« セイオロサム 2004(ハーフ) | トップページ | FATTORIA CIGLIANO SUGANELLA 1998 »

2008年10月27日 (月)

ココ・ファーム・ワイナリー 訪問 秋

私がいつもお世話になっているNakazawa Vineyardのブドウや余市のブドウで美味しワインを造ってくれている、栃木のココ・ファーム・ワイナリーに行ってきました。前回は酷暑の8月にお邪魔しましたが、今回は仕込みで忙しいこの時期をあえて狙って行ってきました。うまくタイミングがあえば中澤さんと合流できたのですが、今回はブドウの収穫時期と重なり断念。でもとても充実した訪問でした。
出張先の浅草から、東武の特急りょうもうに乗ること1時間ちょっと。足利で下車します。そこからワイナリーまではタクシーを使います。15分ほどで到着します。
Photo_7




まず店内に入り、奥のセラーを確認するとKurisawa Blanc2007がこのようにライティングされて売られています。これだけでこのワインが別格だというのがわかります。
Kurisawablanc07_2




前回と同様に500円を支払ってテイスティングをしました。5種のワインが飲めます。担当の方と楽しい会話がはずみ、その後お店の下にある作業場へ。
そこでまず目にしたのがこれです。
Photo_8




その日作業をしているブドウを「今日のおすすめ」として紹介しているのです。この憎らしい演出にちょっと笑ってしまいました。ちなみにこの日は山形のカベルネ・ソーヴィニヨンで、隣にブドウも置いてあり味見が出来るようになっていました。果皮がとても肉厚で甘味の乗った美味しいブドウでした。
ふっと横に視線を移動させると、近くにこんなものが落ちていました。
Photo_9




おそらく前々日だと思うのですが、中澤さんのブドウ達を仕込んでいる時はこれがボードに貼られていたと思われます。
この時はこころみ学園の園生と醸造責任者のブルースさんがブドウの選果と桔梗破砕を行っていました。見た目と香りで瞬時に選果する様子はとても驚きました。まさにプロの仕事です。
しばらく見させてもらった後、カフェでランチをいただきました。
Photo_10




デッキランチ(1000円)とあわせたワインはもちろん、Kurisawa Blanc  2007です!以前畑のある中澤さんのご自宅でも飲ませていただきましたが、造られている場所で飲むワインもまた最高!ソーセージ+ザワークラフト+サラダ+パンというワンブレートのランチでしたが、とにかくワインとソーセージとザワークラフトとの相性は素晴らしかったです。優雅なお昼の一時を楽しみました。
楽しみはこれだけではありません。
中澤さんがブルースさんに連絡を取ってくれ、ちょうどランチタイムにわざわざ我々の所に来てくれたのです。
そこではココ・ファーム・ワイナリーの今後や、ブルースさんの今後についても少々教えて頂きました。
そしてさらに!中澤さんのピノ・グリのジュースも飲ませていただきました。
Photo_11







見事なピンク色です。昨年は中澤さん宅で飲ませていただいていますが、今回は昨年と比べ香りの青臭さが少なく、とても甘味がのっている印象です。酸もしっかりしていますが、トゲトゲしさはありません。とてつもなく美味しいジュースです。果たしてこれがどのようなワインに変貌するのか楽しみです。

今回もとても充実した訪問でした。
1本のワインが繋ぐ縁、とてもありがたいです。
今年はブドウの収量が少なく、Kurisawa Blanc2008が果たしてどうなるのか一抹の不安はありますが、あとは祈るだけです。

この度は本当に中澤さんにはお世話になり、ありがとうございました。

|

« セイオロサム 2004(ハーフ) | トップページ | FATTORIA CIGLIANO SUGANELLA 1998 »

ワイナリー訪問」カテゴリの記事

コメント

ココファームさんの詳細なレポ、
とても楽しく読ませていただきました!
ピノ・グリのジュースとても美味しそうですね!!

アマさんおっしゃるとおり、
来年のKurisawa Blanc2008が
どんな風になるのか、気になりますが、
素晴らしいものになるようお祈りしたいと思います^^

投稿: よし | 2008年10月28日 (火) 20時44分

こんばんは。ココファームに行って来られたんですね。中澤さんのピノグリ、見事なピンク色。コレは本当、ワインになるのが楽しみです。
 ブルースさんの今後もとても気になりますね。
30日に某uhbで中澤さんのワインが紹介されるとか。これも見なくては。

投稿: キャンティファーム | 2008年10月28日 (火) 21時36分

よし様

いえいえ、お伝えしたい事は山ほどあるのですが、なかなか表現できずもどかしい思いをしております。
Kurisawa Blanc08の質は心配していないのですが、生産本数が…。本当に幻のワインになってしまうのではないかと心配しております。


キャンティファーム様

ピノ・グリのジュース、本当に美味しかったです。絶対美味しいワインになるはずです!
ブルースさんからはとても興味深いお話が聞けましたよ!これはいずれどこかでお話したいですね。

投稿: アマ | 2008年10月28日 (火) 22時11分

出張のたび、ココファームさんを訪ねたくなる衝動にかられそうです。

試飲コーナーでいただいた「ノートン」というブドウ品種のワインがとても印象的でした。力強い酸味が十勝ワインを彷彿させます。とっても気に入りました!

ブルースさんとお話しする機会をいただけたことにも、心から感謝申し上げます。中澤さんありがとうございました。ワインの話題は勿論、生まれた土地北海道を愛する気持ちを思い出させていただきました。こころみ学園の本も購入したのですが、そちらにブルースさんの写真を見つけました!またお会いできることを願っています。

中澤さんのピノグリジュース、これジュースとして商品化していただけないでしょうか(勝手をいってごめんなさい)。ワインになる前の段階を口にしたのは今回初めてです。こんなに美味しいジュースがあって、美味しいワインが生まれるんですね。感激です。

盛りだくさんのココファーム訪問でした。しばらく余韻に浸って暮らせそうです。次はどの季節に伺えるかな~。順調に発酵が進むことを願いつつ、新ビンテージ誕生を待ちたいと思います。

投稿: 副部長 | 2008年10月28日 (火) 23時43分

副部長様

お疲れ様でした。
ピノグリジュースの商品化は、ダメです!
ワインになる分が減ってしまうので。

投稿: アマ | 2008年10月29日 (水) 17時29分

↑アマさんの仰る通り!(笑)

そうそう、ワイナリーのグロワーズクラブに小生は入っていて、定期的にお便り頂いていますが、今年はココファームさん開墾50周年なんですよ。
この園長先生が筋金入りの人だからこそ、ワイナリーが今ここにあるのだと小生はつくづく感じてます。

常識にとらわれないDo it yourself精神(他の日本のワイナリーが出来ないことに果敢にチャレンジしてます)で“栗沢”だけでなく他にも優れたワインを産み出しています。長い目で見守っていきたいです。

投稿: おっくー | 2008年10月29日 (水) 20時04分

おっくー様

ありがとうございます。
知的障害者の就労支援という事で私の本職とも少なからずリンクしていますので、造られるワインのことだけではなく、他にも多くのことを考えさせられます。
一つのあるべき形として、私も長く見守っていきたいと思います。

投稿: アマ | 2008年10月30日 (木) 21時35分

ココ・ファームさんの「こころみ学園」のお話は
前からとっても素敵だなぁ~と思ってました。
小さい頃、私達の学校は障害者の方と同じ教室で学ぶ。。。という事が出来て。。。
それが、大人になってからもいろいろな事で
助けられたり、優しくなれたりしている気がします。
中澤さんの収穫の時のあの「悲しげな顔」が忘れられません。。。
でも、おいしいワインを造っているあの真っ直ぐな姿勢がとっても好きです!
ココさんの収穫祭が楽しみです!!
ブルースさんの感想も聞いてみたいですねぇ~

投稿: あ~ちゃん | 2008年11月 2日 (日) 10時07分

あ~ちゃん様

与えられた仕事をきちんとこなす、当たり前のようでなかなか出来ていない人が多い中、園生は本当にプロだと思います。頭が下がります。
中澤さんから教えてもらったのですがブルースさん曰くピノグリは去年の方がいいそうです。あ~ちゃんさんが収穫したシルヴァーナはいままで一番の出来だそうですよ!
これはますます楽しみです!

投稿: アマ | 2008年11月 2日 (日) 16時56分

造られている場所でワインを飲むなんて贅沢ですね!
私も着いて行きたかったです(笑)
ピノグリジュースも飲んでみたいです。

投稿: イタリア人 | 2008年11月 2日 (日) 20時15分

イタリア人様

ありがとうございます。
本当はイタリアでもやりたいんですけどね。
なかなか出来ないので、道産はできるだけその土地に足を運ぶようにしています。
ピノグリジュースは美味しかったですよ!
お世話になっている方々のお力で、このような滅多にない機会を提供いただけた事に本当に感謝しています。

投稿: アマ | 2008年11月 2日 (日) 20時57分

こんばんは。はじめまして!名前の通りSaarのRieslingが大好きな(ブルゴーニュも少々飲みますが)者です。実はCOCO FARMは地元のほうでして我が郷土の誇りであります。これからも是非COCO FARMをご贔屓頂ければ嬉しいです。今年の収穫祭は皆様参加されましたか?

投稿: Saar Weinen | 2008年11月30日 (日) 21時02分

Saar Weinen様

はじめまして!お越しいただき有り難うございます。
収穫祭は残念ながら参加できませんでしたが、ワイン仲間の方が行かれて「とてもよかった」と聞いています。来年は出張の日程とあえば是非参加したいです。ココファームは私の中ではとても大きな影響を受けた場所の一つです。いつかゆっくりと足利散策もしてみたいです。今後ともよろしくお願いします。

投稿: アマ | 2008年11月30日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/24794356

この記事へのトラックバック一覧です: ココ・ファーム・ワイナリー 訪問 秋:

« セイオロサム 2004(ハーフ) | トップページ | FATTORIA CIGLIANO SUGANELLA 1998 »