« Bon Vivant 訪問 | トップページ | Monchiero Carbone REGRET LANGHE NABBIOLO 2005 »

2008年3月11日 (火)

ナカツカさんお別れ会&春菜さんwelcome会

いつもお世話になっているインポーターのナカツカさんが、今年度限りで北海道担当を外れることになりました(涙)。今回後任の春菜さんとご一緒に来札されたので札幌市内のワイン仲間で歓送迎会を開きました。
最初にお詫びしますが、写真を撮るのを忘れるくらい楽しい会だったので、写真が1枚もありません(苦笑)。

さて、場所は美味しいピッツァで有名なorizonteです。店内は相変わらずの繁盛ぶり。凄いです。
参加された方々は、幹事のはやしや商店店長兼中田中商店若旦那様ccまだーむ様、副部長の計7名。

まず最初の乾杯はスプマンテ、ではなくビール。
その後開けたワインは
①Tenuta Sant' Antonio Soave 2006

ソアヴェ[2006]/テヌータ・サンアントニオ

②di Leonardo FATHER'S EYES 2006

父親の温かさ父親の眼差しを感じるワインファーザーズ・アイズ(父の眼差し)

③CALDORA  LARINUM MONTEPULCIANO d'ABRUZZO 2006

カルドーラ ラリナム モンテプルチアーノ・ダブルッツォ[2006]【6本ご購入で送料無料】

④TENUTA DI GHIZZANO iL GHiZZANO 2005

イル・ギッツァーノ [2004]テヌータ・ディ・ギッツァーノ Tenuta di Ghizzano (赤ワイン)

全てナカツカさんの会社のワインです。

①のサン・アントニオのソアヴェは私が好きなソアヴェ。やや温度高めで出してくれましたが、口に含んだ瞬間フレッシュな果実味がいっぱいに広がります。やっぱり旨い!

②は初めて飲みました。フリウリにあるディ・レオナルドというワイナリーのファーザーズ・アイズです。ナカツカさん曰く「父の日に売れたワイン」だそうです。シャルドネ100%で、しっかりした樽を感じます。時間が経つと樽のバニラ感とシャルドネの酸味が相まってフランボワーズやシソ梅のようなニュアンスに変化しました。

③ここから赤です。安うまワインの代名詞とも言える存在、カルドーラ社のラリナム・モンテプルチアーノ・ダブルッツォです。樽香はあまり感じず、フレッシュさが前面出ています。タンニンも柔らかく完熟ブドウを思わせる凝縮感もあります。気軽に飲めるミディアムの赤ワインです。

④トスカーナはキャンティ地区で最も西に位置するコッリーネ・ピザーネを代表するワイナリー、テヌータ・ディ・ギッツァーノのイル・ギッツァーノです。04も05も飲んでいますが、04は正直ヨードな感じが強すぎてちょっと苦手でした。ですが05の出来は申し分ないです。サンジョヴェーゼ 85%にメルロー 15%のブレンドで樽なしです。より内陸のサンジョヴェーゼに比べるとボディは厚く、かといってタンニンが硬い訳でもなく果実味も豊かです。良い意味でキャンティらしくないサンジョヴェーゼです。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、お店を出ました。その後二次会へ。場所はJose.です。
ここでは、飲み忘れていた?泡をいただきました。途中からマガーリの福島ソムリエールも合流!

①CARPENE MALVOLTI PROSECCO

プロセッコ ディ コネリアーノカルペネ マルヴォルティ社 750ml

②シャンパーニュ(すみません、全くわかりません)

個人的な好みですが、やっぱり私はプロセッコの味わいの方が好きです。こんな人はそう多くはないでしょうね(苦笑)。

歓送迎会でしたが、久しぶりにお会いした方、初めてお会いした方、先月もお会いした方が入り交じり、とても楽しい時間を過ごせました。今回はホームですし(笑)。
ナカツカさんとは2年くらいしかまだお付き合いがありませんが、彼との出会いがなければ今のようなワインの愉しみ・喜びを知ることが出来なかったでしょう。私のような業界とは無縁な素人を相手にしてもワインの売り上げ成績が伸びるわけでもないのに、ここまで親しくしてもらえて本当に感謝しています。北海道ではお会いする機会は減りますが、東京では今後もお世話になりますので、これからもよろしくお願いします。

|

« Bon Vivant 訪問 | トップページ | Monchiero Carbone REGRET LANGHE NABBIOLO 2005 »

ワイン関係イベント」カテゴリの記事

コメント

先日はお招きいただきありがとうございました。
実はランチもイタリアンで出席を躊躇していたのですが、やっぱり伺ってよかったです!
いろいろお話できて楽しかったです。
しかし、よく覚えてますね~。スゴイです!
私なんかハンドバックお店に忘れてきちゃって~。
(ほんとドジなんで)

投稿: ccまだーむ | 2008年3月12日 (水) 16時46分

ccまだーむ様
お忙しい中、ご参加いただきありがとうございました。お店外でご一緒にワインを楽しむ機会はそうありませんので、とても楽しかったです。
某M社のワインじゃなきゃ、きっと覚えていなかったでしょう。なんせ、カタログ持ってますから(笑)。
バック、ご無事で良かったです。

投稿: アマ | 2008年3月12日 (水) 17時47分

当日、以前から予定していたワイン会を主催しており1次会には伺えず、終了後はやしやさんの携帯に電話したのですが2次会会場は電話が繋がらないところですから結局お会いできませんでした(涙)
中塚さんにはメールをしてあったので、翌朝ご丁寧な返信を頂き、またプライベートで来札したいと言われていたので楽しみにしたいと思います。

①のソアーヴェは先日久しぶりにボーズさんへ行き「牡蠣とタラバの外子のタリオリーニ」と頂きました。よく合っていて美味しかったです^^v

投稿: ヤックリュ | 2008年3月13日 (木) 19時46分

ヤックリュ様
お会いできず、残念でした。副部長と「きっと飲み過ぎて来れなくなったんだろう」と話していたんです(笑)。そうじゃなかったんですね。失礼しました。またの機会にお会いできるといいですね。

投稿: アマ | 2008年3月13日 (木) 21時56分

アマさん、ありがとうございました。
本当に色々お世話になりました。
ヤックリュさんとはまたお会いしに参ります!
引き続き春菜をよろしくお願いします。

そして東京の山本会はいつでもご参加ください。お待ちしております。

投稿: ナカツカ | 2008年3月13日 (木) 21時57分

ナカツカ様
お世話だなんて、とんでもないです。私の方がいつもお世話になりっぱなしで…。
また来られる際には、是非ご連絡下さい。東京でもお世話になりますので、今後もよろしくお願いいたします。

投稿: アマ | 2008年3月13日 (木) 22時09分

久しぶりにお会いする方、初めての方、またご一緒できると嬉しいです。
夏のスプマンテガーデンの打ち合わせもできましたし(!?)楽しみです。

投稿: 副部長 | 2008年3月16日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/11181867

この記事へのトラックバック一覧です: ナカツカさんお別れ会&春菜さんwelcome会:

« Bon Vivant 訪問 | トップページ | Monchiero Carbone REGRET LANGHE NABBIOLO 2005 »