« おたる初しぼり ミュラー・トゥルガウ 2008 | トップページ | 北海道17ワイナリー ワインフェスティバル 2008 »

2008年11月21日 (金)

オススメ!イタリアワインの会 Part3

「ワインと食事を楽しむ会in札幌」主催で、コルクの気持ちの店長厳選オススメのイタリアワインを楽しむ会の第3弾!ヌーボ解禁日だというのに、イタリアワインで盛り上がりました!今回のテーマはサルディニア!シチリアの北、コルシカ島のすぐ南に位置するリゾート・アイランドです。ここは私の中ではなんといってもヴェルメンティーノ!トスカーナでも栽培されていますが、こちらの方がフルーティーで、酸とミネラルがしっかりしているので私は大好きです。もちろん今回のラインナップにもあります。

会場は何度か(も)お世話になっている、ススキノの老舗イタリアワインバー「uva(ウーヴァ)」さんです。
参加メンバーは8名。
そして開けたワインは8本です。
Photo





①PIERO MANCINI VERMENTINO DI GALLURA 2007
Piero_mancini_vermentino_di_gallura
サルディニアで唯一のDOCG、ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラです。これより下のクラスはヴェルメンティーノ・ディ・サルディニアという名称になります。ヴェルメンティーノという品種は他にトスカーナやリグーリアの推奨品種として広く栽培されています。ガッルーラ地区で栽培されたヴェルメンティーノのみで造られるワインだけがこのヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラを名乗れます。ピエロマンチーニ社はガッルーラ地区の最大手でコストパフォーマンスの高いワインを生産しています。豊かな果実味としっかりとしたミネラル、キリッとした酸味のバランスがとても良く、イタリア白では私の中で上位に入るワインです。今回はアサリを蒸したお料理と一緒にいただきましたが、最高!でした。やっぱり美味い!品種:ヴェルメンティーノ



②SELLA & MOSCA TERRE BIANCHE 2007
Sellamosca_terre_bianche07



エンジニアのセッラさんと弁護士のモスカさんの二人が創設した老舗ワイナリーです。トルバートという品種のワインですが、このブドウはスペインから伝わったとされ、現在サルディニアで栽培しているのはこのワイナリーだけです。ちなみにトッレ・ビアンケとは「白い大地」を意味し、サルディニアが石灰質土壌で畑が白く見えることからその名が付いたそうです。初めて口にする品種ですが、桃の香りがまずします。ですが香りほど甘味はなく、しっかりとした酸味がずーっと平坦に続き、少しずつ苦味が混ざってきます。甘さはほんのり程度で、白い大地らしくミネラル感は強いです。余韻はちょっと短めです。メリハリに欠けますが、なかなか美味しかったです。
品種:トルバート



③PALA ENTEMARI 2005
Pala_entemari05

島の南に位置するパーラというワイナリーのエンテマーリというワインです。このワイナリーはブドウ栽培の歴史は50年ほどありますが、15年くらい前からほとんどを土着品種に植え替えたそうです。ですので、樹齢はまだ若い方ですが、近年注目されているワイナリーです。果汁の一部はフレンチ・オーク・バリックを使って発酵させています。ヴァニラの香りがし、しっかりとした果実の甘味の後丸い酸味とおとなしめの苦味が続きます。ボリューム感があり、飲み込むと桃の香りが鼻から抜けます。余韻も長いです。やはりこれもミネラル感がしっかりしています。なかなかの味わいです。
品種:ヴェルメンティーノ 40%、シャルドネ 40%、マルヴァージア・サルダ 20%



④PALA ELIMA 2005
Pala_elima05

同じく、パーラのエリマという赤ワインです。モニカという土着のブドウをステンレスタンクで発酵、セメントタンクで6ヶ月熟成させたワインです。香りは赤いベリー系にハーブ(種類はわかりません)が 混ざっています。果実味豊かで、後半で程よい酸味がきます。タンニンは強くもなく、弱くもないですが、かなり粗いです。飲み込んでからは梅しそのニュアンスもあり、余韻はそこそこです。フレッシュな感じの素朴な赤ワインです。
品種:モニカ 90%、その他の土着品種 10%



⑤PIERO MANCINI CAUNNONAU DI SARDEGNA 2005
Piero_mancini_caunnonau_di_sardegna
こちらはピエロマンチーニ社のカンノナウ・ディ・サルディニアです。カンノナウはこの島で最もポピュラーな赤ワイン用品種で、スペインから持ち込まれたとのことです。ちなみにフランスのグルナッシュと同じ品種です。このカンノナウ・ディ・サルディニアはおそらくサルディニアの全ワイナリーで生産されており、樽を使ったり使わなかったりと、ワイナリーの個性を強く反映するワインです。これはオークの大樽で4ヶ月熟成させています。 スパイシーで、薬草系の香りの中にベリーの甘さも少し漂います。最初から梅しそで甘味はほんのり程度です。タンニンは中程度ですが、やはり粗く、ざらつきます。ほんのり樽が香り、余韻は長いです。ミディアムボディで独特の味わいです。
品種:カンノナウ



⑥CANTINA GALLURA KARANA 2006
Cantina_gallura_karana06_3    
カンティーナ・ガッルーラというガッルーラ地区にある協同組合です。ここはカナイリというヴェルメンティーノが有名で、ピエロマンチーニとはまた違ったボディ豊かな美味しいヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラを造ります。今回はカラナというネッビオーロのワインです。サルディニアにもネッビオーロが植えてられていたとは、今回初めて知りました。その昔サルディニア王国はピエモンテを支配していたため、ネッビオーロを持ち帰って植えたそうです。香りはプラムの中にタバコを感じ、ネッビオーロらしさを垣間見ることは出来ますが、味わいは全く別。しっかりとした果実味で甘味が強く、でも酸味は強くなく程よい感じです。苦味はほんのり程度でミネラル感が強く固い印象です。ランゲ・ネッビオーロより、味わいだけならタウラージの方が近いかもしれません。
品種:ネッビオーロ



⑦SARDUS PATER KANAI 2003
Sardus_pater_kanai03_2

サルディニアの南西に浮かぶサンタンティオコにあるサルドュス・パーテルというワイナリーのカナイというワインです。この島では古くからカリニャーノが栽培されており、ここのワイナリーで造られるワインはほとんどがこのブドウのものです。これも初めて飲む品種ですが、香りを嗅いでびっくり。花に鉄、黒いベリーと、まるでサンジョヴェーゼを思わせます。味わいは異なり、初めから梅しそ系で、タンニンはガチガチ。余韻でもざらつきます。甘味は弱く、全体的に荒々しいワインです。
品種:カリニャーノ



⑧GUISEPPE GABBAS Arbeskia 2002
Guiseppe_gabbas_arbeskia02_2
ジュセッペ・ガッバスというオーナーのワイナリーです。小さなワイナリーですが、こだわりは強く、「職人の魂が生きているワイナリー」と評されています。栽培している品種はカンノナウが主ですが、メルロー、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨンといった国際品種も植えています。濃いワイン造りを目指しているそうで、その通り、色味は濃いです。香りはカシスにタバコのニュアンスです。口に含むとまずカカオのような苦味に続いて、しっかりとした甘味、程よい酸味がきます。ミネラル感が強く、タンニンはそこそここなれていて滑らかです。若干青草のニュアンスもあります。余韻では樽が香り、薄く長く続きます。なんとなくボルドーっぽいです。
品種:カンノナウ 50%、カベルネ・ソーヴィニヨン 40%、カリニャーノ 10%



今回はシチリア同様、初めての品種が多くとても勉強になりました。ただモニカやカリニャーノに関しては、ワイナリーによっても違うとは思いますが、まだ洗練されているような印象は受けませんでした。良い意味で素朴な島のワインという感じがします。是非とも地元の料理と楽しんでみたいです。
ヴェルメンティーノやカンノナウだけではない、サルディニアの魅力を知ることができました。
エメラルドブルーの島、一度訪れてみたいです。
今回は初めてお会いした方が3名いらっしゃいました。これを機にイタリアワインに興味を持って頂けると嬉しい限りです。
主宰のヤックリュ様、uvaの村上様、ご参加された皆様、ありがとうございました!
また次回もよろしくお願いいたします!

|

« おたる初しぼり ミュラー・トゥルガウ 2008 | トップページ | 北海道17ワイナリー ワインフェスティバル 2008 »

ワイン会」カテゴリの記事

コメント

おおっ、前回よりはお口に合ったようで何よりです(^_^)/

次回も機会がありましたらがんばります!!

投稿: はやしや商店 | 2008年11月21日 (金) 20時42分

今回も盛りだくさんの内容で、
羨ましいです!!
なぜかイタリアワインの会にはなかなか縁がなく、
参加できていませんが、
アマさんの感想を読んだだけで、
勉強になります^^

梅しそのニュアンスというのが、
非常に気になりました^^

投稿: よし | 2008年11月21日 (金) 22時47分

uvaさんのお料理、こんなにたくさんいただいたのは初めてでした。サルディニアを意識したお料理の数々、土地を感じながらワインと一緒に楽しませていただきました。それから、トリッパ大会を開きたい思いがまた膨らみました。わがまま言って追加オーダーしたオムレツや詰め物パスタも大満足です。ごちそうさまでした!

ワインはいつものことながら、新しい発見だらけ。そして酔いが回りました(苦笑)
今回いちばんのお気に入りはヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ!香りも酸の効き具合も好みです。お料理との相性も抜群です。家に置いておきたい一本です。
その他も、時間をおくと香りが開いてきたり、自分なりではありますが変化も感じることができました。

次はどの土地を感じる会になるでしょうか。期待しています!ありがとうございました。

投稿: 副部長 | 2008年11月21日 (金) 23時36分

はやしや商店様

いつも大変お世話になっております。久しぶりのコメントありがとうございます(笑)。サルディニアのワインは、身構えず気楽に飲めるワインが多いですね。また次回もよろしくお願いします!

よし様

是非機会がありましたら、参加して下さいね!ハーブの香りと酸が綺麗に溶け込んだ果実味が合わさって、梅しそのようなニュアンスに感じるのですが、果実味の薄い道産ワインにはなかなかないですね。私的には褒め言葉なんですが、人によってはこれが苦手なような人もいるようです。

副部長様

お疲れ様でした。
やはりここのトリッパは美味しいですね。
サルディニアの料理ではありませんが、カンノナウとの相性も良かったです。
ピエロマンチーニのヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラを気に入っていただけて良かったです!帰省された際には是非牡蠣とあわせてみて下さい。

投稿: アマ | 2008年11月22日 (土) 16時14分

羨ましいです!
サルディーニャワイン会!
モニカというのは気になりますね。
お値段によっては個人的に購入してみようと思います。
パート4はドコでしょうかねぇ・・・。
次回はぜひ参加したいです!

投稿: えび子 | 2008年11月23日 (日) 01時57分

えび子様

今回もお会いできず残念でした。
パーラのエリマは2000円しませんよ!是非お試し下さい。コテコテの肉料理には負けそうですが、トマトソース系の料理にあうと思います。
次回は是非!

投稿: アマ | 2008年11月23日 (日) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/25541531

この記事へのトラックバック一覧です: オススメ!イタリアワインの会 Part3:

« おたる初しぼり ミュラー・トゥルガウ 2008 | トップページ | 北海道17ワイナリー ワインフェスティバル 2008 »