« 北ワイン ケルナー シュール・リー 2004 | トップページ | ブルーム ロゼ »

2008年12月23日 (火)

Bon Vivant訪問 2

東京は神田、神保町にある私のお気に入りのバー、ボン・ヴィヴァンに年末のご挨拶に行ってきました。今からちょうど一年前、初めて東京で開催されている山本会という凄いワイン会に参加させてもらったのがきっかけで、ここのお店のオーナー、湧湧さんとお知り合いになれました。それがご縁でお店に数回お邪魔させてもらっています。ワインはグラスで赤・白それぞれ3種類程度、各国のワインが楽しめます。私の狙いはもちろんイタリアワイン!なんせ私の好きなワインしかありません。
今回いただいたのはこちら!
Vonbivant




右から
SANGERVASIO Sangervasio Bianco 2006

トスカーナのピサとフィレンツェの中間ぐらいにあるジェルヴァジオのビアンコです。抜栓後2日目だそうですが、果実味が豊かで、桃のようなフルーツの香りと甘味が心地よく、後半で酸がしっかり締めてくれます。やはり美味しい白ワインです。セパージュがなかなか思い出せず、シャルドネとソーヴィニヨン・ブランまではわかったのですが、ヴェルメンティーノが出てきませんでした。ヴェルメンティーノ好き失格です。

Gualdo del Re Eliseo rosso 2004

これも私の定番安ウマワインの一つ、グアルド・デル・レというトスカーナのスヴェレート地区にあるワイナリーのエリゼオ・ロッソです。つい先月06を飲みましたが、今回はもはや市場には数少ない04です。以前飲んだとき焦げたような甘味が印象に残り、06では暴れん坊タンニンが気になったのですが、この04のバランスは最高でした。こちらも抜栓後2日目ですが、タンニンがこなれ、甘味と酸味と苦味のバランスとても良く、あの樽の内側をかじったような余韻も長く続きます。やっぱり美味い!04を1本寝かせておけばよかった…。

CRIFO AUGUSTALE 2002

こちらもつい最近飲んだプーリア州にあるクリフォというワイナリーのアウグスターレという赤ワインです。この間のは03だったのですが、お店に「02がある」というコメントをいただいたので、約束通り?、開けて頂きました!こちらは03と比べると熟成感が若干あり、枯れた感じがより強く出ていました。03はコーヒーのニュアンスがあったのですが、02は薄目のアイスコーヒーに紅茶が混ざっているような印象です(実際に混ぜたことはないのですが…)。やはり薄すぎず濃すぎず絶妙のバランスで美味しかったです。

写真にはないのですが、Tenuta di Ghizzano iL GHiZZANO 2006を味見させてもらいまいた。04で強く感じたオイルにヨードの鉱石系の香りはおとなしくなっていました。これなら私もいけます。コルクがオレンジのシリコンじゃなく、普通になっていました。評判悪かったのかな?


お店にいらした常連さん方もとても素晴らし方々で、おかげさまで楽しい時間を過ごすことが出来ました。なんか、こう、大人の男として勉強になる点が多くあります。いつも気をつけていることではあるのですが、良いお手本を見て「良い客になろう」という気持ちが一層強くなりました。
湧湧さん、ありがとうございました。来年もまたお邪魔しますので、色々とご指導お願いいたします。

でも、やっぱ「とりビー」うまかったっす!

|

« 北ワイン ケルナー シュール・リー 2004 | トップページ | ブルーム ロゼ »

ワイン関係イベント」カテゴリの記事

コメント

そんなすごい会だなんて・・・。
来年も宜しくお願いします。

投稿: ナカツカ | 2008年12月23日 (火) 21時38分

こちらこそ ありがとうございました!

良いお客様が良いお客様をひきつけて下さる・・ ありがたい事です。

CRIFOは落ちるのが早かったです(-_-;)

当店の 「とりビー」 は一押しです!
日本初、しかも千代田区では当店だけのサーバーです (*^^)v

来年もアマさんのブログを参考にさせて頂きます。
どうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: 湧 湧 | 2008年12月24日 (水) 16時44分

ナカツカ様

お世話になっております。実際私には楽しく凄すぎる会ですよ!こちらこそ来年もよろしくお願いします!


湧湧様

楽しい時間、空間をありがとうございました!とりビーは本当に美味しかったです。
参考だなんて、とんでもないです。こちらこそ色々教えて下さい。
また来年もお邪魔します!

投稿: アマ | 2008年12月24日 (水) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/26428728

この記事へのトラックバック一覧です: Bon Vivant訪問 2:

« 北ワイン ケルナー シュール・リー 2004 | トップページ | ブルーム ロゼ »