« 鶴沼バッカス 2006 | トップページ | セイオロサム 2004(ハーフ) »

2008年10月26日 (日)

道産酒場

出張で飛行機に乗るとき、その日仕事がなければ、大抵機内にワインを持ち込みます。その時お世話になるのが、新千歳空港にある「北海道百貨リカーショップ」です。
Photo




道産ワインのラインナップがとても充実しています。 そして、なんと、その隣に今年9月「道産酒場」がオープンしました。
Photo_2




リカーショップで売っているお酒が、このお店でグラスで飲めます。

ほとんどの道内ワイナリーの代表的なワインが飲めます。これだけの種類をグラスで飲めるのは札幌市内でもみたことがありません。
Photo_4




こんな魅力的なお店を、素通りすることは出来ません。
ということで、副部長と出発前の一杯。

頼んだワインは
・アムレンシス2001(630円)
・清見2004(500円)
Photo_3




十勝ワインを代表する2種ですので、十勝ワインバイザーとしては、どっちがどの品種か当てれないといけません。
判断するポイントは
・清見の方が色は薄め
・香りは清見の方が土っぽい
・清見は2004なのでまだ酸味が強いはず
・タンニンと果実味はアムレンシスの方が豊か

そして結果は、見事に正解!
よかった、よかった。

このお店ではこんな楽しみ方もできるのです。

ちなみに道産食材を使った肴もあります。
この時は厚岸産牡蠣の甘露煮、スモークさんまを頼みましたが、両方とも清見、アムレンシスにはあいませんでした。

飛行機に、乗る前に飲むか?乗ってから飲むか?
これからは悩みそうです(そんな悩みを持つのは私だけでしょうが)

空港をご利用の際は是非こちらで道産ワインを楽しんでみて下さい!

|

« 鶴沼バッカス 2006 | トップページ | セイオロサム 2004(ハーフ) »

ワイン関係イベント」カテゴリの記事

コメント

ここ、昔「ノルディス」と名乗ってたトコロですよね?
'90年代後半に初めて北海道のワイン(十勝ワイン)を買った思い出の場所です。

今では本州でも手に入れられる(小生Blogのリンク集に載っけている近所の日本ワイン専門の酒屋さんでもボチボチ仕入れてます。)ようになった道産ワインですが、空港では必ず『白い恋人』とワインを買って両親に送っていたのが懐かしい、、、。

去年今年とお店の前通って、前より面積狭くなったなぁ〜と残念に思っていたのですが、しっかりリニューアルしてたんですね。
よかったよかった。

投稿: おっくー | 2008年10月26日 (日) 10時17分

おっくー様

>ここ、昔「ノルディス」と名乗ってたトコロですよね?

はい、その通りです。
おっしゃる通り、前より売り場面積は狭くなったみたいですが、その分ちゃんとワインを棚に陳列しているので(ライトが当たって温度上がってますが…)種類は以前より増えましたよ!
今度お越しの際には是非、隣の酒場にも寄っていって下さい。

投稿: アマ | 2008年10月26日 (日) 22時15分

道産酒場、ワインや日本酒などお酒の種類が豊富なのも魅力ですし、道産のおつまみがいただけるのも魅力ですね。
北海道へ遊びに来た方にも、搭乗ギリギリまで北海道の味覚を楽しんでいただける場所ができたのは嬉しいです。
もっとも、道産子の私も出発の際に通うこと間違いなしですけど(笑)
次は、どのくらいの頻度でワイン、ビンテージが変わるかチェックしなくては!
街中でもこんなお店ができることを願っています。

投稿: 副部長 | 2008年10月26日 (日) 22時39分

副部長様

お疲れ様でした。
時々こちらでブラインドして味を確認しないとダメですねぇ。
食べたい肴がなくちょっと残念でした。
店内は決して広くはないですから、入れないということがないように、程ほどに繁盛してくれるといいですね。

投稿: アマ | 2008年10月26日 (日) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/24753271

この記事へのトラックバック一覧です: 道産酒場:

« 鶴沼バッカス 2006 | トップページ | セイオロサム 2004(ハーフ) »