« ZUANI vigne 2005 | トップページ | Gualdo del Re Eliseo rosso 2006 »

2008年11月16日 (日)

ALDENO TEROLDEGO Novello 2008

どこもかしこも街中ボジョレー・ヌーボーのポスターだらけですね。すでに6日にイタリアのヌーボ、ノヴェッロは解禁になっています。私はあのセメダイン香が苦手なので、好んで飲むことはないのですが、いつもお世話になっているはやしや商店の店長が1本とっておいてくれたので、飲んでみました。カンティーナ・アルデーノのテロルデゴというブドウの新酒です。このワイナリーはカテゴリーはアルトアディジェにしていますが、正確にはトレンティーノ・アルトアディジェ州のトレンティーノ側にあります。テロルデゴはこの土地の土着品種でノヴェッロはもともとこのブドウで造られたのが始まりとされています。まさに元祖ノヴェッロ!その味を確かめてみました。
Aldeno_teroldego_novello08







産地:イタリア トレンティーノ・アルトアディジェ州 アルデーノ

輸入元:アビコ

色:濃いガーネット

香り:セメダイン香、ブルーベリー、カシス

味:口に含むとやはりセメダイン香が鼻につきますが、強い方ではありません。味はとにかく甘いです。かなり濃い果実味です。酸味が弱く、ほろ苦いです。タンニンはさほど強くはありませんが、滑らかです。テロルデゴの特徴を知らないのでなんとも言えませんが、味わいだけで評価したら、これは過熟したブドウを使っている印象です。今年のアルデーノは暑かったのでしょうか?甘味が強すぎて飲み切れませんでした。

値段:約3000円

実は値段を知らないで頂いたのですが、正直、これだけの金額を支払って飲むワインではないと思います。
ボジョレー・ヌーボーの騒ぎは日本だけなのはもはや知られた事実ですよね。ノヴェッロも注目されるのは嬉しいことですが、同じように高い値が付けられるのは許せません。
ちなみにイタリア・ジャーナリスト・エージェンシーによると、イタリアで4割の人が1年に1本買い、でも4割の人が地域独特の特徴を表現できないと思っているようです。やっぱりお祭り用のワインですね。

|

« ZUANI vigne 2005 | トップページ | Gualdo del Re Eliseo rosso 2006 »

イタリア(アルトアディジェ)」カテゴリの記事

コメント

おっしゃるとおり、
ボジョレー・ヌーボーにしても、ノヴェッロにしても、
高すぎですよね。
現地だと何百円とかで売られているんですもんね。
といいながら、私もお祭り好きなので、
ノヴェッロは先日ワイン会でいただき、
ボジョレー・ヌーボーも1本買う予定です^^;

でも私には、1000円台の国産ワインのヌーボーのほうが、
ずっとコスパが良くて、価値が高いです^^;

投稿: よし | 2008年11月16日 (日) 13時39分

よし様

ヌーボはいわば収穫祭のようなものですよね。
住んでいる土地の、その年のブドウの収穫を祝うためのお酒ですから、我々は道産ヌーボで祝いましょう!

投稿: アマ | 2008年11月16日 (日) 13時53分

ノヴェッロ、結構なお値段がするんですね。

北海道では、間もなく十勝ワインヌーボが発売になりますね!
今年も十勝ワインバイザーが新たに38名誕生しました。女性が少ないのが気になりますが…
十勝ワインバイザーとしては、両方のお祝いで十勝ワインヌーボを開けたいと思います。

ノヴェッロは…、今年はお休みにしようかな(苦笑)

投稿: 副部長 | 2008年11月17日 (月) 23時45分

副部長様

と言いながらも、既にノヴェッロを飲んでいるのは知っていますよ!
十勝ワインのヌーボは正真正銘MC法を使っている本物の?ヌーボですので、道産ヌーボの中でもこれはやはり別格ですね。ブドウの出来はとても良いと聞いているので楽しみです。

投稿: アマ | 2008年11月18日 (火) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/25377097

この記事へのトラックバック一覧です: ALDENO TEROLDEGO Novello 2008:

« ZUANI vigne 2005 | トップページ | Gualdo del Re Eliseo rosso 2006 »