« 清見 2003 | トップページ | Cantina d'Autore Le Vacanze Chardonnay »

2008年7月23日 (水)

余市ワイン 41

今年4月に余市ワイン工場(余市ブドウ酒醸造所)にワイン試飲施設「ヴァインレーゼ」が出来ました。それを記念して造られ、7月に発売になったミュラー・トゥルガウのブレンドワインです。41は「よいち」を数字で表した名前です。基本的に余市のミュラーは甘口に仕立てられるため、ビンテージ違いのミュラーをブレンドすることにより辛口になるように造ったそうです。甘口ワインをブレンドして辛口になるのか気になります。

41








産地:北海道 余市町

ブドウ:2003ミュラー・トゥルガウ 40%、2005ミュラー・トゥルガウ 60%

色:薄い麦わら色

香り:ぼけたリンゴ、麹

味:薄い甘味を感じ、その後徐々に苦味が強くなってきます。後半で酸味をやっと感じますが、私にはちょっと弱め。熟成というか、ぼけた感じというか枯れた感じがあります。厚みはそこそこありますが、余韻は短めです。予想通り、「辛口」ではなく「苦口」で、苦味の中に薄い甘味が混ざっている感じです。しっかり冷やせば酸が立つので美味しく感じられます。1000円以下の道産白では上出来です。

値段:920円(希望小売価格)

北海道ワイン社もそうですが、「辛口」となると、どうも苦味が強くなります。もともと酸はしっかりしているので、後は甘味をどうするかだと思うんですが、それを苦味で隠そうとしているような…。余市ワインも本当の辛口を造って欲しいです。 でも、「まぁ、そう固いことは言わずに楽しみましょう!」という道産ワインでしょうね。ビンテージ違いのブレンドを隠さず、逆にそれを前面に出した姿勢には好感が持てます。100%余市産で安心して飲める1000円以下の白ワインとしてオススメです。

|

« 清見 2003 | トップページ | Cantina d'Autore Le Vacanze Chardonnay »

北海道(その他)」カテゴリの記事

コメント

何と何をブレンドしているか、こんなにはっきり明記しているワインは珍しいのではないでしょうか。
「41」で「よいち」。
「946」で「くしろ」を思い出しました(笑)
それにしてもお手頃価格!
暑い夏にしっかり冷やして、ですね。
このラベル、エルムゴールドより好きです。

投稿: 副部長 | 2008年7月24日 (木) 00時52分

副部長様
これは美幌のスーパーで購入しました。
札幌でみかけないのに、まさか美幌にあるとは驚きました。即買いです。なにかふっきれたような潔さを余市ワインには感じます。

投稿: アマ | 2008年7月24日 (木) 21時55分

こんばんわ^^
「41」はワイナリーで買ったのですが、
まだ飲んでいませんでした^^;
早速、近々開けてみたいと思います。

今日、小樽バインに行ってきました^^
ランチもグラスワインがついて900円とお安く、
地下のセラーも見学させていただきました。
帰りにショップで試飲を楽しみ、
ワインを買ってきました。
買ったワインはもちろん、ご紹介していただいた
あのワインです^^
教えていただき、ありがとうございました!

投稿: よし | 2008年7月25日 (金) 19時27分

よし様
41の存在はよしさんのブログで知りました。こちらこそありがとうございました!
でもまさか美幌で出会えるとは思っていなかったので、幸運でした。
これこそ近所のスーパーで買えるといいのになぁと思います。

小樽バイン、タダでは帰れませんでしたね(笑)。

投稿: アマ | 2008年7月26日 (土) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/22499128

この記事へのトラックバック一覧です: 余市ワイン 41:

« 清見 2003 | トップページ | Cantina d'Autore Le Vacanze Chardonnay »