« AURELIO SETTIMO BAROLO 2002 | トップページ | 北ワイン ケルナー シュール・リー 2004 »

2008年12月18日 (木)

ニセコ高原 白ぶどう酒 熟成辛口

実に久しぶりのニセコ高原ワインです。以前は生食用ぶどうで甘口ワインを造っていたのですが、ここ数年はニセコ地区でもミュラー・トゥルガウやバッカス、ケルナー等を栽培し、醸造を北海道ワイン社に委託して、本格的なご当地ワインを生産しています。販売は倶知安町にあるよしのみ商店が行っていますが、札幌でも購入できます。「熟成」とありますが、ビンテージの記載がないため、どれくらい熟成させたのかわからないのですが、自分の舌で確かめてみました。
Photo







産地:北海道 倶知安町

ブドウ:ケルナー、バッカス

色:薄目の黄緑色

香り:石けん、花、若干青リンゴ

味:薄目の甘味がずーっと続きます。酸味は徐々に強くなり、後半でピークに達し甘味を追い越します。丸さはなく、熟成した感じもありません。どちらかと言えばフレッシュな印象です。苦味はほとんどなく、ミネラル感はそこそこあります。飲み込んだ後も石けんのようなケミカルなフローラルな香りが残ります。余韻は極薄いのですが、芋のような味が続きます。辛口とありますが、中口だと思います。食事にも合わせやすく飲みやすい白ワインです。

値段:1500円

ラベルには品種も書いていないため、わからなかったのですが、飲んだらすぐわかりました。「熟成辛口」というよりは、「フレッシュ中口」といった印象です。ワインそのものについてのデータが全くありませんので、謎が多いワインですが、これからのスキーシーズン、ニセコのお土産としてはなかなか良いワインだと思います。ニセコに訪れた際には是非お試し下さい。

|

« AURELIO SETTIMO BAROLO 2002 | トップページ | 北ワイン ケルナー シュール・リー 2004 »

北海道(ニセコ高原ワイン)」カテゴリの記事

コメント

生食ぶどうのニセコワインは、甘口で飲みやすく、ワインを飲み始めのころよくお世話になりました。今も札幌のお店を通りかかると購入しちゃいます。たくさん種類が増えましたね。
妖怪ポロトさんたちと一緒に飲んでいたころが懐かしいです。またみんなで飲みましょう!

投稿: 副部長 | 2008年12月18日 (木) 14時14分

副部長様

そうですね、懐かしいですね。当ワインクラブのオリジナルメンバーであり、ニセコ地区出身の妖怪ポロトさんには仕入れで随分お世話になりましたね。
倶知安ミュラーの成長ぶりをそろそろ確かめてみたいです。

投稿: アマ | 2008年12月18日 (木) 16時40分

ニセコワインはとっても興味がありますぅ。
まだ飲んだことありません。。。(≧m≦)
HPを見ても不思議がいっぱいですぅ|ω・)

投稿: あ~ちゃん | 2008年12月18日 (木) 22時08分

ニセコワイン私もしばらく飲めていません…アマさん、副部長さんに認めていただけるワインで私がわかるのはニセコワインしかないので…ニセコワイン私としては北海道ワインとしてとてもすばらしいワインだと思っております。皆様に認めていただけるととてもうれしいです。コストパフォーマンスも高く皆様に愛されるワインを私の地元としてつくっていただきたいです。
また、アマさん主催のワイン会、私のような未熟者に教えていただける飲み会も開催してほしいです。よろしくお願いいたします。

投稿: 妖怪ポロト | 2008年12月18日 (木) 22時26分

あ~ちゃん様

空港に売ってますが、生食シリーズしかないんです。本格的?なのは札幌では簾舞のサンクス(よしのみ商店の札幌支店です)で購入できます。
ニセコ地区は松原さんもありますので、これからも注目のエリアだと思いますよ。是非お試しを!


妖怪ポロト様

自分の故郷に、美味しいワインがあるというのは嬉しいですよね。私の実家の隣町にびほろワイン、北見ワインがあります。味の評価はともあれ、やっぱり地元に地元のブドウで造られたワインがあるっていうのはワイン好きには幸せなことだと思います。またいつかニセコワインで盛り上がりましょう!

投稿: アマ | 2008年12月18日 (木) 23時20分

ありがとうございま~す!!
試してみまぁ~す!
こんな色々の道産ワイン会したいですねぇ~happy01

投稿: あ~ちゃん | 2008年12月19日 (金) 11時28分

ニセコ高原ワイン、
安いですよねー!!
同じ葡萄でも色々種類があって、
いまいち違いがわからないので、
いつか、ニセコ高原ワイン会なんていうのも、
面白いですね^^

投稿: よし | 2008年12月20日 (土) 07時18分

初めまして、いつもブログを楽しく読ませていただいております。私は酒屋が本業でありながら、アマさんのワインに関する姿勢と情報量にはいつも感心しています。今回も、レシラに関しまして情けない事ですが初めて知り、早速取り寄せして20日の夜にやっと試飲が出来ました。そして、グラスから立ち上るアロエやマスカットを思わせるフレッシュなアロマで、私はすっかりこのワインの虜になってしまいました。アマさんの大きな力で、北海道のワインが更に発展することを願っています。それと、何かの機会にお会いできることを楽しみにしています。

投稿: ワインショップフジヰ店主 | 2008年12月21日 (日) 01時08分

あ~ちゃん様

いずれ機会がありましたら、ワイン会でお出ししますね。


よし様

ニセコ高原ワイン会ですか!甘口が多いのでちょっと難しいかもしれません。
道内ご当地ワイン会、ならいいかもしれませんね!


ワインショップフジヰ店主様

まさかこの拙いブログを読まれているとは思ってもおりませんでした。身に余る光栄です。古くから山崎さん、Kurisawa Blancに注目され、私の方こそ勉強させてもらっています。「社長の独り言」が最近更新されていませんので寂しい思いをしております。
実は密かに?何度もお邪魔しております。ポイントカードもしっかり持っております(笑)。
またお店にお邪魔させていただきますので、その時はよろしくお願いいたします。

投稿: アマ | 2008年12月22日 (月) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/26282075

この記事へのトラックバック一覧です: ニセコ高原 白ぶどう酒 熟成辛口:

« AURELIO SETTIMO BAROLO 2002 | トップページ | 北ワイン ケルナー シュール・リー 2004 »