« ふらのワイン ロゼ | トップページ | 追悼 ジャンニ・マシャレッリ »

2008年8月 6日 (水)

ココ・ファーム・ワイナリー 訪問

先週末出張で都内にいました。予定より早く仕事が片づき、日曜日に副部長と「さて、今日はどうしようかなぁ?」などと考えていたら、ハッとひらめきました。
「そうだ!ココへ行こう!」
ココ・ファーム・ワイナリーは私がお世話になっている中澤さんのKurisawa Blancが造られているワイナリー。いつか訪れてみたいと思っていました。が、全く行く予定など立てておらず、本当にひらめきで行ってきました。
浅草のホテルを出て、葵丸進で天丼弁当を購入して東武りょうもうに飛び乗り、いざ足利へ!浅草から1時間ちょっとです。
足利駅からタクシーで15分ほどで到着しました。

来ました!ココ・ファーム・ワイナリーです。
Photo







どんなワイナリーか、webでは知っていたつもりでしたが、この畑は圧巻です。驚きました。南向きの山の斜面にその畑はあります。その斜度!急なスキー場のコースにブドウが植えられている感じです。

まずはワイナリーに併設のショップに入りました。
Photo_2
とても混んでいました。やはり人気があるんですね。Kurisawa Blanc 07もちゃんと売られていました。
ここでは500円でワイナリー見学が出来ます。


写真はステンレスタンクです。
Photo_3
「中澤さんのブドウはどれで仕込まれるんだろう?」と思いながら眺めていました。





そして、地下ではなく、山に横穴を掘って造られたカーヴの中へ。
Photo_4







ここでは樽が並んで眠っています。この日は34℃あったのですが、カーヴの中はとてもひんやりしていました。
Photo_5




再びショップへ戻り、今度はテイスティング。こちらも500円です。
Photo_6





飲んだのは、写真左から
①こころぜ 2006
②農民ドライ 2006
③山のシャルドネ 2006
④のぼっこ 2007
⑤モーツァルトびより赤
通常はここまでですが、特別サービス!で
⑥オーバード白 2000

①は比較的甘味抑えめでドライなロゼです。とにかく色々なブドウが使われ造り込まれています。余市のツヴァイも入っています。

②は余市のケルナーとミュラーに、山形のシャルドネをブレンドしているワイン。とても果実味豊かでかつ、シャープな酸の切れ味を感じます。

③は山形のシャルドネを使っており、60%はバリックで13ヶ月、残りはステンレスタンクです。これは美味い!びっくりしました。比べてはいけませんが、やはり北海道ワインのシャルドネがかすんでしまいます。国産シャルドネ、素晴らしいです。

④は小公子という珍しいブドウから造られています。野生酵母で低温発酵、無濾過でにごっており、「どぶろく」のイメージです。ヤクルトのような乳酸菌飲料の香りが特徴的でした。

⑤は余市のツヴァイをバリックで16ヶ月熟成させた赤ワインです。樽熟の時にモーツァルトを聞かせています。これはしっかりした造りで、「ツヴァイでもここまでやれるのか!」と感動しました。

⑥のオーバードはシャルドネ、ピノ・グリ、カリフォルニア・カーネロスというブドウ構成のワインで、40%は新樽を使っています。綺麗に熟成されていますが、さほど強い印象は残りませんでした。

テイスティングを終えた後は、隣のカフェへ。
オープンテラスのこのカフェからは山の畑が一望でき、とても素晴らしい眺めです。
Photo_7







ここでは、ぐらんのぼ1996という瓶内二次発酵の本格的スパークリングをグラスでいただきました。
Photo_8
残糖がやや多く、後半の甘味がちょっと強すぎる印象がありますが、なんせ暑かったので喉を潤すには最高でした。中心部に沸き立ち、グラスの縁へ広がっていく泡も楽しめました。昨年飲んで美味しかった北海ケルナーもグラスでいただきました。残念ながらKurisawa Blancは飲めません。

短い時間でしたが、楽しかったです。思い切って行って良かったです。
Kurisawa Blancが造られた場所を見て、ますますこのワインへの思い入れが強くなりました。

他のココのワインの実力を一部ですが知ることも出来ました。

この炎天下の中、カラスからブドウを守るため、農夫の方が一生懸命急斜面の畑でカンを叩いて鳴らし、カラスを追い払っていました。彼等は知的障害者です。ですが、プロです。そのプロの仕事を見させていただいき、それもまた感動しました。色んな意味で考えさえられ、今まで以上に応援したくなりました。
今度は秋に行ってみようと思います。

|

« ふらのワイン ロゼ | トップページ | 追悼 ジャンニ・マシャレッリ »

ワイナリー訪問」カテゴリの記事

コメント

大変な急斜面の畑で作業している方々に頭が下がる思いです。それも夏は炎天下、冬は厳冬の中、自身の仕事をきっちり行なうプロ意識。「プロの仕事」について考える大きなきっかけとなりました。もっとこのワイナリーのことがしりたい、そう思い本を買ってみようと考えています。
中澤さんの畑にお邪魔したときもそうでしたが、直接畑に出向くと普段知りえないことを多く感じることができますね。
ワインも美味しくいただきましたが、たくさんのことを考え、学んだ旅でした。

投稿: 副部長 | 2008年8月 6日 (水) 23時15分

2006年8月3日(
http://d.hatena.ne.jp/okkuu-daaman/20060803)と
2008年5月24日(
http://d.hatena.ne.jp/okkuu-daaman/20080524/p1)の2回訪れてますが、責任者のブルース氏に栽培の曽我氏、醸造の柴田氏とこのトリオがエエ味を出してます。
ブルースのおっちゃんは面白いですよ。(駄洒落かましまくって、周りの皆さん呆れてます。苦笑)

ちなみに『モーツァルトびより(2006)』ですが、小生は北島秀樹氏と、山崎ワイナリーさんのと併せて勝手に日本三大ツヴァイゲルトレーベと称してます。(笑・いずれも他のツヴァイに比べ段違いに完成度が高く、また三者三様の個性が際立ってます。)

あ、ココさん次回伺う時には小生にも声かけて下さい。都合が合えばご一緒します。

投稿: おっくー | 2008年8月 6日 (水) 23時55分

本当ならこの日、僕もココファームさんに行く予定でした。(というかお誘いを受けていました)偶然栃木でお会いするところでしたね。
山本会メンバーのうち2人が行かれていたのでもしかしたら会われたかも知れませんね。

投稿: ナカツカ | 2008年8月 7日 (木) 12時57分

こんばんわー!!
アマさん、すごい、すごいですー!!
Kurisawa Blancの第二のふるさと、
ココファームさんに行かれたんですねー!!
めちゃくちゃうらやましいですー^^
ワイナリー見学もされてきたみたいで、
うらやましい過ぎます^^;

モーツァルトびより赤、
北海道のツヴァイゲルトレーベが原料なんですね。
飲んでみたいー!
Kurisawa Blancは本数少ないので、
飲むことが出来ないのかな?

ブドウ農家さんって、
本当にやることいっぱいあるのですね。
その作業を黙々となされる方々には、
頭が下がります。
醸造家ばかりが、最近フューチャーされてますが、
縁の下の力持ち的な、ブドウ農家の方々も、
もっと脚光が当るのを期待してます。

投稿: よし | 2008年8月 7日 (木) 17時55分

副部長様
お疲れ様でした。それにしても暑かったですねぇ。プロ意識、障害者雇用、職業リハビリテーション…、決して我々の本業とワインとは無関係ではないことが実感できました。

おっくー様
今回は突然のひらめきで行ってきました。出張先の浅草から近いということがわかり、おそらくこれからも足を運ぶことになると思います。あくまでも仕事が片づいた後の余った時間での訪問になりますので、事前にお約束するのが難しいのですが、機会がありましたらご一緒しましょう。

ナカツカ様
えーーーっ!そうだったんですか?
その日は川頭さんがご自宅にいらしゃってたんですね。そちらも私的には魅力的です。
山本会、行きたいなぁ~。

よし様
とても良い場所でした。機会があれば是非行ってみて下さい。あの畑は本当に驚きます。
道産ブドウの質の高さに注目してくれているので、逆に道内のワイナリーもしっかりしないと、いずれ全部道外へブドウが持って行かれちゃうかも。そんなことはないとは思いますが、グランヴァンに売っている北海ケルナーも是非飲んでみて下さい。美味しいですよ。これ飲んだら「あっ、本当にやばいかも」と危機感を感じると思います。

投稿: アマ | 2008年8月 7日 (木) 22時02分

日曜日はすれ違いでしたねぇweep
私は、東京に帰ってきて火曜日からワイン会~山中湖~河口湖~石和~勝沼~甲府と畑の視察?に
行ってきました。
ココさんのぐらんのぼ/1996を昨日はワイン会で頂き、感激してきましたup
ワイナリーも是非行きたいです!

投稿: まっき@奥様 | 2008年8月 9日 (土) 13時57分

こんばんは。
今日、南区の仙丸に行ってきて、
無事北海ケルナー入手してきました^^
今から飲むのが楽しみです♪

ケルナーの飲み比べとかしたら、
面白そうですねー^^

投稿: よし | 2008年8月 9日 (土) 20時46分

まっき@奥様
山梨ツアーもいいですね。先日雹が降ったようですが、畑に被害がないことを祈ります。
ココも是非行ってみて下さい!

よしさま
入手しましたか!ケルナーの飲み比べ、いいですね。逆に甘味をしっかり感じるケルナーは道内では少ないですから、北海道ケルナー、サッポロワインのケルナー辛口あたりが良い勝負だと思います。

投稿: アマ | 2008年8月10日 (日) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/22828649

この記事へのトラックバック一覧です: ココ・ファーム・ワイナリー 訪問:

« ふらのワイン ロゼ | トップページ | 追悼 ジャンニ・マシャレッリ »