« SANGERVASIO Sangervasio Rosso 2005 | トップページ | 100000 HIT達成! »

2009年4月 5日 (日)

CUSMANO angimbe 2007

4月から職場が恵庭から小樽に変わり、開店当初から通っていた恵庭の「ピッツェリア&トラットリア チェルボ」の店長から「今までお世話になったお礼」ということでいただいたワインです。この日の夕食が魚だったため、開けてしまいました。
シチリアのクズマーノというワイナリーのアンジンベという白ワインです。クズマーノは何度か飲んでいるのですが、正直、味の印象はありません。それよりも、強く印象に残っているのが「ガラス栓」。そうなんです、コルクじゃないんです。このワインもそう。ということは「早く飲むべきワイン」ということなんでしょうね。
Angimbe07







産地:イタリア シチリア州 トラーパニ サレーミ

原産地呼称:IGT

輸入元:フードライナー

ブドウ:インソリア 70%、シャルドネ 30%

色:黄色が強い黄緑色

香り:バナナ、トロピカルフルーツ、かすかにハーブ

味:口に含むとアンズのような香りがし、シチリアらしいしっかりとした果実味があります。甘味が強いのですが、その分酸もしっかりしており、ちょっと刺さるくらいです。苦味はさほど感じず、濃いんですが飲みやすいです。ただ余韻は短いです。

値段:2400円(希望小売価格)

たっぷりの果実味は、いかにもシチリアらしい白ワインです。果実味と酸の強さを考えると、もうちょっと置いてから飲んでもよかったかも。店長、美味しいワインをありがとうございました!恵庭方面に行くことは少なくなりますが、またお店には行きます!

ちなみに、インソリアというブドウは、別名でアンソンニカ、インツォリアとも呼ばれており、ややこしです。ブラインドだったら「南イタリアのシャルドネ」と言いそうです。まだ特徴がわからないので、飲み比べないといけません。

|

« SANGERVASIO Sangervasio Rosso 2005 | トップページ | 100000 HIT達成! »

イタリア(シチリア)」カテゴリの記事

コメント

お恥ずかしながらこのヴィノロック(でしたっけ?)、つい最近知りました。
コルク劣化がなくていいのでは?なんて思いましたが…。
熟成には向かないのですね。呼吸できないのだからそりゃそうか…。
近いうちに飲んでみます!

投稿: えび子 | 2009年4月 6日 (月) 17時20分

えび子様

一番最初に見たのは、クッチーナなんです。そこで店員さんが一生懸命キャップシールを切ろうとしてたんですが、なかなかきれず(シールの下はさらにアルミのキャップがあるんです)、あげくの果てにキャップシールの上からスクリューを刺して強引に引き抜くつもりだったんですが、なんせ「ガラス」ですから、刺さる訳もなく。あたふたしてたのがとても印象に残っています(笑)。

投稿: アマ | 2009年4月 6日 (月) 21時34分

すいません、、、、、


く、、情景が目に浮かび、笑ってしまいました^^;

クッチーナさん、ごめんなさい。

投稿: 呂比須 | 2009年4月 6日 (月) 23時45分

呂比須様

楽しんでもらえて良かったです!
初めてなら仕方がないですよね。私もきっと同じ事をしてたと思います(笑)。

投稿: アマ | 2009年4月 7日 (火) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/28973010

この記事へのトラックバック一覧です: CUSMANO angimbe 2007:

« SANGERVASIO Sangervasio Rosso 2005 | トップページ | 100000 HIT達成! »