« 余市産ピノ・ノワール鑑賞会 | トップページ | 清見 2001 »

2008年5月24日 (土)

月浦ワインリベンジ会

札幌のワイン仲間であるヤックリュさんの企画で開催されたワイン会です。なぜ「リベンジ」なのかと言いますと、月浦ワインはヤックリュさんが道産ワインで一番惚れ込んでいるワインで、前々から「一緒に飲もう!」という話しがあったんです。そこで去年11月オフ会ということでワイン会を開催し、その時月浦ドルンフェルダー97、00、01を持参してくれたのですが…。残念なことに逝ってしまってたんです。そのことをずーっとヤックリュさんは気になさってくれていて、今回そのリベンジをしようと実現したのです!
参加者は私と、副部長、ヤックリュさんのワイン仲間2名の計5名。
場所はいつも予約でいっぱいで札幌市内で超人気のイタリアン「Sagra(サグラ)」です。
このサグラでは当然イタリアワインを置いていますが、月浦ワイナリーも置いているんです。
お店の月浦に加え、各自がイタリアか道産ワインということで持ち寄りました。
Photo_2






右から、飲んだ順番です。
①月浦ワイナリー ミュラー・トゥルガウ 2006
②JERMANN SAUVIGNON 2005
③中央葡萄酒 グレイス ピノ・ノワール 2006
④Terre del Barolo Barbaresco RISERVA 1999
⑤Querciabella Palafreno 2001
⑥ANTINORI Pian dell Vigne BURUNELLO DI MONTALCINO 2001
⑦月浦ワイナリー ドルンフェルダー 2004 樽熟成

5人で合計7本!実によく飲みました。

①月浦ワイナリー ミュラー・トゥルガウ 2006
06
まずは月浦の白で乾杯!ミュラーは私の好きな品種です。2005はしっかりした酸味と豊かなボディが印象的でした。今回の2006もとても果実味豊かで、酸味は05より丸く、その分実に飲みやすいです。ボディがしっかりしており、月浦らしさを感じます。



②イエルマン・ソーヴィニヨン 2005
Jermann_sauvignon05
ヤックリュさんのお友達ご持参のワインです。イエルマンは実に久しぶり。フリウリを代表する白ワインの造り手で、ドリームスというワインで一躍有名になりました。そのベースのソーヴィニヨン・ブランです。グレープフルーツにハーブのニュアンス。こちらもとても果実味が豊かで黄ブドウをそのままかじったような味わいです。酸は若干おとなしめですが、余韻も長くとても美味しいソーヴィニヨンでした。この日出されたアスパラにピッタリ!


③中央葡萄酒・グレイス千歳ワイナリー ピノ・ノワール 2006
06_2
この記事の前に書きましたが、余市産ピノの続きで、副部長ご持参です。ブラインドで出してもらいました。さすがヤックリュさん、道産ピノはすぐに当たりました。05に比べるとやや濃い目のレンガ色で、香りはやはり枯れ草を感じます。味わいは酸味が強いのですが、果実味もそこそこあり、05より上出来です。これは2日目に飲んでみたいです。余市産ピノ、今後が楽しみになりました。ヒメマスのグリルとグー!


④テッレ・デル・バローロ バルバレスコ リゼルヴァ 1999
Terre_del_barolo_barbaresco99
こちらもヤックリュさんのお友達ご持参のワインです。テッレ・デル・バローロとはバローロの協同組合で、コストパフォーマンスの高いバローロやバルバレスコを造り出します。香りはベリーにタバコのスモーキーさが混ざり、まさに大樽のネッビオーロ。果実味豊かで酸もしっかりし、タンニンはしなやかで全体的にソフトな印象です。とても飲みやすいネッビオーロです。やっぱり美味しいです。


⑤クエルチアベッラ パラフレーノ 2001
Querciabella_palafreno01
ヤックリュさんご持参です。クエルチアベッラのキャンティ・クラシコは私が好きなワイン。このパラフレーノはメルロー 55%、サンジョヴェーゼ 45%のブレンドです。2000年よりキャンティ・クラシコ・リゼルヴァの生産を止め、これに変えたそうです。まだ2001があったとはすごいです。2004からはメルロー100%になったので、これは貴重です。メルローの豊かな果実味にサンジョヴェーゼの酸がうまく絡んでいます。濃すぎず、薄すぎず、重すぎず、軽すぎずとてもバランスのいいワインです。美味い!


⑥アンティノリ ピアン・デルヴィーニュ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2001
Antinori_burunello01
私が持参したワインです。ブルネッロはサンジョヴェーゼ・グロッソというブドウ100%で造られるワインですが、最近違うブドウをブレンドしているという疑惑があり、話題になりました。このアンティノリ社も疑われているワイナリーの一つです。2001はおそらくブレンドされてはいないと思いますが…。これもブラインドで出してもらいました。やはりヤックリュさん、サンジョヴェーゼを良く飲まれているのでサンジョヴェーゼ・グロッソとすぐわかりました。さすがです!とても凝縮感のある味わいで、ブドウの甘味をしっかり感じ、タンニンも豊かでかつベルベット。これまたやっぱり美味しい!ただ酸はブルネッロにしてはやや弱いかなという印象です。メインの和牛にも力負けしませんでした。


⑦月浦ワイナリー ドルンフェルダー 2004 樽熟成
04
本当は⑥で終わる予定だったのですが、やはりドルンを飲まないとリベンジにならない!ということで、お店にお願いして開けてもらいました。他の道産赤ワインにはない濃さです。しっかりとした果実味に後半から余韻へカカオのような苦味が続きます。樽香はほとんど感じません。果実味が濃くて苦いだけなら飲み飽きするのですが、そこはしっかり酸がしめてくれます。月浦のテロワール。いいですね~。


今回はリベンジどころか、それ以上に素晴らしく楽しい会でした。
月浦も私が知っている味わい以上の美味しさでした。やはりプロが扱うと違うんですね。
ワインもお料理も美味しく最高でした。毎回違うグラスを用意してくれたサグラさんにも感謝します。お忙しい中ありがとうございました。
それにしてもヤックリュさんのワインに関する知識、人脈、凄いお方です。色々お話を聞いてとても勉強になります。
ヤックリュさん、楽しい会をありがとうございました!またよろしくお願いします!

|

« 余市産ピノ・ノワール鑑賞会 | トップページ | 清見 2001 »

ワイン会」カテゴリの記事

コメント

お店の方と相談していたかのようなお料理とワインの相性の良さ。ワインが進み過ぎてしまいました…。
持参した道産ピノ・ノワールも、07、08と飲み続けてみたいと思いました。これからどんな変化を成し遂げていくか期待しています。
ご一緒させていただいた皆様、どうもありがとうございました!

投稿: 副部長 | 2008年5月25日 (日) 00時53分

こちらこそ大変お世話になりました。
アマ様、副部長様が楽しんで頂けたことを一番嬉しく思っております。
私のことは褒めすぎです(冷汗)
酔ってまた大風呂敷広げたのではと恐々としております。ワインについても段々感覚が鈍くなっておりますので、また色々お教えください。
またご一緒させてくださいね!!

投稿: ヤックリュ | 2008年5月25日 (日) 12時35分

副部長様
さながら贅沢ワイン会でした。
余市のピノは樹齢が上がるとまた違ってくるのかもしれません。

投稿: アマ | 2008年5月25日 (日) 13時01分

ヤックリュ様
本当に楽しい会でした。
あんなに充実してて、あのお値段というのも驚愕です。
これからも色々な情報を教えて下さい。
こちらこそ、またご一緒させて下さい!

投稿: アマ | 2008年5月25日 (日) 13時03分

クエルチアベッラのキャンティやアンティノリのブルネッロ…、良いワイン飲んでて楽しそうですね~。うらやましいですwine
月浦のワインのラベルも面白いですね。

そしてなんとお店はサグラだったんですね!
今日私のブログに「弟のお店がサグラという名前で…」という書き込みがあったばかりなので、アマさんのブログでもサグラの名前が出てきてタイムリーな内容にびっくりです。

投稿: イタリア人 | 2008年5月25日 (日) 17時04分

イタリア人様
ありがとうございます。
本当に贅沢な時間でした。
いつかバチが当たるかもしれません(苦笑)。
サグラさんは2回目なんですが、素材の味をとても大事にしているイタリアンです。村井シェフは元々テルツィーナにいて、その後イタリアで修行して北海道に帰ってこられた方です。ここでのワインのオススメはイル・コッレのロッソ・ディ・モンタルチーノです。市内ではおそらくここにしかないと思います。グロッソの凝縮感たっぷりですよ!

投稿: アマ | 2008年5月25日 (日) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/21137344

この記事へのトラックバック一覧です: 月浦ワインリベンジ会:

« 余市産ピノ・ノワール鑑賞会 | トップページ | 清見 2001 »