« シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2007 | トップページ | ふらのワイン(市民還元) »

2008年6月13日 (金)

TOFALLI Rubi 2006

イタリアのデイリーワインとして、間違いなく私の上位に入るワイン、トッファリのルビというワインです。去年は05にお世話になりました。今年も何度となくお世話になるでしょう。アブルッツォのワインですが、モンテプルチアーノ・ダブルッツォではなく、サンジョヴェーゼとメルローがブレンドされています。05は若干塩気が気になったのですが、果たして06の出来はどうでしょうか。
Rubi06









産地:イタリア アブルッツォ州

輸入元:モトックス

ブドウ:サンジョヴェーゼ 50%、モンテプルチアーノ 40%、メルロー 10%

色:中心部が濃いめのガーネット

香り:ブルーベリー、乳酸菌飲料(北海道だとカツゲン)

味:香りどおり、甘味をしっかり感じます。果実味は05よりあります。酸味もしっかりしておりうまく溶け込んでいます。やはり塩気も感じますが、05よりは控えめでそれより灰っぽさがあります。どちらにしてもミネラル感があります。後半でほんのり苦味とやや枯れたタンニンも感じられます。そこから余韻に向けて乳酸菌飲料の香りとともに、甘酸っぱさが細く長く続きます。

値段:1100円(希望小売価格)

いいですねぇ。05とは印象が違います。こっちの味わいの方が好きです。2日目も大丈夫です。むしろ2日目の方が少し枯れた感じがして、ちょっと高級感?が漂ってていいです。やっぱりデイリーこそ開けてから長時間もたないとダメですよね。ステンレスですが、しっかりしてるのでメインの肉料理まで行けそうな感じです。実売で1000円きりますから。これはやっぱり今年もお世話になりそうです。

|

« シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2007 | トップページ | ふらのワイン(市民還元) »

イタリア(アブルッツォ)」カテゴリの記事

コメント

05はジャミィだった記憶があり飲みきれなかった記憶があります。
06のほうが酸はあるようなので飲んでみたいと思います^^v

投稿: ヤックリュ | 2008年6月14日 (土) 15時40分

ヤックリュ様
おっしゃるとおりで、05は香りからかなりジャミィだったと思います。酸は06の方が確かに感じましたが、開けてすぐから果実味全開で甘味ドーンですので、ヤックリュさんにはちょっと辛いかもしれません。私にはカツゲン飲んでる感じで悪くはなかったんですが(笑)。
2日目以降がオススメです!

投稿: アマ | 2008年6月15日 (日) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/21606401

この記事へのトラックバック一覧です: TOFALLI Rubi 2006:

« シャトー・メルシャン 甲州きいろ香 2007 | トップページ | ふらのワイン(市民還元) »