« San Fabiano Calcinaia CHIANTI CLASSICO 2005 | トップページ | 第39回 山本会 »

2008年11月 5日 (水)

北海ケルナー 2005

この間の月曜日にいつもお世話になっているNakazawa Vineyardの中澤さん宅にちょっとお呼ばれして行ってきました。その際にいただいたワインです。北海道余市産のケルナーでココ・ファーム・ワイナリーが醸造したワイン、北海ケルナーです。2006は何度か飲んでいますが、この2005は初めてです。中澤さん、貴重なワインを有り難うございました!
05






産地:北海道 余市町

ブドウ:ケルナー 100%

色:薄目のゴールド

香り:桃のキャンディー、花、若干石油

味:しっかりとした甘味を感じます。ベタッとくるのではなく、柔らかいです。その後やや強いながらも、薄目の苦味が織り込まれ、その後更に丸い酸味が全体を覆い包みます。飲み込んでから余韻にかけても甘酸っぱさが広がり、タンニンもかすかに感じます。アルコールは12.7%ですが、それ以上のアルコール感があります。余韻は薄く長く続きます。他の道産ケルナーにはないボリューム感が圧巻です。

値段:2400円(2006の希望小売価格)

実は抜栓後2日経った状態でいただきましたが、へたった感じなど全くなく、むしろ全体が柔らかい印象です。せっかくなので、少しずつ飲みながら今日(4日目)まで楽しみましたが、全然いけます。程よく酸化して、酸味の輪郭が逆にしっかりしてきました。恐るべしワインです。
甘味、アルコール感とかすかに感じるタンニンから、しっかりと熟したブドウから造られていることがよくわかります。
残念ながら、ココファーム・ワイナリーのwebでは2006は完売(お店ではまだ売っている所もあります)。2007は造られなかったので、次は2008!果たしてどうなるのか、これも楽しみです。

|

« San Fabiano Calcinaia CHIANTI CLASSICO 2005 | トップページ | 第39回 山本会 »

ココファーム」カテゴリの記事

コメント

北海ケルナー、完成度が高いのですね。
余市のブドウでこのようなワインが生まれるのですから、これからの他ワイナリーのワインも楽しみになります。
日本のワインといえば北海道!!
そんな日がだんだん近づいているのかなと、期待しながらコメント拝見しました。生まれ育ったこの大地。変わらず応援していきます。

投稿: 副部長 | 2008年11月 5日 (水) 23時52分

北海ケルナーの2005年ヴィンテージとは
本当に貴重ですねー^^
抜栓4日目でもぜんぜん大丈夫だなんて、
ココファームさんのワインは本当にすごいですね!
その原料が北海道なのは、自慢したいところですが、
北海道のワイナリーではないのがちょっぴり残念です。
北海道のワイナリー!頑張れー!!

でも、こうして北海道のブドウの良さを知って
醸造するワイナリーが全国に増えてくれて、
道民としてはやっぱりうれしいです!

投稿: よし | 2008年11月 6日 (木) 10時31分

懐かしいです。このワイン(2005)は両親に送ったのですが、ベタ褒めしてました。昔の訪問記
 http://d.hatena.ne.jp/okkuu-daaman/20060803/p1
に書いた雑誌の記事の裏話を思い出しました。「北海ケルナー」を悪くいう人はどうかしています。(笑)

余談ですが、評価が思いっきり分かれた方の「ミスター・ブラウン」は「甲州F.O.S.」と名を変えて毎年発売されてます。ココさんのサイトに書いてあるように「“常識破り”に興味のある方、冒険したい方」向きですが、(道産ではありませんが)こちらもハマると病みつきになります。

小生のささやかな希望ですが、中澤さんのピノ・グリの栽培が軌道に乗って収量が増えた暁には「甲州F.O.S.」のような皮と共に発酵させた「グリのF.O.S.」が出たらと願ってます。

投稿: おっくー | 2008年11月 6日 (木) 21時45分

 こんばんは。北海ケルナーの2006はたぶん、ロビンソンの地下の「グランヴァンセラー」にはまだあると思います。先日、クリサワブランと迷って、結局、クリサワにしたばかりなので。
 

投稿: キャンティファーム | 2008年11月 6日 (木) 21時58分

副部長様

かなりの完成度だと思います。甘味を感じる中口ですが、とても厚みがありバランスの良いケルナーです。06は05より落ちるとの評価のようですが、次回の会で是非試してみましょう。


よし様

余市は今や日本を代表する産地ですね。
ココ以外にも新しく余市のブドウを使うワイナリーも出てきましたから、益々評価は上がるでしょう。
ただ、人気に甘んじることなく、きちんと質は保って欲しいですね。大丈夫だと思いますけど。


おっくー様

北海ケルナーの06はまたちょっと05と違うようですが、今度飲む機会がありますので、またご報告いたします。
「甲州F.O.S」は試飲しましたよ!独特の味わいですね。ピノグリも将来的にはあるかもしれません。イタリアのフリウリでも流行ってますし。


キャンティ・ファーム様

情報ありがとうございます。私もすでに仕入れてあります。近々面白い会を開きますので、後日ご案内させていただきます!

投稿: アマ | 2008年11月 7日 (金) 23時39分

その面白い会の案内を載せたいので、興味を引くようなお誘い文を書いて頂けませんかね( ^ω^ )

「ケルナー&ゲヴュルツ道産No1決定戦」だけじゃ、言葉が足りません(笑)

投稿: ヤックリュ | 2008年11月 8日 (土) 18時51分

ヤックリュ様

すみません、その件は別なところで。
ちょっとお時間下さい。

投稿: アマ | 2008年11月 9日 (日) 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/25057229

この記事へのトラックバック一覧です: 北海ケルナー 2005:

« San Fabiano Calcinaia CHIANTI CLASSICO 2005 | トップページ | 第39回 山本会 »