« ワイン会 in Nakazawa Vineyard | トップページ | Teresa Raiz LE MARSURE PINO GRIGIO 2006 »

2008年4月 6日 (日)

イタリアワインで二次会

年度末・年度初めは歓送迎会が多く、そういう会となると場所は居酒屋。当然美味しいワインが飲める訳もなく、しばらくワインから遠ざかっていました。昨日は仕事の会議があり、終わった後は居酒屋で懇親会。二次会ということになり、いよいよ私は我慢できなくなり、半ば強引にワインを飲みに行きました。
場所は札幌ススキノ近くの「な・ちゅら」です。
4人で3本空けました!

①JOSEPHUS MAYR ST. MAGDALENER 2004
Josephus_mayr_magdalener04

アルトアディジェ州でラグレイン優良な造り手、ヨーゼフ・マイヤーのサンタ・マッダレーナです。以前ワイナートでこの蔵が紹介されてから気になっていました。セパージュはスキアーヴァ85%以上+ピノ・ネロ、ラグレイン他、です。色も味もロゼに近いです。赤いベリーの甘味がありますが、酸味が物足りないためフランボワーズになりきれず。ミネラル感が力強く、特徴的です。軽く冷やした方が美味しくいただけます。個人的にはフックアンバッハの方が好みです。




②ROSENERE Sangiovese di Romagna 2001
Rosenere_sangiovese01

2本目はサンジョヴェーゼが飲みたく、ソムリエさんのオススメでいただきました。ロゼネーレというワイナリーのサンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャです。ワイナリーの詳細はわかりませんが、エミリオ・ロマーニャ州の東側、ロマーニャのサンジョヴェーゼで造られたワインです。セパージュはサンジョヴェーゼ85%、カベルネ・ソーヴィニヨン12%、メルロー3%です。味わいはキャンティ地区のサンジョヴェーゼと比べるとかなり濃いめで、果実味たっぷりです。カベルネの青臭さと樽香がちょっと出しゃばっていましたが、時間の経過とともにペパーミントのようなハーバルな感じに変わって面白かったです。タンニンも強く、まだまだ熟成できそうな印象です。ですが私にはやはり酸がもの足りず。


③ODOARDI SAVUTO
Odoardi_savuto

3本目は「せっかくなので普段飲まないようなもの」ということで、またまたオススメしてもらいました。南イタリアはカラブリア州のオドアルディというワイナリーのサヴートというワインです。ガリオッポ45%、グレコ・ネロ15%、マリオッコ・カニノ15%、ネレッロ・カプッチョとサンジョヴェーゼで25%と聞いたことないブドウたちで造られています。南イタリアらしく、これもまた濃い味わいです。完熟したブドウの甘味を強く感じ、苦味がほどよいアクセントになっています。が、酸が弱くなかなかグラスが進みませんでした。料理と合わせて威力を発揮するワインかもしれません。


「な・ちゅら」はイタリアの他フランスも品揃えが豊富です。グラスも充実しており、この日はマーニョのバルバレスコ03やフランスの貴腐ワイン、ソーテルヌも飲めます。今度は食事もしてみたいと思います。
久しぶりのイタリアワイン、満足しました。

|

« ワイン会 in Nakazawa Vineyard | トップページ | Teresa Raiz LE MARSURE PINO GRIGIO 2006 »

ワイン関係イベント」カテゴリの記事

コメント

会議お疲れ様でした。
ワインでの二次会は珍しいですが、普段ワインを飲む機会の少ない方も楽しんでくれていたようですね。
私のこの日一番気に入ったのはJOSEPHUS MAYR のST. MAGDALENER(冷やして飲んだほう)です。温度の違いで味わいにこんな風に差が現れるのかと勉強にもなった一本。
そんなお願いにも快く応じてくださったり、お勧めを紹介してくださったソムリエの方にも感謝いたします。
お姫様気分になれる天蓋風のカーテーンで仕切られた空間も心地よかったです。

投稿: 副部長 | 2008年4月 7日 (月) 20時57分

副部長様
気づいていましたか?
私もソムリエさんも間違っていたんですよ。
サンタ・マッダレーナを頼んだ時私が「ラグレインは入っていますか?」と聞いたら「ラグレイン主体です」と答えましたよね?その時は私も勘違いしていたのですが、色をみてすぐスキアーヴァが主だったと気づきました。それ言ったらまた嫌な客だと思われるので黙っていましたが…。

投稿: アマ | 2008年4月 7日 (月) 23時13分

スキアーヴァの名前が出てこず、頭の中ではチロリンガーでしたが…。
フック・アン・バッハはスキアーヴァ主体にラグレインでしたね。
大分前にサンタ マッダレーナ グリエスのラグレインを飲んだと思います。
それもあって、もしかしたらと思いましたが自信がありませんでした。

投稿: 副部長 | 2008年4月 8日 (火) 23時14分

副部長様
カンティーナ・ボルツァーノのサンタ・マッダレーナ協同組合とDOCのサンタ・マッダレーナが混同してたみたいですね。
以前飲んだサンタ・マッダレーナ・グリエスはカンティーナ・ボルツァーノ(サンタ・マッダレーナ協同組合とグリエス協同組合の合併ワイナリー)のことで、ワインの名称ではありません。
ややこしいですね。

投稿: アマ | 2008年4月 9日 (水) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/12359277

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアワインで二次会:

« ワイン会 in Nakazawa Vineyard | トップページ | Teresa Raiz LE MARSURE PINO GRIGIO 2006 »