« SARTORI CABERNET DELLE VENEZIE 2006 | トップページ | 第2回 Capri Capriのワイン会  »

2008年8月24日 (日)

LE VELETTE ROSSO DI SPICCA 2005

ユーロ高のあおりを受けて、以前気軽に飲めていたキャンティ・クラシコも懐不景気な私にはもはや簡単には飲めなくなってしまいました。トスカーナやピエモンテなどのメジャーな産地の中で安くて安心できるデイリーを探すのもいいのですが、たまにはまだまだ注目されていない産地で美味しいワインを探すのもいいかもしれません。
という訳で、今回ご紹介するワインはウンブリア州オルヴィエートにあるテヌータ・レ・ヴェレットというワイナリーのロッソ・ディ・スピッカという赤ワインです。オルヴィエートはその名の白ワインが有名ですが、今回は季節柄赤を試してみました。購入時は品種はわからなかったのですが、価格から軽めの赤を予想していました。
Rosso_di_spicca05









産地:イタリア ウンブリア州 オルヴィエート

輸入元:モトックス

ブドウ:サンジョヴェーゼ 85%、カナイオーロ 15%

色:中心部がやや黒目のルビー

香り:ベリー、花、鉄

味:セパージュを知らなかったので、あえて知らないままで飲んでみました。香りでサンジョヴェーゼとわかり、一口含むとカステリーナあたりのキャンティ・クラシコかと思いました。これは良い意味で予想外でした。抜栓直後から果実味がしっかりしているものの、タンニンは固くガチガチで、苦味も強かったのですが、30分ほどすると、こなれてきて果糖が入ったアイスコーヒーのような味わいになりました。後半で樽香もほのかにありますが、余韻は薄く、早く消えてしまいます。私的にはもうちょっと酸が立ってくれたらよかったのですが、値段を考えるとこれはとてもコストパフォーマンスの高いサンジョベーゼだと思います。軽く冷たさを感じるくらいの温度の方が美味しいです。

値段:1447円(コルクの気持ち価格)

これは良い発見でした。最初はキャンティ・クラシコそのものです。時間が経つとちょっと違うニュアンスに変化しましたが、ウンブリアのサンジョヴェーゼもなかなかやります。
ウンブリアと聞いてもピンと来ない人も多いかもしれませんが、ペルージャなら聞いたことあるのではないでしょうか?中田ヒデがいたサッカーチームで有名ですよね。これからもまた少しずつ、安くて美味しいイタリアワインの旅をしようと思います。

|

« SARTORI CABERNET DELLE VENEZIE 2006 | トップページ | 第2回 Capri Capriのワイン会  »

イタリア(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/23207045

この記事へのトラックバック一覧です: LE VELETTE ROSSO DI SPICCA 2005:

« SARTORI CABERNET DELLE VENEZIE 2006 | トップページ | 第2回 Capri Capriのワイン会  »