« Monchiero Carbone REGRET LANGHE NABBIOLO 2005 | トップページ | 香り立つ生ワイン 白・辛口 »

2008年3月15日 (土)

Ca'De' Medici LAMBRUSCO DELL'EMILIA AMABILE

近くのスーパーで買い物をしていたら、ふと目にとまりました。ランブルスコです。ランブルスコはブドウの名前ですが、エミリア・ロマーニャを代表する甘口のフリツァンテ(微発泡ワイン)の総称です。エミリア・ロマーニャと聞いてもピンとこないかもしれませんが、ボローニャやパルマと聞けばわかる人も多いのでは?生ハムやサラミ、チーズなど、美味しい物が沢山ある地域です。それらの前菜とよく一緒に飲まれるそうです。お値段もお手軽で、北海道のコンビニでもよく売られています。今回のはカ・デ・メディチという蔵のものです。輸入元が地元企業の岩田さんだったということもあり買ってみました。
Medici_lumbrusco









産地:イタリア エミリオ・ロマーニャ州

輸入元:岩田醸造

ブドウ:ランブルスコ

色:紫がかったルビー

香り:酵母、若干セメダイン、カラメル

味:軽い甘さです。酸味は弱めで「酸っぱい」という感じはありません。甘いので飲み込んでからも張り付くような甘さが残るかと思いきや、意外と早く消えます。タンニンもわずかならが感じます。中甘口といったところでしょうか。微発泡も心地よいです。女性には受けそうなスパークリングワインです。

値段:980円

ランブルスコはイタリアではパルマ産生ハムやチーズと一緒にという場合が多いようですが、日本では焼き肉にあうワインとしてオススメされているのをよく目にします。確かに甘めなタレにはあうのかもしれません。発泡ですし、ビールが苦手な方にはいいかもしれません。今年の夏にキャンプで実践してみたいと思います。

|

« Monchiero Carbone REGRET LANGHE NABBIOLO 2005 | トップページ | 香り立つ生ワイン 白・辛口 »

イタリア(その他)」カテゴリの記事

コメント

ランブルスコ、食事中ワインを白から赤へ移行する際にちょっと飲みたくなりますよね。
泡の好きな私には必需です。(できればあまり甘くない方が…)

当店でたまに出すのが、山酒さんから勧められた
“コルレート” (ヴィッラ・ディ・コルロ) です wine
ランブルスコをグラスワインで置く店が珍しいのか、辛口でしっかりした味わいもあるせいか男性に人気です。
やっぱ お肉類が食べたくなります。。
焼肉や牛の赤ワイン煮とか、焼き鳥タレでとか・・・ (^^♪

投稿: wakwak | 2008年3月16日 (日) 11時57分

私の中でランブルスコは某コンビニで買うワイン…なんてイメージがついていました。
でも、先日とあるイタリアンで仲間といただいたコンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ、辛口で果実味豊かな感じでとても気に入りました。
仲間は泡=白のつもりでオーダーしたようで、赤が出てきてびっくりしていましたが(笑)
ランブルスコの魅力を知ったような気がします。

投稿: 副部長 | 2008年3月16日 (日) 22時24分

wakwak様
コルレートはルカ・ダットマのランブルスコで、飲んでみたいんですよぉ。残念ながら北海道では手に入らないのです(涙)。今度お店で飲ませて下さい(笑)。

投稿: アマ | 2008年3月17日 (月) 22時50分

副部長様
我が家に別なプロセッコがあるので、今週また開けます。セッコぐらいがちょうど良いかもしれません。甘い赤はちょっと苦手ですね…。

投稿: アマ | 2008年3月17日 (月) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140724/11372931

この記事へのトラックバック一覧です: Ca'De' Medici LAMBRUSCO DELL'EMILIA AMABILE:

« Monchiero Carbone REGRET LANGHE NABBIOLO 2005 | トップページ | 香り立つ生ワイン 白・辛口 »