« 城 2003 | トップページ | LE MANZANE PROSECCO DI CONEGLIANO E VALDOBBIADENE SPUMANTE BRUT »

2009年2月 6日 (金)

CANTINETTA SALÙS訪問

札幌で活躍されているソムリエール、福島さんのお店カンティネッタ・サリュに行ってきました。昨年オープンし、ご挨拶に行きたいと思っていたのですが、なかなか行けず今回やっとお邪魔することが出来ました。
福島さんとは3年ほど前、いつもお世話になっているはやしや商店の店長を通じてお知り合いになることが出来、それ以来、私のイタリアワインの師匠である川頭さんが来札された時に数回ご一緒させていただいています。お店は本格的なイタリアのバールで、 まず店内に入ると壁一面にディスプレイされたイタリアワインの数!その種類約400!凄いです。私が飲みたいワインが沢山あり、これは選ぶのが大変!嬉しいです。イタリアワイン好きな方なら絶対満足できると思います。
やはり選べなかったため、福島さんにお願いしてオススメの白と赤をグラスで、しかもブラインドでお願いしました。3人だったため「赤白それぞれ3種の土着品種をお持ちしますね」と笑顔で応じてくれました。
さぁ、ブラインド・テイスティングの始まりです。

Photo



まずは白。右から


①色はさほど濃くはない黄緑色。香りはトロピカルフルーツ系。この時点でアルト・アディジェのソーヴィニヨン・ブランやフリウリのシャルドネあたりをイメージしたのですが、土着なので、選択肢から外れました。味は酸がしっかりしており、ミネラル感もそこそこ。北の白ワインだとは思うのですが…。品種が思い浮かびませんでした。

② 色は薄いゴールド。香りは青リンゴにフルーツガムのようなケミカル。飲んでみると果実味の中に独特の香草系の苦みがあり、今まで味わったことのない感じでした。この時点でもう何か全く想像できず降参。

③ 黄色が若干強めの薄い黄緑色。香りは甘いフルーツの様で、でも弱め。果実味はしっかりしているもののどこか平坦な印象。飲んだことはある味なんだけど…。北じゃないし、かと言ってシチリアでもないし、でもトスカーナのトレッビアーノやヴェルメンティーノでもないし…。全くわかりません。

そして赤。 白で完敗だったため、赤は福島さんがヒントをくれました。
Photo_2




ネッビオーロ、サンジョヴェーゼ、ネロダヴォラ、プリミティーヴォ、アリアニコ、バルベーラの中の3つが正解。ここまでわかれば、当てる自信はあったのですが…。

①色は中心部がやや黒いルビー。エッヂも深紅。香りはベリー系。味は梅しそで酸が太く、タンニンは中くらい。これでネロダヴォラかバルベーラが浮かびました。どっちかかなり迷いましたが、どことなく苦みが香草っぽく、タンニンが柔らかいためネロダヴォラにしました。

②色は全体的に濃いめのルビー。香りはベリーに花、鉄。香りでサンジョヴェーゼだと決めました。でも含んでみると、果実味が強く、酸もサンジョヴェーゼらしくなかったので、南のブドウだと思いプリミティーヴォに決めました。

③色は黒みがかった薄目のルビー。香りはベリー、プラムのようなやや甘め。味はしっかりとした果実味の中に太い酸と強めのタンニン。味だけで判断するならネッビオーロとアリアニコが浮かびました。香りにタバコの煙のようなスモーキーがなかったため、これはアリアニコで即決です。

果たして、正解は…。

Photo_3




①BATASIOLO Gavi バタシオーロ ガヴィ
品種:コルテーゼ
産地:ピエモンテ州

②PARADISO Albana secco パラディーゾ アルバーナ・セッコ
品種:アルバーナ・ジェンティーレ・ディ・ベルティノーロ
産地:エミリオ・ロマーニャ州

③FONTANA CANDIDA SANTA TEREEZA Frascati Superiore Secco フォンタナ・カンディダ サンタ・テレザ フラスカーティ・スーペリオーレ・セッコ
品種:マルヴァージア、トレッビアーノ、グレコ
産地:ラッツィオ州


①BATASIOLO Barbera d’Asti バタシオーロ バルベーラ・ダスティ
品種:バルベーラ
産地:ピエモンテ州

②Dorei Dona Tenuta La Palazza NOTTURNO
品種:サンジョヴェーゼ
産地:エミリオ・ロマーニャ州

③Terre degli Svevi SERPARA テッレ・ディ・スヴェーヴィ セルパラ
品種:アリアニコ
産地:バジリカータ州

というわけで、正解はアリアニコのみ…。
赤は結構いいとこまで行ったんだけどなぁ。くやし~い!
さすが福島さん、私の苦手なところを突いてきましたねぇ。
まだまだ私の精進が足りません。
こんなことをして楽しんでるのは我々くらいです。グラスは4種、ボトルも良心的な価格設定なうえ、おつまみも豊富で気軽に楽しめるお店ですので是非足を運んでみて下さい。

|

« 城 2003 | トップページ | LE MANZANE PROSECCO DI CONEGLIANO E VALDOBBIADENE SPUMANTE BRUT »

ワイン関係イベント」カテゴリの記事

コメント

サリュさん、
私も先日ヤックリュさんに連れてっていただきましたが、
あの雰囲気は良いですね^^
一人でいっても楽しい時間を
すごすことができそうです♪
イタリアワイン精進のために、
役立ちそうなお店です^^

投稿: よし | 2009年2月 6日 (金) 22時32分

札幌でイタリアワイン一番の品揃えですね!
たくさんのボトルを眺めているだけでも楽しめてしまいます。
食べ物も美味しい、雰囲気も好きなお店。
気軽に足を運びたいと思います。

投稿: 副部長 | 2009年2月 6日 (金) 23時03分

 こんばんは。
1勝5敗とのこと。私なら6戦全敗でしょう。でも、お店でこういうブラインド、面白そうですね。福島さんにもお会いしてみたいですし。
 道産ワインの話。富良野の「バッカス2007」お飲みになりましたか?あまり札幌に出回ってないそうなんですが、先日、富良野出張の際に買ってきて飲みました。鶴沼バッカスより甘みが抑えられ、程良い酸味もあって、個人的にバッカスは好きではないのですが、これは許容範囲でした。地元ではイチオシだそうです。

投稿: キャンティファーム | 2009年2月 7日 (土) 00時07分

よし様

良いお店が出来ました。仕事帰りに、ちょっと軽くワインでも、というときにいいですね。毎日一種類飲んでも1年じゃ飲みきれないなぁ(笑)。


副部長様

確かに壁を眺めているだけでも楽しめますね。今度はトスカーナの近くのテーブルに座ってみたいです。


キャンティファーム様

1勝したのは3人中私だけだったので、なんとかイタリアワイン好きの面目を保ちました(苦笑)。
ふらのバッカスは試飲でしか飲んでいませんが、スッキリとした酸が好印象でした。いつか鶴沼、山崎、ふらののバッカスを飲み比べてみたいです。

投稿: アマ | 2009年2月 7日 (土) 08時13分

日本酒を随分召しあがったあとにテイスティングしたとお聞きました( ̄ー ̄)ニヤリ

それは白は難しくなりますよねcoldsweats01

投稿: ヤックリュ | 2009年2月 7日 (土) 16時51分

ヤックリュ様

いえいえ、日本酒はたいした飲んでいませんので関係ありませぬ。私が未熟なだけです。と言いますか、白はほとんど飲んだことがない品種だったので「わからない」が正解なんです(笑)。

投稿: アマ | 2009年2月 7日 (土) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/27836600

この記事へのトラックバック一覧です: CANTINETTA SALÙS訪問:

« 城 2003 | トップページ | LE MANZANE PROSECCO DI CONEGLIANO E VALDOBBIADENE SPUMANTE BRUT »