« COLTERENZIOワイン会 | トップページ | ツヴァイゲルト・レーベ 木樽熟成 2005 »

2009年1月12日 (月)

サッポロワイン プティ グランポレール 北海道ケルナー・辛口 2007

サッポロワイン社が勝沼ワイナリーで余市産のケルナーを使って造っているワインです。とてもコストパフォーマンスが高いケルナーで私のデイリーとなっています。2006は昨年開催した「余市産ケルナー&道産ツヴァイ No.1決定戦!」で見事2位となりました。その2007ビンテージを昨年サッポロワインの方からいただいたので開けて出来を確かめてみました。

07






産地:北海道 余市町

ブドウ:ケルナー

色:透明に近い緑色

香り:青リンゴ、石油、ハーブ

味:しっかりとした甘味から入り、その後尖った酸味に入れ替わります。青っぽい苦味も途中から加わり、飲み込んでさらに酸を感じます。「前半甘ーい、後半酸っぱーい」です。タンニンは全く感じませんが塩っぽいミネラル感があります。薄いながらも長く続き芋のような味わいとバジルのようなハーブの余韻はこのクラスでは段違いです。白身魚の香草焼きが食べたくなりました。

値段:1217円(希望小売価格)

飲んだ印象は「あれ?今までと違う」でした。ケルナーの片親であるリースリングを彷彿させる石油香にしっかりとした甘味とほんのり感じるタンニンが、完熟した余市産ケルナーの特徴なんですが、この07は感じません。まだ瓶熟させたら変わってくるかもしれませんが。尖った酸味と青っぽさもあり、あくまでも想像ですが完熟ではないブドウを思わせます。2007の気候は悪くなかったと思うんですが…。
ただ、これはこれで美味しいです。石油香は強すぎると嫌味になりますし、甘味だけが突出してしまうと飲み飽きしてしまいますので、むしろ飲みやすくキリッとしていて美味しいです。これもまた今年も何度かお世話になるでしょう。

|

« COLTERENZIOワイン会 | トップページ | ツヴァイゲルト・レーベ 木樽熟成 2005 »

サッポロワイン」カテゴリの記事

コメント

やはり、2007ヴィンテージの余市は
若い感じなんですね。

実は先日北海道ワインさんで、
北島さんのツヴァイ2007を飲んだのですが、
びっくりするぐらいの青っぽさだったんですT_T
色もまったくのっていないので、
びっくりしました。

渡辺さんもその旨説明しないと売れないと
嘆いていらっしゃいました・・・T_T
2007は秋にかけてあまり熟さなかったそうです・・・。

投稿: よし | 2009年1月12日 (月) 23時38分

 こんばんは。
2007年の余市ですね。この年のまさに収穫期、私こと余市のブドウ農家(ココファームに出荷している農家)に撮影に行ったんです。その時の記憶を紐解くと、9月以降に雨が多くて、実の水分が多い状態になり、生産者はとにかく晴れ間を見計らって収穫していたと思うのです。従って、完熟と言うよりは、未熟に近い状態のブドウが多かったように推測してます。畑でけっこう実をつまみ食いしましたが、確かに水っぽく、当の生産者も「今年は実がふくれちゃったかも知れない」と話してました。決して「良年」とは言えないかと思います、余市に関しては。
 実は年末に、函館ワインの「フリーラン余市ケルナー2007」を飲んだのですが、とにかく辛くて果実実が少なく、フリーランのイメージから来るエレガントさがほとんど感じられませんでした。それで、よく考えたら「あ、2007って・・・」と思い出した次第です。

投稿: キャンティファーム | 2009年1月14日 (水) 22時19分

よし様

北島さんのツヴァイも07は青っぽかったですか…。やっぱりこの年は出来がよくなかったんですね。いつか飲んで私も確かめてみたいと思います。


キャンティファーム様

貴重な情報ありがとうございます。07の余市は良年ではなかったんですね。記憶がもう曖昧で…(苦笑)。気候の記録もしておかないといけませんね。
考えてみたら北海ケルナー07はリリースされていませんので、そういった事情もあってのことかもしれませんね。
あとは千歳の07がどうか、検証してみたいと思います。

投稿: アマ | 2009年1月14日 (水) 23時39分

(^-^;うちにもまだありますよぉ。
ちょっと置いてみようかなぁ~

ケルナーの自分のイメージは「甘さと香りが長続き」って感じなんですが…
きっとそんなのばっかり飲んでるのかなぁ。
北海道ワインの渡辺さんはいつも
「おいしく飲めるもの」を出して下さいますから( ^ω^ )

千歳の07はどうなんでしょうねぇ。
青木さんに聞いて見ちゃお( ´艸`)

投稿: あ~ちゃん | 2009年1月15日 (木) 13時45分

今日、千歳ワイナリーに行ってきましたー^^
07はやはり天候としては06には勝てないようですT_T
07ケルナーは辛口でリリースするらしいです^^
シュールリーとは書かないのですが、
澱との接触も少ししているとのことでした。
今ある在庫が少なくなり次第販売らしいので、
今から楽しみですね♪

ちなみに07ピノは06に比べると、
やはり弱い印象で、
色も薄いらしいです。
こちらも05ピノの在庫が少なくなり次第
販売とのことでしたー^^

投稿: よし | 2009年1月15日 (木) 17時54分

あ~ちゃん様

>ケルナーの自分のイメージは「甘さと香りが長続き」って感じなんですが…

おっしゃるとおりだと思います。美味しいケルナーは余韻でしっかりとしたうま味を感じますよね。
今度のメーカーズディナーで07は出ないですかね?


よし様

千歳に行かれたんですね。タイムリーな情報ありがとうございます!
グレイスの醸造の特徴はそこですね。たとえシュールリーと書かなくても、それに近いことをフツーにやっている点はやはりグレイスの技術力の高さでしょう。どういう味に仕上げたか、楽しみです!
ピノは08まで待とうかと思います(苦笑)。

投稿: アマ | 2009年1月15日 (木) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/27049238

この記事へのトラックバック一覧です: サッポロワイン プティ グランポレール 北海道ケルナー・辛口 2007:

« COLTERENZIOワイン会 | トップページ | ツヴァイゲルト・レーベ 木樽熟成 2005 »