« JR車内でワイン!2 | トップページ | RESIRA(レシラ) »

2008年12月 9日 (火)

Cantina Bolzano ST.MADDALENA-GRIES LAGREIN 2006

なぜかこの時期になると飲みたくなるんです。カンティーナ・ボルツァーノ・サンタマッダレーナ-グリエスのラグレインです。去年の12月も05を飲んでいました。カンティーナ・ボルツァーノはアルトアディジェにあるサンタ・マッダレーナ協同組合とグリエス協同組合が合併してできたワイナリーです。しかもアルトアディジェにはサンタ・マッダレーナというスキアーヴァ(トロリンガー)主体のDOCワインがあって、まだ良くイタリアワインの事を知らなかったとき「サンタ・マッダレーナのサンタ・マッダレーナ?これはワインの名前?ワイナリーの名前?」と混乱していました。今は大丈夫です(たぶん)。
Grieser_ragrein06







産地:イタリア アルトアディジェ州 ボルツァーノ

輸入元:モトックス

ブドウ:ラグレイン

色:やや濃いめの紫がかったガーネット

香り:黒いベリー系、イチジク、木

味:軽い甘味と酸味が初めから一緒になり、その後甘味が徐々に強くなっていきます。飲み込む直前あたりで酸味が甘味を追い越し、良い具合にしめます。途中カカオのような苦味と灰っぽいミネラル感も加わります。ドライフルーツのような凝縮された果実味です。タンニンは強くはなく、わずかに渋味を感じる程度で濃すぎず、薄すぎず、私好みのバランスを保ちます。余韻も樽の香りとビター感が薄く長く続きます。甘味が強すぎた05よりバランスがいいと思います。

値段:2250円(希望小売価格)

この甘味が、すき焼きにあうんじゃないかなぁ、と思って試してみましたが、なかなかの相性でした。しゃぶしゃぶやすき焼きといった肉鍋系の料理が多くなるこの季節が、このワインを求めるのでしょう。
同じカンティーナですが、サンタ・マッダレーナの方のシリーズでラグレイン・リゼルヴァのタベールというワインがあります。このワイン、毎年色々な賞を受賞しているモンスターワインです。以前お店で飲んだときにとても力強さを感じました。ただ、個人的にはちょっと濃すぎる感じがあるので、04を今寝かせてます。これも楽しみです!
それに比べるとこちらは価格も半値ですので、とても親しみやすいラグレインだと思います。
毎回言いますが、このブドウ、北海道に欲しい~!

|

« JR車内でワイン!2 | トップページ | RESIRA(レシラ) »

イタリア(アルトアディジェ)」カテゴリの記事

コメント

ラグレインが北海道で栽培できる可能性は高いのでしょうか。実現したら幸せなワインライフを送れそうです。もちろん、実現しても北海道産ぶどうや独自品種も応援しますよ!

投稿: 副部長 | 2008年12月11日 (木) 21時42分

副部長様

今年アルトアディジェに行かれた中澤さんのお話では、「難しい」そうです。
でも、なんか、こう、諦めきれないんですよねぇ。これとフックアンバッハを飲むと特に…。

投稿: アマ | 2008年12月11日 (木) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/26059841

この記事へのトラックバック一覧です: Cantina Bolzano ST.MADDALENA-GRIES LAGREIN 2006:

« JR車内でワイン!2 | トップページ | RESIRA(レシラ) »