« 第39回 山本会 | トップページ | ALDENO TEROLDEGO Novello 2008 »

2008年11月13日 (木)

ZUANI vigne 2005

私の大好きな札幌のリストランテ、カプリカプリでいただいたワインです。ツアーニというワイナリーのヴィーニェという白ワインです。このワイナリーはワイナート9月号でも紹介されています。面白いのは単一品種のワインが多いフリウリにあって、あえてブレンドしか造っていないところ。その哲学を味わってみたくて飲んでみました。
Zuani_vigne05







産地:イタリア フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州 サン・フロリアーノ

輸入元:飯田

ブドウ:フリウラーノ、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・グリージョ それぞれ25%

色:やや黄色が強い黄金色

香り:ハーブや青草のようなグリーン系、若干フルーツ

味:ちょっと開くのに時間がかかりましたが、15分程度で果実味全開です。最初にほのかに甘味を感じます。そこからどんどん膨らみ、後半でしっかりとした酸味と混ざり合い、アクセントとしてちょっと苦味も加わります。後半から飲み込んだ後の味わいが実に美味しいです。ダシ系のうまみを感じ、余韻も長いです。この時いただいた牡蠣やシシャモとの相性は抜群でした!

値段:実売で2500円位

美味しかったです。ワイナートにも書いてありましたが、なんとなくソーヴィニヨン・ブランが強い感じがします。料理との相性も良く、楽しめました。
ワインとはその土地を表現するものであって、その方法は単一でもブレンドでも、どちらでもいいと思います。このワイナリーはあえてブレンドだけで表現し、それによって実に上手く仕上げたなぁと思います。
「ブレンドワインなんて…」とフリウリでもやっぱり批判されるのかなぁ?

|

« 第39回 山本会 | トップページ | ALDENO TEROLDEGO Novello 2008 »

イタリア(フリウリ)」カテゴリの記事

コメント

このワインは清涼感があり、すっきり飲めますね。余韻も長く続き、ふくよかさも感じました。食事をじゃませず、それでいてワインのおいしさもしっかり伝えてくれる優等生!おいしいワインでした。ブレンドワインの持つ力や魅力を教えてくれる一本ではないでしょうか。
ラベルがコルクボードのような模様でおしゃれなのも気に入りました。
ワインは飽きることがないですね。次は、どんなワインに出会えるでしょうかconfident

投稿: 副部長 | 2008年11月14日 (金) 00時12分

副部長様

美味しかったですね。シンプルなラベル、私も気に入りました。こういう考えのワイナリーが北海道にも現れてくれると面白いと思うんですけどねぇ…。

投稿: アマ | 2008年11月14日 (金) 06時23分

先日はご来店ありがとうございました!
他と違ったことすると「出るくいは打たれる」
のは日本が特に顕著なのでは・・・?
でも実際に聞いてみたいですよね。

投稿: CCまだーむ | 2008年11月14日 (金) 16時30分

CCまだーむ様

いつもながら美味しいお料理とワインをありがとうございました!
おっしゃる通り、そうかもしれませんね。今度川頭さんに聞いてみます。

投稿: アマ | 2008年11月15日 (土) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/25302216

この記事へのトラックバック一覧です: ZUANI vigne 2005:

« 第39回 山本会 | トップページ | ALDENO TEROLDEGO Novello 2008 »