« VITICOLTORI ALTO ADIGE Losmann MullerThurgau 2007 | トップページ | TERESA RAIZ RIBOLLA GIALLA 2007 »

2009年2月25日 (水)

オススメ!イタリアワインの会 Part4

「ワインと食事を楽しむ会in札幌」主催で、「コルクの気持ち」の店長厳選オススメのイタリアワインを楽しむ会の第4弾!今回のテーマは「サンジョヴェーゼとトレッビアーノの飲み比べ大会!」です。
両者ともイタリア中部を中心として、とても広く栽培されている品種です。広く栽培されているので、州によってどう味わいが異なるかを確かめよう!というのが今回の趣旨です。
会場はいつもお世話になっているススキノの老舗イタリアワインバー「uva(ウーヴァ)」さんです。人数は8名で、開けたワインは8本+追加1本です。
Photo





・トレッビアーノ
①MONCARO TREBBIANO MARCHE  2007(モンカロ トレッビアーノ・マルケ 2007)
Moncaro_trebbiano07
産地:マルケ州
ブドウ:トレッビアーノ 85%、ヴェルディッキオ 15%
香りは弱く、甘味も弱めです。中盤から苦味が強く、酸もしっかりとしめます。ただ全般的に薄めです。余韻は薄くそこそこ続きます。印象としてはヴェルディッキオのワインです。


②BORGO DI COLLOREDO Gironia Biferuno Bianco 2006(ボルゴ・ディ・コロレド ジロニ ア ビフェルノ・ビアンコ 2006)
Borgodicolloredo_gironia06
産地:モリーゼ州
ブドウ:トレッビアーノ 60-70%、ボンビーノ 25-30%、マルヴァージア 5-10%
最初は還元臭があり、ロウっぽさもありましたが、徐々に開いてきました。甘味はしっかりとし、苦味は薄く、酸は弱めで飲みやすいワインです。ただ時間が経つと、酸が消えかけ、力のない平坦な味わいとなります。薄く塩のミネラルを感じます。

③Casa di Monte Biancospino 2005(カーサ・ディ・モンテ ビアンコスピーノ 2005)
Casadimonte_biancospino05
産地:トスカーナ州 モンテスペルトーリ
ブドウ:トレッビアーノ、マルヴァージア
かなり熟成が進んでいるのか、熟成香が強く、あんずのニュアンスもあります。酸味とミネラル感は強いのですが、熟成により果実味が薄れ、そこに苦味が強調されています。まだそこまで熟成するビンテージではないはずなのですが…。

④MARRAMIERO ANIMA(マラミエーロ アニマ)
Marramiero_anima07
産地:アブルッツォ州 ペスカーラ
ブドウ:トレッビアーノ 100%
石けんの香りがし、口に含むとそれがココナッツミルクになります。ブドウの甘味をしっかりと感じ、酸味も程よいです。甘酸っぱさが口いっぱいに広がりま す。が、余韻は薄く、さほど長くはありません。私も含め多くの方が「樽」を感じたようですが、ステンレスのみです。これには驚きました。今回の4本の中で は別格な印象です。

・サンジョヴェーゼ(以下全て100%)
⑤DOREI DONA TENUTA LA PALAZZA NOTTURNO 2006(ドレイ・ドナ・テヌータ・ラ・パラッツァ ノットゥルノ 2006)
Notturno06
産地:エミリア・ロマーニャ州 ヴェッキアッツァーノ
香りは花、ベリー、鉄でサンジョヴェーゼらしいです。ですが果実味が濃いめで、タンニンもやや強めで、酸はサンジョヴェーゼにしては細めです6。以前ブラ インドで外したのですが、このとき飲んでもサンジョヴェーゼらしくないと思いました。ただワインとしては良いワインだと思います。


⑥DI MAJO NORANTE SANGIOVESE 2006(ディ・マーヨ・ノランテ サンジョヴェーゼ 2006)
Dimajonorante_sangio06
産地:モリーゼ州 ラミテッロ
ハーブやスパイスの中にレーズンのような香りがし、この時点でサンジョヴェーゼらしくないです。最初に苦味から入り、甘味は薄目。ミネラルは強く、硬い印象です。タンニンは比較的こなれています。余韻は薄く短いです。安価な南のデイリー・サンジョで以前も飲んでいるのですが、ブラインドならサンジョヴェーゼだとわからないです。

⑦Agostina Pieri BURUNELLO DI MONTALCINO 2003(アゴスティーナ・ピエリ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2003)
Agostinapieri_burunello03
産地:トスカーナ州 モンタルチーノ
花やチェリー、うっすら樽の香りです。甘味はブルネッロらしい力強さを感じます。中盤でカカオのようなビター感が出てきます。ブルネッロにしては強め。タンニンもまだまだ硬いです。飲み込んだときに、若干シェリー香や木工用ボンドの香りをかすかですが、感じました。暑かった03の影響か、熟成が進んでいます。というか、私はちょっとダメージを受けていると判断。悪い意味でブルネッロらしくないです。

⑧POGGIO BERTAIO CIMBOLO 2002(ポッジョ・ベルタイオ チンボロ 2002)
Poggiobertaio_cimbolo02
産地:ウンブリア州 ベルタイオ
香りはプラムに鉄、ほんのり樽を感じます。甘味や苦味はちゃんと主張はするものの、果実味は薄いです。ただタンニンは硬くざらつき、酸も太く、ワイン自体が薄い訳ではありません。余韻は長く、樽の内側をかじったような味わいが続きます。ヴィーノ・ノービレに近い味わいです。バッド・ビンテージと言われる年ですが、おかげで早く飲めるワインになっているような気がします。今回の4本の中では1番でした。

と、用意されたワインはここまで。
ですが、赤が足りない!ということで、サンジョヴェーゼらしさを備えたワインで村上ソムリエおすすめのワインを追加しました。

⑨Nicolas Belfrage M.W Vecchia Annata Selection 1994
Nicolas_belfrage94
さすがに、これくらいの年になると、綺麗に熟成しています。香りが花に赤いベリー系、やや枯れ木のような、複雑な香りです。ほどよくこなれた果実味とまだまだしっかりしている酸味と、ベルベットのタンニンが綺麗に絡み合って、「これぞ、美味しいサンジョヴェーゼ!」という感じでした。今回飲んだ中で私の中では一番サンジョヴェーゼらしかったです。

今回もなかなか自分では買って飲むことがないワインを楽しむことができました。トレッビアーノでは④、サンジョヴェーゼでは⑨以外では⑧が好印象です。
今回のトレッビアーノは土地というより作り手の違いの影響の方が強いと思います。
一方、サンジョヴェーゼは天候と土壌の影響を強く受けますので、同じ地区の中でも、味の異なるワインとなり、産地の違いがはっきりとわかったと思います。ただ、基準となるサンジョヴェーゼの代名詞的存在のキャンティやキャンティ・クラシコが今回なかったのは少々残念でした。
この会を通じて、イタリアワインの楽しさが少しでも伝わってくれることを願っています。
ご参加された皆様、ありがとうございました!

|

« VITICOLTORI ALTO ADIGE Losmann MullerThurgau 2007 | トップページ | TERESA RAIZ RIBOLLA GIALLA 2007 »

ワイン会」カテゴリの記事

コメント

先日はありがとうございました。
次の日会社のPCでこっそり(笑)調べましが、マラミエーロはやはりステンレスタンクなのですね。
不思議です。
面白いものに出会えました!

投稿: えび子 | 2009年2月25日 (水) 19時56分

えび子様

先日はお疲れ様でした。
そうなんですよ、樽は使っていないらしいんです。ビックリですよね。
トレッビアーノじゃなく、ボンビーノという噂もあるようですが、それにしてもあのニュアンスは不思議です。

投稿: アマ | 2009年2月25日 (水) 22時50分

今回も普段一人では比べられないラインナップで、大変勉強になりました。
追加の94ヴィンテージ、まだまだパワフルでびっくりしました。また飲んでみたい一本ですが、最後の出会いになるのでしょうね。
次の会も期待しています!

投稿: 副部長 | 2009年2月25日 (水) 22時55分

毎度様です。

う~ん、今回のセレクトは反省ですね(T_T)
次回のブランカイアは間違いないでしょうから、次回以降のセレクトでリベンジします。

乞うご期待!!

投稿: はやしや商店 | 2009年2月26日 (木) 13時08分

イタリアワインの会、
今回も次の日にセミナーがあったので、
参加できませんでしたT_T
次回もすぐに満員になってしまい、
本当になかなか参加できません^^;
でも、いつかかならず参加したいと思います!
素敵なレポありがとうございました^^

投稿: よし | 2009年2月26日 (木) 20時44分

副部長様

お疲れ様でした。
いつか必ず、ここでアマを開けてもらいましょう!


はやしや商店様

いつも大変お世話になっております。
無理難題に対応いただき、私からも感謝申し上げます。特にトレッビアーノは難しかったのではないかとお察しいたします。
ブランカイアも次々回も楽しみにしております。


よし様
なかなかイタリアワインではお会いできず残念です。パート5、6…と続きますので、タイミングがあいましたら是非ご参加下さい。

投稿: アマ | 2009年2月27日 (金) 17時15分

(;ω;)めちゃ参加したかったですぅ~
キャンティ・クラシコ満載ワイン会もお願いしま~す!

投稿: あ~ちゃん | 2009年3月 1日 (日) 16時22分

あ~ちゃん様

よしさんと同じく、なかなかイタリアワインではお会いできませんね(苦笑)。実現可能かどうかは別として、頭の中には企画がいっぱいありますので、その時は是非ご参加下さい!

投稿: アマ | 2009年3月 2日 (月) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/28352094

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!イタリアワインの会 Part4:

« VITICOLTORI ALTO ADIGE Losmann MullerThurgau 2007 | トップページ | TERESA RAIZ RIBOLLA GIALLA 2007 »