« ニセコ高原 白ぶどう酒 熟成辛口 | トップページ | Bon Vivant訪問 2 »

2008年12月22日 (月)

北ワイン ケルナー シュール・リー 2004

2週連続で「機内でワイン!」です。ここまでやると、さすがに自分でも呆れます(苦笑)。でも今年最後です。
さて、今回も千歳空港の地元、グレイス千歳ワイナリーのワインです。千歳ワイナリーの白は余市産ケルナーが主力です。評価も高く、これは国産ワインコンクール銀賞受賞です。この日は一人だったためハーフにしました。
今回のフライトは結構揺れたので、酔いの廻りもなかなかでした。
04








産地:北海道 余市町

ブドウ:ケルナー

色:やや黄色が強い薄い黄緑色

香り:アルコール(カップが小さかったのでよくわかりません)

味:完熟したケルナーを彷彿させるしっかりとした果実味に、熟成で丸くなった酸味がうまく絡み合い、口に含んだ瞬間は「おっ、いいじゃん」と思ったのですが、それもつかの間。中盤から甘味が強くなり、その後苦味も強調されるようになりました。余韻は薄く苦味が比較的長く続きます。甘苦くちょっと私にはつらいものがありました。アルコール感はしっかりあるので、リキュールのような感じです。古酒が好きな方にはいいかもしれません。チーズがあって助かりました。

値段:確か1500円前後

ハーフということもあり、予想以上に熟成感がありました。私はあまり熟成させた白は好みではありませんので、ちょっと苦手なタイプで、飲み頃は過ぎているような気がします。
今回のチーズは「べつかいチーズ」のストリングタイプです。チーズも素人な私にはこういうプロセスチーズが一番ワインに合わせやすいと思っています。

贅沢な悩みかもしれませんが、やっぱりハーフの種類がもっとあるといいです。特に赤。千歳空港の酒屋さんには選択肢が十勝ワイン清見、セイオロサム、月浦ドルンしかありません。北海道ワインやふらのワインももうちょっとハーフを造ってくれたら私個人としてはありがたいんですが。でも、まぁ、私のような人は少ないでしょうから、これでよしとしないといけませんね。

来年ももちろん持ち込みます!

|

« ニセコ高原 白ぶどう酒 熟成辛口 | トップページ | Bon Vivant訪問 2 »

北海道(その他)」カテゴリの記事

機内でワイン!」カテゴリの記事

コメント

機内でワイン!今年最終でしたか^^
やはり揺れが伴うと、酔いもまわるんですね。
やっぱり私にはマネできなさそうです^^;
ですので、いつも羨ましく思いながら、
こちらの企画をいつも読ませていただきますー!

千歳ワイナリーさんのケルナー2004、
かなりの熟成具合だったんですね。
2003がうちにあるので、
早めに飲まなくちゃいけませんね^^;

投稿: よし | 2008年12月23日 (火) 17時31分

出張お疲れ様でした。
来年最初の「機内でワイン!」では、何を選ばれるでしょうか。少し立派なカップをプレゼントしますね(笑)

投稿: 副部長 | 2008年12月23日 (火) 22時44分

よし様

いやいや、よしさんなら大丈夫ですよ!
おそらくハーフだったからだと思いますよ。


副部長様

何にしようか悩みますね。立派なカップ、楽しみにしてます!

投稿: アマ | 2008年12月24日 (水) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/26415258

この記事へのトラックバック一覧です: 北ワイン ケルナー シュール・リー 2004:

« ニセコ高原 白ぶどう酒 熟成辛口 | トップページ | Bon Vivant訪問 2 »