« イタリアワインで二次会 | トップページ | NOTTOLA IL NOTTOLINO 2005 »

2008年4月 7日 (月)

Teresa Raiz LE MARSURE PINO GRIGIO 2006

イタリアで美味しい白ワインを造り出すフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州。ここでお気に入りのワイナリーがテレザ・ライツです。とにかく安くて美味しい!ここ最近ピノ・グリージョはちょっと残念だったので、久しぶりに飲んでみたくて開けました。ピノ・グリージョは果皮が灰色をしており、白ワインですが、ピノ・ノワール的な要素も持っており、タンニンもほんのり感じるそうです。ですが、素人の私には全くわかりません。今回はブドウの味をしっかり確かめるため、常温で飲んでみました。
Teresa_raiz_pinot_grigio06









産地:イタリア フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州 ポヴォレット

輸入元:モトックス

ブドウ:ピノ・グリージョ 100%

色:黄色が強い黄金色

香り:トロピカルフルーツ系、フルーツガム

味:かなりしっかりとした甘味を感じ、常温のためか酸味は穏やかです。苦味はさほど強くなくボディがしっかりしている割にはとてもフルーティーで飲みやすいです。香りがガムっぽいので受け取り方によっては嫌味かもしれません。私は好きです。余韻でかすかにタンニンを感じることができました。余韻の印象は薄いのですが、かえってべたつく感じもなく悪くはないです。軽く1本空いちゃいました。美味しいです。

値段:1650円(希望小売価格)

値段といい、味わいといい、ピノ・グリージョではこれが私の基準になります。「常温でも美味しいのが本当に美味しい白だ」と思わせてくれました。こんなに安くて美味しいワインなのに、札幌のレストランではあまり見かけません。残念です。

北海道も少しずつ春らしくなってきました。春と言えば道産アスパラ+ソーヴィニヨン・ブラン!チェラスオーロもいいですねぇ~。いい季節がやってきました。

|

« イタリアワインで二次会 | トップページ | NOTTOLA IL NOTTOLINO 2005 »

イタリア(フリウリ)」カテゴリの記事

コメント

アスパラの季節も今年は早く訪れそうですね。
白ワイン、ロゼワインの季節到来。
昨年は何本の白ワインを口にすることが出来たのでしょうか。
今年は昨年よりロゼが増えますね、きっと。

投稿: 副部長 | 2008年4月 8日 (火) 23時18分

副部長様
ロゼは確かに増えそうです。ただやっぱりリタリアは数が少ないです(涙)。道産ツヴァイのブラッシュももっと造ったらいいのに。

投稿: アマ | 2008年4月 9日 (水) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/12408078

この記事へのトラックバック一覧です: Teresa Raiz LE MARSURE PINO GRIGIO 2006:

« イタリアワインで二次会 | トップページ | NOTTOLA IL NOTTOLINO 2005 »