« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

ワイン会 in Nakazawa Vineyard

北海道栗沢町にあるワイン用ブドウ農園、Nakazawa Vineyard。中澤さんご夫妻によって大切に育てられたブドウは昨年KURISAWA BLANC 2006としてリリースされました。自宅から車で1時間もかからない所にワイン用ブドウの畑があったんだという嬉しさと、そこのブドウで造られたワインの美味しさに衝撃を受け、昨年数回畑にお邪魔させていただきました。
そして今回、中澤さんから「一緒にワインを」と、直売所兼自宅にお招きいただき、ご一緒にワインを飲ませていただきました。とても嬉しく、楽しく、素晴らしい会でした。

まずは、ご自宅のリビングの窓から見える景色です。
Photo




 

窓一面、自分のブドウ畑です。とても良い眺めです。まるでリビングの壁に田園風景の大きな絵画が飾られているかのようです。
参加者は私と中澤さんご夫妻、副部長、去年まで歌志内でブドウを造っていた近藤さんの計5名です。Photo_2






そして開けたいただいたワインがこちらです。
Photo_3




 

アムレンシス1999は私が持参したもので、他は中澤さんのコレクションです。凄いレアなワインです。写真にはありませんが、最初の乾杯はもちろんKURISAWA BLANC 2006のココ・ファームバージョン!やっぱり美味しかった(ちなみにもう完売です)。
飲んだ順番にご紹介します。ここでもブラインドです。

①おたる初しぼり ミュラー・トゥルガウ 1999
99
熟成した濃い色合いで、香りからも熟成を感じましたが、果実味は健在!ドライフルーツのような味わいになっていました。このブログでも紹介していますが、初しぼりは熟成させて飲むワインではないと、勝手に思いこんでいましたがどんでもない誤解だったことが良くわかりました。しかも私の大好きなミュラーだとは全くわからず、ケルナーかと思ってしまいました。ラベルのデザインも今とは全く異なっていて歴史を感じます。


②松原農園ミュラー・トゥルガウ 1999
99_2
私の好きなミュラーの造り手、蘭越町の松原さんのミュラーです。色は先の初しぼりよりも薄いですが、それでも濃いです。香りは残念ながら良くはありませんでした。味もちょっと残念でしたが、飲めないことはありません。これも私の知っているミュラーとは全く違うものでした。当然ブライドじゃ全くわかりません。


③北海道ミュラー・トゥルガウ 2001
01
北海道ワイン社のハイコストパフォーマンスシリーズで、私はこの01から毎ビンテージ飲んでいます。でもここまで熟成させたものはもちろん初めて。かなり甘味を強く感じました。これはこれでとても美味しいのですが、個人的にはもう少し酸味があった方が好きです。裏ラベルに書いてある「5年は熟成できます」という言葉は嘘ではないようです。


④IL VEI Pinot Grigio 2006
Il_vei_pinogrigio06
これはイル・ヴェイというイタリアはエミリア・ロマーニャ州の小さなワイナリーのピノ・グリージョです。私は初めていただきました。このワイナリーは有機農法でブドウを育て、ワインには二酸化硫黄を使っておらず、いわゆる自然派です。そのためか、抜栓直後はアンモニア臭が強く、味わいだけなら悪くはないのですが、いかんせん、香りの影響が抜けませんでした。でも色が面白く、ほとんどロゼです。以前にもサルトーリのピノ・グリージョのロゼを飲んでいますが、それより色はもっと赤いです。


⑤おたる初しぼり ツヴァイゲルトレーベ 1998
98
これは大変貴重です。今は初しぼりではツヴァイはありません。しかもこれはブラッシュです。ツヴァイのブラッシュはニッカウヰスキーの2000を飲んでいますが、とても良い印象を持っています。ですが、ブラインドでは当てられず。最初にしっかりとした甘味を感じ、後半ではほろ苦さも出てきます。この苦味がとても良いアクセントになっていました。ツヴァイのブラッシュはもっと造って欲しいです。


⑥アムレンシス 1999
99_3
すでに今年2本目です。前回は山本会の時に飲みました。その時の印象と比べると抜栓して時間間もなかったためか、果実味が薄く、やや苦味と酸味が強い感じでした。でも良い意味でアムレンシスらしいです。前回が美味しすぎたので…。おそらくご自身でなかなか買うワインではないと思いますので、楽しんでいただけたようで安心しました。


ここまで熟成させた北海道ワインを飲んだことがないので大変勉強になりました。「北海道ワイン社はコルク臭が着きやすいか長熟には不向き」という持論を持っていましたが、今回は全くそんな嫌な香りがなく、となるとコルクだけの問題ではないという事を身をもって知ることが出来ました。是非これからは頑張って数年寝かせてみようと思います。
北海道のブドウ栽培、ワイナリーの現状についても、沢山のお話を聞けてまた道産ワインの楽しみ方の幅が広がった気がします。

このようにワイン用ブドウを育てている方々と一緒にワインを飲みながら、北海道のワインの行く末や夢についてお話を聞けるなんて去年の今頃は全く思ってもみなかったことです。ワインはたかが嗜好品かもしれませんが、それを媒体にこうやって人と人との輪が広がる。ワインって凄いです。

中澤さんご夫妻と近藤さんは来月北イタリアに研修に行かれます。とても羨ましいです。
私の好きなイタリアを見てきてくれるというのも、なんだか嬉しいです。お土産話が楽しみです。果たして私の「北海道でラグレインを!」計画が実現できるか?

中澤さん、体調が万全でない中、本当にありがとうございました。奥様、美味しいお料理ありがとうございました。
近藤さん、三笠のソーヴィニヨン・ブラン、今から楽しみにしてます!

ブドウを大事に育てている方々にとって、今年が良いシーズンとなりますように!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

PICOLLO ERNESTO Mugreigu 2006

capri capriで開けた2本目です。副部長のセレクトです。ピコッロ・エルネストというワイナリーのムグレイグという名前のワインです。二人とも初めて見た生産者で、ネッビオーロとバルベーラとドルチェットというピエモンテの土着品種をブレンドしているという点が気なり飲んでみました。果たしてそのブレンドの意図は何でしょうか?

Picollo_mugreigu06











続きを読む "PICOLLO ERNESTO Mugreigu 2006"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Cantina Bolzano ST. MAGDALENER Classico HUCK AM BACH 2006

だいぶ過ぎてはしまったのですが、私の誕生日祝いということで副部長にcapri capriでご馳走になりました。まずは私のチョイスでこれを開けてもらいました。カンティーナ・ボルツァーノのフック・アン・バッハというワインです。一昨年のキャンプ以来で実に久しぶり!このワインはロゼに近いライトボディですので、道産の赤ワインを飲み慣れている方ならきっとすんなり受け入れられると思います。美味しい道産食材とも幅広くあいます。久しぶりの再会で楽しくいただきました。
Huck_an_bach06









続きを読む "Cantina Bolzano ST. MAGDALENER Classico HUCK AM BACH 2006"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

Melini CHIANTI CLASSICO 2006

またサンジョヴェーゼです。メリーニ社のキャンティ・クラシコです。メリーニ社は1705年設立の歴史あるワイナリーで今や170ヘクタールの自社畑を持ち、生産されるワインは年間700万本!トスカーナのみならずイタリアを代表する超大手ワイナリーです。おそらく街のスーパーや酒屋でよく目にするトスカーナのワインではないでしょうか。実は「メリーニ キャンティクラシコ」で検索してこのブログに訪れてくれる方もいます。しかし私はリゼルヴァしか飲んだことがありません。これではせっかく来てくれた方々に方に申し訳ないので、飲んで報告することにしました。
Melini_cc06









続きを読む "Melini CHIANTI CLASSICO 2006"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

AVIGNONESI Rosso di Montepulciano 2004

「何かいい道産ワインがないかなぁ」と、自宅から10分ほど車で行ったところにあるディスカウント酒屋に行ってみたら、道産ワインではなく、イタリアで掘り出し物を発見!アヴィニョネージのロッソ・ディ・モンテプルチアーノです。アヴィニョネージといえば、ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンタルチーノで有名なワイナリーですが、このロッソはそのヴィーノ・ノービレで使われるブドウより質がちょっと落ちる、または樹齢が若いブドウで造られるセカンドワインです。まさかこんな所でお目にかかれるとは思いもせず、しかもトスカーナの当たり年である04で値段もお手頃!即購入しました。
Avignonese_rosso_di_montepulciano04










続きを読む "AVIGNONESI Rosso di Montepulciano 2004"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

MEDICI ERMETE CONCERTO LAMBRUSCO REGGIANO SECCO 2006

またランブルスコを開けました。今回はメディチ・エルメーテというワイナリーのものです。コンチェルトという名前のレッジアーノ地方で作られたランブルスコで、セッコはやや甘口を意味します。ここはその昔フィレンツェの大地主であったメディチ家の系列ファミリーが、エミリア・ロマーニャで所有するワイナリーです。ちなみに前回飲んだランブルスコもワイナリーの名前に「メディチ」が付いていますが、関係は不明です。この蔵のランブルスコは辛口ランブルスコの代名詞的存在ですが、さて名家のお味はいかに。
Medici_ermete_lambrusco06










続きを読む "MEDICI ERMETE CONCERTO LAMBRUSCO REGGIANO SECCO 2006"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

北島秀樹 ケルナー 2006

道産ワインが続きます。この間香り立つ生ワイン白・辛口を飲んで「辛口ケルナーが飲みたい!」と思い、やっぱり我慢できず購入しました。余市の辛口ケルナーと言えば、これです!北島さんのケルナー。北海道ワイン社の匠シリーズです。初めて飲んだのが03。それ以来すっかり北島マジックにやられてます。その特徴はなんといっても香り!「一体どうやったらこの香りが出せるの?」と飲むたびいつも思います。もちろん北海道ワイン社の醸造の力もあるとは思いますが、でも同社のワインでここまでこの香りをコンスタントに出しているワインを私は知りません。今年こそ畑に行ってみたいです。
06









続きを読む "北島秀樹 ケルナー 2006"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

サッポロワイン プティグランポレール 北海道ツヴァイゲルト・レーベ 2005

余市産のブドウを使用して山梨のワイナリーでサッポロワインが造っている北海道シリーズです。ケルナー辛口ケルナー遅摘みを飲んでいますが、今回は赤のツヴァイゲルトレーベを試してみました。このブドウは北海道の赤ワイン用品種としてはまさにエース級の存在。鶴沼やふらの、十勝でも造られています。酸味が強いブドウのため、樽熟させる場合が多いのですが、このツヴァイは樽を使っていません。おそらくフレッシュ感を前面に出したいのでしょう。
国産ワインコンクール銅賞のシールがまぶしいです。
05







続きを読む "サッポロワイン プティグランポレール 北海道ツヴァイゲルト・レーベ 2005"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

香り立つ生ワイン 白・辛口

数種類のワインをブレンドして造られる、春限定のワイン、香り立つ生ワイン・シリーズです。先月ロゼを飲みましたが、今回は白。甘口と辛口がありますが、なんとなく辛口を飲んでみました。鶴沼シリーズを除く北海道ワインは辛口が少ないので、果たしてどのように仕上げたのか確認しました。
Photo









続きを読む "香り立つ生ワイン 白・辛口"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

Ca'De' Medici LAMBRUSCO DELL'EMILIA AMABILE

近くのスーパーで買い物をしていたら、ふと目にとまりました。ランブルスコです。ランブルスコはブドウの名前ですが、エミリア・ロマーニャを代表する甘口のフリツァンテ(微発泡ワイン)の総称です。エミリア・ロマーニャと聞いてもピンとこないかもしれませんが、ボローニャやパルマと聞けばわかる人も多いのでは?生ハムやサラミ、チーズなど、美味しい物が沢山ある地域です。それらの前菜とよく一緒に飲まれるそうです。お値段もお手軽で、北海道のコンビニでもよく売られています。今回のはカ・デ・メディチという蔵のものです。輸入元が地元企業の岩田さんだったということもあり買ってみました。
Medici_lumbrusco









続きを読む "Ca'De' Medici LAMBRUSCO DELL'EMILIA AMABILE"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

Monchiero Carbone REGRET LANGHE NABBIOLO 2005

私の好きなピエモンテのワイナリー、モンキエロ・カルボーネ。その蔵が出してるランゲ・ネッビオーロです。今回初めて飲みました。レグレットという名前が付いていますが、これは畑の名前でもあり、英語のregret(後悔)と同じ意味でもあります。「このワインを飲まないと後悔しますよ」という意味で名付けられたとか。後悔しないように飲んでみました。

Monchiero_carbone_regret05










続きを読む "Monchiero Carbone REGRET LANGHE NABBIOLO 2005"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

ナカツカさんお別れ会&春菜さんwelcome会

いつもお世話になっているインポーターのナカツカさんが、今年度限りで北海道担当を外れることになりました(涙)。今回後任の春菜さんとご一緒に来札されたので札幌市内のワイン仲間で歓送迎会を開きました。
最初にお詫びしますが、写真を撮るのを忘れるくらい楽しい会だったので、写真が1枚もありません(苦笑)。

さて、場所は美味しいピッツァで有名なorizonteです。店内は相変わらずの繁盛ぶり。凄いです。
参加された方々は、幹事のはやしや商店店長兼中田中商店若旦那様ccまだーむ様、副部長の計7名。

まず最初の乾杯はスプマンテ、ではなくビール。
その後開けたワインは
①Tenuta Sant' Antonio Soave 2006

ソアヴェ[2006]/テヌータ・サンアントニオ

②di Leonardo FATHER'S EYES 2006

父親の温かさ父親の眼差しを感じるワインファーザーズ・アイズ(父の眼差し)

③CALDORA  LARINUM MONTEPULCIANO d'ABRUZZO 2006

カルドーラ ラリナム モンテプルチアーノ・ダブルッツォ[2006]【6本ご購入で送料無料】

④TENUTA DI GHIZZANO iL GHiZZANO 2005

イル・ギッツァーノ [2004]テヌータ・ディ・ギッツァーノ Tenuta di Ghizzano (赤ワイン)

全てナカツカさんの会社のワインです。

①のサン・アントニオのソアヴェは私が好きなソアヴェ。やや温度高めで出してくれましたが、口に含んだ瞬間フレッシュな果実味がいっぱいに広がります。やっぱり旨い!

②は初めて飲みました。フリウリにあるディ・レオナルドというワイナリーのファーザーズ・アイズです。ナカツカさん曰く「父の日に売れたワイン」だそうです。シャルドネ100%で、しっかりした樽を感じます。時間が経つと樽のバニラ感とシャルドネの酸味が相まってフランボワーズやシソ梅のようなニュアンスに変化しました。

③ここから赤です。安うまワインの代名詞とも言える存在、カルドーラ社のラリナム・モンテプルチアーノ・ダブルッツォです。樽香はあまり感じず、フレッシュさが前面出ています。タンニンも柔らかく完熟ブドウを思わせる凝縮感もあります。気軽に飲めるミディアムの赤ワインです。

④トスカーナはキャンティ地区で最も西に位置するコッリーネ・ピザーネを代表するワイナリー、テヌータ・ディ・ギッツァーノのイル・ギッツァーノです。04も05も飲んでいますが、04は正直ヨードな感じが強すぎてちょっと苦手でした。ですが05の出来は申し分ないです。サンジョヴェーゼ 85%にメルロー 15%のブレンドで樽なしです。より内陸のサンジョヴェーゼに比べるとボディは厚く、かといってタンニンが硬い訳でもなく果実味も豊かです。良い意味でキャンティらしくないサンジョヴェーゼです。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、お店を出ました。その後二次会へ。場所はJose.です。
ここでは、飲み忘れていた?泡をいただきました。途中からマガーリの福島ソムリエールも合流!

①CARPENE MALVOLTI PROSECCO

プロセッコ ディ コネリアーノカルペネ マルヴォルティ社 750ml

②シャンパーニュ(すみません、全くわかりません)

個人的な好みですが、やっぱり私はプロセッコの味わいの方が好きです。こんな人はそう多くはないでしょうね(苦笑)。

歓送迎会でしたが、久しぶりにお会いした方、初めてお会いした方、先月もお会いした方が入り交じり、とても楽しい時間を過ごせました。今回はホームですし(笑)。
ナカツカさんとは2年くらいしかまだお付き合いがありませんが、彼との出会いがなければ今のようなワインの愉しみ・喜びを知ることが出来なかったでしょう。私のような業界とは無縁な素人を相手にしてもワインの売り上げ成績が伸びるわけでもないのに、ここまで親しくしてもらえて本当に感謝しています。北海道ではお会いする機会は減りますが、東京では今後もお世話になりますので、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

Bon Vivant 訪問

神田は神保町にあるバー「ボン ヴィヴァン」に行ってきました。ここは山本会で唯一?十勝ワインの話しをわかっていただけるメンバーでこのブログでもコメントしていただいているwakwakさんのお店です。いつかお店にお邪魔したいと思っていたのですが、今回は時間ができたので行ってきました!
wakwakさんはシニアソムリエで特にフランスワインがお好きな方なのですが、お店は決してワイン・バーではありません。シングルモルト、バーボン、芋焼酎、もちろんビールなどなど、アルコール類は各種そろっています。ウイスキー系は正直わかりませんが、芋焼酎は芋焼酎好き(私)のツボをしっかり押さえています。

グラスワインは赤白各3種類あり、フランス、イタリア、その他というような構成で、定期的に変わります。もちろん私がいただいたのはイタリアで、この日のワインがこれです。
Bon_vivant_wine









右から
①Cantina Bolzano St. Maddalena SAUVIGNON MOCK 2006
②LE MACCHIOLE BOLGHERI ROSSO 2005

①はアルトアディジェにあるカンティーナ・ボルツァーノのソーヴィニヨン・モックです。私が好きな白ワインです。名前の通りソーヴィニヨン・ブラン100%のワインです。06は若干酸が尖っているかなという印象だったのですが、今回のは抜栓してからの時間がたっているためとても良い具合に果実味が膨らんでいて、丸くなっていました。やっぱり美味い!グラスで1000円です。

②はトスカーナ・ボルゲリ地区にあるレ・マッキオーレのボルゲリ・ロッソです。セパージュは、メルロー 50%、カベルネ・フラン 30%、サンジョヴェーゼ 15%、シラー5%となっています。03まであったマッキオーレ・ロッソに代り、04からリリースされたワインです。こちらは抜栓して一晩たっていますが、バランスが良く最高でした。旨い!としか言いようがありません。スイスイ喉を通って行きました。グラスで1100円です。

札幌でこれらのワインをグラスでいただけるお店は私は知りません。とても満足です。前回の白は私が今年一番!と唸ったタマルディでした。ちょうど私が行った時にボトルが空いてしまい残念でした。

続きを読む "Bon Vivant 訪問"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

余市ワイン エルムゴールド 白

今年2月1日、余市町にある余市ワインがブランド・リニューアルしました。余市と言えば今や日本を代表するブドウの一大産地。この余市ワインも地元のブドウを使ってワインを造っていたのですが、正直なところ味もワイナリーもパッとしませんでした。今回は色々な点を見直し、改良したそうです。一番わかりやすいのが、ラベルデザイン。確かに前に比べるととてもお洒落になりました。肝心の味はどうかと、まずは一番下のラインのこのエルムゴールドから試してみました。今買うと小さなパンフレットがついています。
Photo









続きを読む "余市ワイン エルムゴールド 白"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

TRINECHERO FREISA D'ASTI RUNCHET 2000

札幌市内で「カジュアルに食事をしながら美味しいイタリアワインを飲める店はないかなぁ」と数軒訪ねてみたら、定休日や貸し切り等で入れず。やはり送迎会シーズンなんでしょうね。以前二次会で使ったお店を思い出し行ってみました。「EST EST EST」というダイニング・バーです。前回は私の好きなプロデュットーリのバルバレスコが飲めたので、ちょっと期待したのですが、残念ながら今回はありませんでした。そこで頼んだのがこれ。トリンケロのフレイザ・ダスティでルンケットというワインです。
フレイザ・ダスティとはピエモンテ州アスティ地区のフレイザという名前のブドウで造られたワインのことです。フレイザはピエモンテ州の土着品種で甘口のスプマンテに使われる品種だそうですが、トリンケロではフルボディの赤ワインに仕立てています。初めて口にする品種、ワクワクしながらいただきました。
Trinchero_runchet00









続きを読む "TRINECHERO FREISA D'ASTI RUNCHET 2000"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

城 1997

少し早いのですが、我が家で私の誕生祝いをしてくれたので、その時に開けたワインです。十勝ワインの「城」です。この「城」はシャトー十勝と同じセパージュで、シャトー十勝を造るほど良年ではないけど、でもまぁまぁな年にのみ造られる、いわばセカンド的なワインです。この1997年以降、リリースされているのは2003のみでこれは今販売されています。
頂き物ですが、管状況が良くない期間があったことと、今までの経験からツヴァイゲルトレーベがブレンドされているものは比較的長熟に向かないというのがわかったので、そろそろ開け時かなと思い飲んでみました。
1997









続きを読む "城 1997"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »