« Cantina Bolzano St. Maddalena SAUVIGNON MOCK 2006 | トップページ | KURISAWA BLANC 2007 »

2008年8月11日 (月)

サッポロワイン プティ・グランポレール 北海道ミュラートュルガウ遅摘み 2007

サッポロワイン社が勝沼ワイナリーで北海道のブドウを使って造る北海道シリーズ。その新商品です。お世話になっているよしさんに教えていただきました。余市ではケルナーと並びこのミュラーも広く栽培されています。北海道ワイン社では北島さん、余市ワインにもラインアップされています。実力のある勝沼ワイナリーが仕立てた余市のミュラー、どのような味か確かめてみました。
Photo







産地:北海道 余市町

ブドウ:ミュラー・トゥルガウ 100%

色:透明に近い薄い黄緑色

香り:麹、やや味噌、グレープフルーツ

味:完熟ブドウらしく、しっかりとした強めの甘味を感じます。その後にミュラーらしいほのかな苦味が続きます。ここまでだったら、まぁ、よくある道産ミュラーなんですが、特筆すべきはその後の酸。これがなかったらただの甘口ワインなんですが、この酸が上手く全体を引き締めてくれます。ただ長くは続かず、引きがあまりにも早いのが残念。時間が経つとほんのり酸味の中に塩気のミネラルを感じ余市らしさが出てきます。きっちり冷やしてどうぞ。

値段:1517円(希望小売価格)

嫌味がない、とても美味しい甘口ミュラーです。ただ食事にあわせるとなると、ちょっと難しいかなぁ。私はワインだけで半分以上飲んじゃいました。このサッポロワインのミュラーは来年以降もリリースされるのか気になるところです。道内外を問わず、余市のブドウを使って、それぞれのワイナリーが独自色を出して、美味しいワインを造ってくれれば消費者としてはとても嬉しいことです。もちろん「負けるな!道内ワイナリー!」という気持ちはありますよ。

|

« Cantina Bolzano St. Maddalena SAUVIGNON MOCK 2006 | トップページ | KURISAWA BLANC 2007 »

サッポロワイン」カテゴリの記事

コメント

こんばんわー!
無事にサッポロワインのミュラー買うことが出来たみたいで、
安心しました^^
そして、早速レビューを書いてくださり、
とっても参考になります。
とてもおいしい甘口との事で私も飲むのが楽しみです。

最近、私も「負けるな!道内ワイナリー!」
という気持ちと共に、
北海道のブドウを使っている道外のワイナリー、
もっと広げると日本ワインを造っているワイナリーを
応援したいと思ってきています。
もちろん、第一には、「負けるな!道内ワイナリー!」
なんですけどね^^;

投稿: よし | 2008年8月11日 (月) 21時23分

よし様
情報いただきありがとうございました。
余市のブドウは素晴らしいですね。
もっと評価されてもいいと思うんですが…。
ただ値段が上がってしまっても困るので、あまり騒がれず、このままのペースで道産ワインの消費量が上がってくれたらいいなと思います。
また良い情報があったら教えて下さい。

投稿: アマ | 2008年8月12日 (火) 09時09分

サッポロワインのHPに
「このワインに合う料理 鮭のちゃんちゃん焼き、えびシュウマイ」
とありました。
道内で収穫されたブドウで作られたワインに合う料理に「鮭のちゃんちゃん焼き」が出てくるところにグッときました(笑)

投稿: 副部長 | 2008年8月18日 (月) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/22912575

この記事へのトラックバック一覧です: サッポロワイン プティ・グランポレール 北海道ミュラートュルガウ遅摘み 2007:

« Cantina Bolzano St. Maddalena SAUVIGNON MOCK 2006 | トップページ | KURISAWA BLANC 2007 »