« おたる ツヴァイゲルト・レーベ | トップページ | 清見 2003 »

2008年7月21日 (月)

2002 Chardonnay 木樽熟成

この三連休、道東の実家に帰省していました。実家の最初の夜に飲んだワインがこちら。
北海道ワイン社のシャルドネです。同社のピノ・ノワールと同様商品としてはまだ試験的な段階で一般の酒屋さんでは購入できません。購入できるのは私の知る範囲では、小樽工場のワインギャラリーと鶴沼の販売所のみです。北海道ワイン社としては珍しく樽を使っています。北の大地のシャルドネ、果たしてどんな味わいなんでしょう。
2002chardonnay






産地:北海道 浦臼町 鶴沼

ブドウ:シャルドネ 100%

色:やや黄色が強い麦わら色

香り:コルク、麹

味:薄いです。熟成しているのかどうかもわからない位薄いです。シャルドネの持つ豊かな果実味は何処へ?酸はさすが、しっかりしており、樽によってその角はとても丸くなっています。評価できるのはここだけ。苦味も際だち、ブドウの未熟さが想像できます。保管状態や個体差を差し引いても、ちょっと商品としては厳しいかなぁ。

値段:2650円

私個人、「道産ワインにシャルドネはなくても…」と思っているので、厳しめに見てしまっているのかもしれませんが、それでもこの味でこの値段は高すぎです。鶴沼と同じ空知地区にある山﨑ワイナリーもシャルドネの栽培を頑張っていますので、今度そちらを飲んで道産シャルドネの評価をしてみようと思います。

|

« おたる ツヴァイゲルト・レーベ | トップページ | 清見 2003 »

北海道(北海道ワイン)」カテゴリの記事

コメント

北海道のシャルドネ初登場ですね。
北海道ワインのホームページで販売されているシャルドネ(現在2004年ビンテージ)とは別の作りになるのでしょうか。ラベルが違うんですよね。
2002年の気候はどんなだったか、もう思い出せないのも悲しいところ。お天気帳が必要になりそうです。

投稿: 副部長 | 2008年7月21日 (月) 20時39分

副部長様
ちょっと私の表現が不適切だったかもしれません。木樽熟成が限定品です。
ご指摘のシャルドネはおたるシリーズでステンレスです。鶴沼100%をうたっていないので、違う産地のものも含まれている可能性はあります。
私も天気は覚えていませんが、2002の空知はいい年だったと思います。

シャルドネ…、う~ん…。

投稿: アマ | 2008年7月21日 (月) 21時04分

こんばんわ^^
私も丁度今日、北海道ワインの工場で
工場開放イベントと蔵出し大市があったので、
行ってきました^^

こちらのシャルドネと副部長さんがおっしゃっていた
おたるシリーズのシャルドネも試飲してきたんですが、
おたるシリーズの方が、酸味は強かったですが、
香りがあったような気がしました。

売店にいらした方も、
樽熟のものよりおたるシリーズのほうを薦めていました^^;
残念ながら、どちらも私の好みではなかったので、
どっちも買わなかったんですけどね^^;

投稿: よし | 2008年7月21日 (月) 23時21分

よし様
飲まれてましたか!
貴重な情報ありがとうございました。
世に認められるには、やっぱりシャルドネが必要なんでしょうかね。

投稿: アマ | 2008年7月22日 (火) 18時33分

私は土地に合う合わないがあると思うので、
今のところはシャルドネは
無くても良いと思うんですけどね^^;

北海道ワインさんの蔵出し大市では、
初しぼりシリーズの2004年物が550円で売られていたり、
1500円以上のワインがすべて2割引だったりしていて、
大混雑でした^^

投稿: よし | 2008年7月22日 (火) 21時15分

よし様
蔵出し大市は盛況だったようですね。
初しぼりの04は私は飲んだ記憶がありません。初しぼりはフレッシュ感を味わうものなので、熟成させる意味がないと思っていたのですが違ってました。
こちら↓をご覧下さい。
http://wine-cho.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/in_nakazawa_vin_02fb.html
それにしても熟成させたワインが550円とは驚きですね。ミュラーだったら飲んでみたいなぁ。

投稿: アマ | 2008年7月22日 (火) 23時22分

私はこのラベルの2002ピノを2006の2月に飲んでいます。こちらも樽をかけていたのですが全くもって水っぽく、応援のつもりで買ったので文句はありまぜんが鶴沼でもピノはまだまだだなと思ったことを思い出しました。

投稿: ヤックリュ | 2008年7月23日 (水) 11時31分

ヤックリュ様
私も試飲して、残念な思いをしました。
千歳もそうですが、道産ピノもまだまだこれからですね。
山﨑さんのピノ05をいつ開けようか悩みます。

投稿: アマ | 2008年7月23日 (水) 21時00分

山崎さんの05は去年ワイナリーに1泊したとき、樽の底に残った瓶詰めした残りを次男さんになめさせてもらいました。
これが果実味も酸もしっかりしていて旨味も感じて美味い!
それからもう1年経っているので、飲めると思いますよ。

先週も泊まってきたので奥さんと少しお話しできたのですが、山崎さんはニュージーランド・ピノを目指しているそうなので、ニュージー・ピノとの飲み比べワイン会しましょうか?

投稿: ヤックリュ | 2008年7月24日 (木) 16時14分

ヤックリュ様
山﨑さんの原点はニュージーランドでしたね。
飲み比べ興味あります。是非!
それよりも、まずは山﨑さんの畑に行きたいです!

投稿: アマ | 2008年7月24日 (木) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/22449092

この記事へのトラックバック一覧です: 2002 Chardonnay 木樽熟成:

« おたる ツヴァイゲルト・レーベ | トップページ | 清見 2003 »