好きの聖地となっているカンティネッタ・サリュで二次会です。
この時既にワインの味は「美味しい」という記憶しかありません…。
ですので、飲んだワインの紹介だけいたします。
Photo


①CANTINA DEIDDA MARZANI SPUMANTE METODO CLASSICO
Marzani
アルトリヴェッロが輸入しているサルディニアで唯一のメトド・クラシコ(シャンパーニュ製法)のスプマンテです。カンティーナ・デイッダというワイナリーのマルザーニという名前のスプマンテです。グビグビ飲んであっという間になくなってしまった記憶しかありません…。今思えばもったいない。



②PANIZZI VERNACCIA DI SAN GIMIGNANO RISERVA
Panizzi_vernaccia
パッツィーニというトスカーナにあるワイナリーのヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミャーノという白ワインです。ブラインドで出されましたがヴェルナッチャとは全くわかりませんでした。非常に飲みやすかった印象があります。




③TENUTA DI GHIZZANO VENEROSO 1996
Veneroso96
テヌータ・ディ・ギッツァーノという蔵のヴェネローゾというワインです。これもトスカーナです。サンジョヴェーゼ 70%、カベルネ・ソーヴィニヨン 30%(だったと思います)で、非常に良い具合に熟成されていました。ただ、この時飲んでなんとコメントしたかは定かではありません。やっぱりもったいなかった。反省。


④LE MACCHIOLE BOLGHERI ROSSO 2007
Macchiole_bolgheri07
やはり川頭さんといえば、レ・マッキオーレでしょう!ということでボルゲリ・ロッソをいただきました。メルロー 50%、カベルネ・フラン 30%、サンジョヴェーゼ 10%、シラー 10%です。つまり、メッソリオ、パレオ、スクリオになれなかったブドウたちで造られています。たとえトップキュベになれなくても、品質は他とは別格。当然美味しいです。もうそれしか表現できません。


二次会も盛り上がりました。楽しすぎました。ちょっと私も後半は限界でしたが(苦笑)。サリュのカウンターの中まで入れてもらい、福島さんにはご迷惑をおかけしました。やりすぎました。改めてみると、いいワインばかり飲んだんですね。もうちょっと意識がちゃんとしているときに飲むべきワインです。反省。
伊東さん、川頭さん、また来て下さいね~!

Photo_2

|

« ジンギスカンとイタリアワインの会 | トップページ | 第44回 山本会 »

ワイン会」カテゴリの記事

コメント

写真を見ていると、楽しかった時間がよみがえってきます。
改めて、たくさんの素敵なワイン飲んでますね(笑)
北海道でワインを知り、口にするようになってから、お店でいただくイタリアワインの選択肢が拡がったなと振り返ってみたり。
ワインもさることながら、誰と一緒に楽しむかで、味わいがさらに膨らむ気がします。
お世話になった皆様、今後ともよろしくお願いいたします☆

投稿: 副部長 | 2009年4月23日 (木) 00時18分

最後の小さな写真、 これがすべてをものがったっているような。。wink
近ければ飛んで行っただろな・・・

投稿: | 2009年4月23日 (木) 03時14分

ホントに楽しかった。イタリアワインの素晴らしさを改めて実感しましたです、はい。
あまりに楽しすぎて、ギッツァーノを飲んだなんて覚えていませんでした(笑)
なんならデイッダのメトド・クラシコも…。
あんなに飲みたいと思っていたのにぃ〜。
皆さま楽しい時間をありがとうございました!

投稿: えび子 | 2009年4月23日 (木) 10時24分

副部長様

無許可での写真掲載、ご了承下さい。
イタリアワイン普及協会北海道支部、頑張りましょう!


湧様

私のお気に入りの1枚です。いや、ほんと、楽しかったです!いつか、是非!


えび子様

えび子さんも覚えていなかったんですか!機会があれば改めて飲み直しましょう!

投稿: アマ | 2009年4月24日 (金) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/29244656

この記事へのトラックバック一覧です: ジンギスカンとイタリアワインの会 二次会:

« ジンギスカンとイタリアワインの会 | トップページ | 第44回 山本会 »